聖典
詩篇96
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第96篇

1 あたらしいうたしゅにむかってうたえ。ぜんよ、しゅにむかってうたえ。

2 しゅにむかってうたい、そのみをほめよ。ごとにそのすくいつたえよ。

3 もろもろのくになかにその栄光えいこうをあらわし、もろもろのたみなかにそのくすしきみわざをあらわせ。

4 しゅおおいなるかみであって、いともほめたたうべきもの、もろもろのかみにまさっておそるべきものである。

5 もろもろのたみのすべてのかみはむなしい。しかししゅはもろもろのてんつくられた。

6 ほまれと、威厳いげんとはそのみまえにあり、ちからと、うるわしさとはその聖所せいじょにある。

7 もろもろのたみのやからよ、しゅせよ、栄光えいこうちからとをしゅせよ。

8 そのみにふさわしい栄光えいこうしゅせよ。そなものたずさえてその大庭おおにわにきたれ。

9 せいなるよそおいをしてしゅおがめ、ぜんよ、そのみまえにおののけ。

10 もろもろの国民くにたみなかえ、「しゅおうとなられた。世界せかいかたって、うごかされることはない。しゅ公平こうへいをもってもろもろのたみをさばかれる」と。

11 てんよろこび、たのしみ、うみとそのなかちるものとはりどよめき、

12 田畑たはたとそのなかのすべてのものおおいによろこべ。そのとき、はやしのもろもろのしゅのみまえよろこうたうであろう。

13 しゅられる、をさばくためにられる。しゅをもって世界せかいをさばき、まことをもってもろもろのたみをさばかれる。