聖典
詩篇108
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第108篇

ダビデのうた、さんび

1 かみよ、わがこころさだまりました。わがこころさだまりました。わたしはうたい、かつほめたたえます。わがたましいよ、さめよ。

2 立琴たてごとよ、ことよ、さめよ。わたしはしののめをびさまします。

3 しゅよ、わたしはもろもろのたみなかであなたに感謝かんしゃし、もろもろのくになかであなたをほめたたえます。

4 あなたのいつくしみはおおきく、てんにまでおよびあなたのまことはくもにまでおよぶ。

5 かみよ、みずからをてんよりもたかくし、みさかえをぜんうえにあげてください。

6 あなたのあいされるものたすけをるために、みぎのみをもってすくいをほどこし、わたしにこたえてください。

7 かみはその聖所せいじょわれた、「わたしはおおいなるよろこびをもってシケムをかち、スコテのたにかちあたえよう。

8 ギレアデはわたしのもの、マナセもわたしのものである。エフライムはわたしのかぶと、ユダはわたしのつえである。

9 モアブはわたしのあしだらい、エドムにはわたしのくつをげる。ペリシテについては、かちどきをあげる」。

10 だれがわたしを堅固けんごまちいたらせるであろうか。だれがわたしをエドムにみちびくであろうか。

11 かみよ、あなたはわれらをてられたではありませんか。かみよ、あなたはわれらの軍勢ぐんぜいともかれません。

12 われらにたすけをあたえて、あだにむかわせてください。ひとたすけはむなしいからです。

13 われらはかみによっていさましくはたらきます。われらのあだをみにじるものかみだからです。