聖典
詩篇98
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第98篇

うた

1 あたらしきうたしゅにむかってうたえ。しゅはくすしきみわざをなされたからである。そのみぎせいなるうでとは、おのれのために勝利しょうりられた。

2 しゅはその勝利しょうりらせ、そのをもろもろの国民くにたみまえにあらわされた。

3 しゅはそのいつくしみと、まこととをイスラエルのいえにむかっておぼえられた。のもろもろのはては、われらのかみ勝利しょうりた。

4 ぜんよ、しゅにむかってよろこばしきこえをあげよ。こえはなってよろこうたえ、ほめうたえ。

5 ことをもってしゅをほめうたえ。ことうたこえをもってほめうたえ。

6 ラッパと角笛つのぶえおとをもっておうなるしゅまえよろこばしきこえをあげよ。

7 うみとそのなかちるもの、世界せかいとそのうちにものとはりどよめけ。

8 大水おおみずはそのち、もろもろのやまともしゅのみまえよろこうたえ。

9 しゅをさばくためにられるからである。しゅをもって世界せかいをさばき、公平こうへいをもってもろもろのたみをさばかれる。