聖典
    詩篇58
    脚注
    Theme

    第58篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃによって、「ほろぼすな」というしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムのうた

    1 あなたがたちからあるものよ、まことにあなたがたはただしいことかたり、公平こうへいをもってひとらをさばくのか。

    2 いな、あなたがたはこころのうちにわることをたくらみ、その暴虐ぼうぎゃくおこなう。

    3 しきものたいときから、そむきり、うまときから、あやまちをおかし、いつわりをかたる。

    4, 5 かれらはへびのどくのようなどくをもち、魔法使まほうつかいまたはたくみに呪文じゅもんとなえるものこえかないみみをふさぐみみしいのまむしのようである。

    6 かみよ、かれらのくちってください。しゅよ、わかいししのきばをくだいてください。

    7 かれらをながれゆくみずのようにらせ、たおされる若草わかくさのようにおとろえさせてください。

    8 またけてどろどろになるかたつむりのように、ときならずうまれたのようにしてください。

    9 あなたがたのかまがまだいばらのねつかんじないまえあおいのも、えているのもともにつむじかぜはらわれるようにかれらをはらってください。

    10 ただしいもの復讐ふくしゅうよろこび、そのあししきものあらうであろう。

    11 そして人々ひとびとうであろう、「まことにただしいものにはむくいがある。まことににさばきをおこなわれるかみがある」と。