聖典
    詩篇38
    脚注
    Theme

    第38篇

    記念きねんのためにうたったダビデのうた

    1 しゅよ、あなたのいきどおりをもってわたしをめず、はげしいいかりをもってわたしをらさないでください。

    2 あなたのがわたしにさり、あなたのがわたしのうえにくだりました。

    3 あなたのいかりによって、わたしのにくにはまったきところなく、わたしのつみによって、わたしのほねにはすこやかなところはありません。

    4 わたしの不義ふぎはわたしのあたまえ、重荷おもにのようにおもくてうことができません。

    5 わたしのおろかによって、わたしのきず悪臭あくしゅうはなち、くされただれました。

    6 わたしはれかがんで、いたくうなだれ、ひねもすかなしんであるくのです。

    7 わたしのこしはことごとくけ、わたしのにくにはまったきところがありません。

    8 わたしはおとろえはて、いたくちひしがれ、わたしのこころはげしいさわぎによってうめきさけびます。

    9 しゅよ、わたしのすべてのねがいはあなたにられ、わたしのなげきはあなたにかくれることはありません。

    10 わたしのむねはげしくち、わたしのちからおとろえ、わたしのひかりもまた、わたしをはなりました。

    11 わがとも、わがともがらはわたしのわざわいはなれてち、わが親族しんぞくもまたとおはなれてっています。

    12 わたしのいのちをもとめるものはわなをもうけ、わたしをそこなおうとするものほろぼすことをかたり、ひねもすあざむくことをはかるのです。

    13 しかしわたしはみみしいのようにかず、おしのようにくちひらきません。

    14 まことに、わたしはかないひとのごとく、議論ぎろんくちにしないひとのようです。

    15 しかし、しゅよ、わたしはあなたをのぞみます。わがかみしゅよ、あなたこそわたしにこたえられるのです。

    16 わたしはいのります、「わがあしのすべるとき、わたしにむかってたかぶるかれらにわたしのことによってよろこぶことをゆるさないでください」と。

    17 わたしはたおれるばかりになり、わたしのくるしみはつねにわたしとともにあります。

    18 わたしは、みずから不義ふぎいあらわし、わがつみのためにかなしみます。

    19 ゆえなく、わたしにてきするものつよく、いつわってわたしをにくものおおいのです。

    20 あくをもってぜんむくいるものは、わたしがよいことしたがうがゆえに、わがあだとなります。

    21 しゅよ、わたしをてないでください。わがかみよ、わたしにとおざからないでください。

    22 しゅ、わがすくいよ、すみやかにわたしをおたすけください。