聖典
詩篇19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第19篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 もろもろのてんかみ栄光えいこうをあらわし、大空おおぞらはみのわざをしめす。

2 この言葉ことばをかのにつたえ、この知識ちしきをかのにつげる。

3 はなすことなく、かたることなく、そのこえきこえないのに、

4 そのひびきはぜんにあまねく、その言葉ことば世界せかいのはてにまでおよぶ。かみのために幕屋まくやてんもうけられた。

5 花婿はなむこがそのいわいのへやからてくるように、また勇士ゆうしきそはしるように、そのみちよろこはしる。

6 それはてんのはてからのぼって、てんのはてにまで、めぐってく。そのあたたまりをこうむらないものはない。

7 しゅのおきては完全かんぜんであって、たましいきかえらせ、しゅのあかしはたしかであって、無学むがくものかしこくする。

8 しゅのさとしはただしくて、こころよろこばせ、しゅいましめはまじりなくて、まなこあきらかにする。

9 しゅおそれるみちきよらかで、とこしえにえることがなく、しゅのさばきは真実しんじつであって、ことごとくただしい。

10 これらはきんよりも、おおくの純金じゅんきんよりもしたわしく、またみつよりも、はちのしたたりよりもあまい。

11 あなたのしもべは、これらによっていましめをうける。これらをまもれば、おおいなるむくいがある。

12 だれが自分じぶんのあやまちをることができましようか。どうか、わたしをかくれたとがからはなってください。

13 また、あなたのしもべをきとめて、故意こいつみおかさせず、これに支配しはいされることのないようにしてください。そうすれば、わたしはあやまちのないものとなって、おおいなるとがをまぬかれることができるでしょう。

14 わがいわ、わがあがないぬしなるしゅよ、どうか、わたしのくち言葉ことばと、こころおもいがあなたのまえよろこばれますように。