聖典
詩篇14
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第14篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 おろかなものこころのうちに「かみはない」とう。かれらはくされはて、にくむべきことをなし、ぜんおこなものはない。

2 しゅてんからひとらをおろして、かしこものかみをたずねもとめるものがあるかないかをられた。

3 かれらはみなまよい、みなひとしくくされた。ぜんおこなものはない、ひとりもない。

4 すべてあくおこなものさとりがないのか。かれらはものうようにわがたみをくらい、またしゅぶことをしない。

5 そのときかれらはおおいにおそれた。かみただしいもののやからとともにおられるからである。

6 あなたがたはまずしいもの計画けいかくをはずかしめようとする。しかししゅかれどころである。

7 どうか、シオンからイスラエルのすくいるように。しゅがそのたみ繁栄はんえい回復かいふくされるとき、ヤコブはよろこび、イスラエルはたのしむであろう。