出エジプト記26
    脚注
    Theme

    第26章

    1 あなたはまた十まいまくをもって幕屋まくやつくらなければならない。すなわち亜麻あま撚糸ねんしあおいとむらさきいといとまくつくり、たくみなわざをもって、それにケルビムをさなければならない。

    2 まくながさは、おのおの二十八キュビト、まくはばは、おのおの四キュビトで、まくみなおな寸法すんぽうでなければならない。

    3 そのまくまいたがいつらわせ、またの五まいまくをもたがいつらわせなければならない。

    4 その一連いちれんはしにあるまくふち青色あおいろをつけ、また一連いちれんはしにあるまくふちにもそのようにしなければならない。

    5 あなたは、その一まいまく五十をつけ、また一連いちれんまくはしにも五十をつけ、そのたがいあいかわせなければならない。

    6 あなたはまたきん五十をつくり、そのまくたがいつらわせて一つの幕屋まくやにしなければならない。

    7 また幕屋まくやをおおう天幕てんまくのためにやぎの毛糸けいとまくつくらなければならない。すなわちまく十一まいつくり、

    8 その一まいまくながさは三十キュビト、その一まいまくはばは四キュビトで、その十一まいまくおな寸法すんぽうでなければならない。

    9 そして、そのまくまいを一つにつらわせ、またそのまくまいを一つにつらわせて、その六まいまく天幕てんまくまえかさねなければならない。

    10 またその一連いちれんはしにあるまくふち五十をつけ、一連いちれんまくふちにも五十をつけなさい。

    11 そして青銅せいどう五十をつくり、そのけ、その天幕てんまくつらわせて一つにし、

    12 その天幕てんまくまくのこりのれる部分ぶぶん、すなわちそののこりのはんまく幕屋まくやのうしろにれさせなければならない。

    13 そして天幕てんまくまくのたけであまるものの、こちらのキュビトと、あちらのキュビトとは、幕屋まくやをおおうように、その両側りょうがわのこちらとあちらとにれさせなければならない。

    14 また、あかねめの雄羊おひつじかわ天幕てんまくのおおいと、じゅごんのかわでそのうえにかけるおおいとをつくらなければならない。

    15 あなたは幕屋まくやのために、アカシヤざいたてわくつくらなければならない。

    16 わくながさを十キュビト、わくはばを一キュビトはんとし、

    17 わくごとに二つのほぞつくって、かれとこれとをわさせ、幕屋まくやのすべてのわくにこのようにしなければならない。

    18 あなたは幕屋まくやのためにわくつくり、南側みなみがわのためにわく二十とし、

    19 その二十のわくしたぎん四十をつくって、このわくしたに、その二つのほぞのために二つのき、かのわくしたにもその二つのほぞのために二つのかなければならない。

    20 また幕屋まくやがわ、すなわち北側きたがわのためにもわく二十をつくり、

    21 そのぎん四十をつくって、このわくしたに、二つのき、かのわくしたにも二つのかなければならない。

    22 また幕屋まくやのうしろ、すなわち西側にしがわのためにわく六つをつくり、

    23 幕屋まくやのうしろの二つのすみのためにわく二つをつくらなければならない。

    24 これらはしたかさなりい、おなじくそのいただきでもだい一のかんまでかさなりうようにし、その二つともそのようにしなければならない。それらは二つのすみのためにもうけるものである。

    25 こうしてそのわくは八つ、そのぎんは十六、このわくしたに二つの、かのわくしたにも二つのかなければならない。

    26 またアカシヤざい横木よこぎつくらなければならない。すなわち幕屋まくやのこのがわわくのために五つ、

    27 また幕屋まくやのかのがわわくのために横木よこぎ五つ、幕屋まくやのうしろの西側にしがわわくのために横木よこぎ五つをつくり、

    28 わくのまんなかにある中央ちゅうおう横木よこぎはしからはしまでとおるようにしなければならない。

    29 そしてそのわくきんでおおい、また横木よこぎとおすそのかんきんつくり、また、その横木よこぎきんでおおわなければならない。

    30 こうしてあなたはやましめされた様式ようしきしたがって幕屋まくやてなければならない。

    31 またあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんし垂幕たれまくつくり、たくみなわざをもって、それにケルビムをさなければならない。

    32 そしてきんでおおった四つのアカシヤざいはしらきんこまにこれをけ、そのはしらは四つのぎんうえにすえなければならない。

    33 その垂幕たれまくこまけ、その垂幕たれまくうちにあかしのはこおさめなさい。その垂幕たれまくはあなたがたのために聖所せいじょ至聖所しせいじょとをへだけるであろう。

    34 また至聖所しせいじょにあるあかしのはこうえ贖罪所しょくざいしょかなければならない。

    35 そしてその垂幕たれまくそとつくえき、幕屋まくや南側みなみがわに、つくえかいわせて燭台しょくだいかなければならない。ただしつくえ北側きたがわかなければならない。

    36 あなたはまた天幕てんまく入口いりぐちのためにあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしで、いろとりどりにったとばりをつくらなければならない。

    37 あなたはそのとばりのためにアカシヤざいはしら五つをつくり、これをきんでおおい、そのこまきんつくり、またそのはしらのために青銅せいどう五つをつくらなければならない。