聖典
詩篇66
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第66篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたうた、さんび

1 ぜんよ、かみにむかってよろこばわれ。

2 そのみ栄光えいこううたえ。さかえあるさんびをささげよ。

3 かみげよ。「あなたのもろもろのみわざはおそるべきかな。おおいなるみちからによって、あなたのてきはみまえ屈服くっぷくし、

4 ぜんはあなたをおがみ、あなたをほめうたい、みをほめうたうであろう」と。〔セラ

5 て、かみのみわざをよ。ひとらにむかってなされることはおそるべきかな。

6 かみうみえて、かわいたとされた。人々ひとびと徒歩とほかわわたった。そのところでわれらはかみよろこんだ。

7 かみ大能たいのうをもって、とこしえにおさめ、そのはもろもろの国民くにたみ監視かんしされる。そむくものはみずからをたかくしてはならない。〔セラ

8 もろもろのたみよ、われらのかみをほめよ。かみをほめたたえるこえきこえさせよ。

9 かみはわれらをきながらえさせ、われらのあしのすべるのをゆるされない。

10 かみよ、あなたはわれらをこころみ、しろがねをるように、われらをられた。

11 あなたはわれらをあみにひきいれ、われらのこしおもき、

12 人々ひとびとにわれらのあたまうええさせられた。われらはなかみずなかとおった。しかしあなたはわれらをひろところみちびされた。

13 わたしは燔祭はんさいをもってあなたのいえき、わたしのちかいをあなたにはたします。

14 これはわたしがなやみにあったとき、わたしのくちびるのしたもの、わたしのくち約束やくそくしたものです。

15 わたしはえたものの燔祭はんさい雄羊おひつじのいけにえのけむりともにあなたにささげ、雄牛おうしやぎとをささげます。〔セラ

16 すべてかみおそれるものよ、け。かみがわたしのためになされたことをげよう。

17 わたしはこえをあげてかみばわり、わがしたをもってかみをあがめた。

18 もしわたしがこころ不義ふぎをいだいていたならば、しゅはおきにならないであろう。

19 しかし、まことにかみはおきになり、わがいのりこえにみこころをとめられた。

20 かみはほむべきかな。かみはわがいのりをしりぞけず、そのいつくしみをわたしからられなかった。