聖典
    詩篇137
    脚注
    Theme

    第137篇

    1 われらはバビロンのかわのほとりにすわり、シオンをおもしてなみだながした。

    2 われらはそのなかのやなぎにわれらのことをかけた。

    3 われらをとりこにしたものが、われらにうたもとめたからである。われらをくるしめるものたのしみにしようと、「われらにシオンのうたを一つうたえ」とった。

    4 われらは外国がいこくにあって、どうしてしゅうたをうたえようか。

    5 エルサレムよ、もしわたしがあなたをわすれるならば、わがみぎおとろえさせてください。

    6 もしわたしがあなたをおもさないならば、もしわたしがエルサレムをわが最高さいこうよろこびとしないならば、わがしたをあごにつかせてください。

    7 しゅよ、エドムの人々ひとびとがエルサレムのに、「これを破壊はかいせよ、これを破壊はかいせよ、そのもといまでも破壊はかいせよ」とったことをおぼえてください。

    8 破壊はかいものであるバビロンのむすめよ、あなたがわれらにしたことを、あなたに仕返しかえしするひとはさいわいである。

    9 あなたのみどりごをっていわになげうつものはさいわいである。