出エジプト記12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 しゅはエジプトのくにで、モーセとアロンにげてわれた、

    2 「このつきをあなたがたのはじめのつきとし、これをとし正月しょうがつとしなさい。

    3 あなたがたはイスラエルのぜん会衆かいしゅういなさい、『このつきの十におのおの、そのちちいえごとに小羊こひつじらなければならない。すなわち、一家族かぞく小羊こひつじとうらなければならない。

    4 もし家族かぞくすくなくて一とう小羊こひつじべきれないときは、いえのすぐとなりひとともに、人数にんずうしたがって一とうり、おのおのべるところにおうじて、小羊こひつじ見計みはからわなければならない。

    5 小羊こひつじきずのないもので、一さいおすでなければならない。ひつじまたはやぎのうちから、これをらなければならない。

    6 そしてこのつきの十四まで、これをまもってき、イスラエルの会衆かいしゅうはみな、夕暮ゆうぐれにこれをほふり、

    7 そのり、小羊こひつじしょくするいえ入口いりぐちの二つのはしらと、かもいにそれをらなければならない。

    8 そしてそのよる、そのにくいてべ、たねれぬパンとにがえてべなければならない。

    9 なまでも、みずても、べてはならない。いて、そのあたまあし内臓ないぞうともべなければならない。

    10 あさまでそれをのこしておいてはならない。あさまでのこるものはきつくさなければならない。

    11 あなたがたは、こうして、それをべなければならない。すなわちこしきからげ、あしにくつをはき、につえをって、いそいでそれをべなければならない。これはしゅ過越すぎこしである。

    12 そのよるわたしはエジプトのくにめぐって、エジプトのくににおるひとけものとの、すべてのういごをち、またエジプトのすべての神々かみがみ審判しんぱんおこなうであろう。わたしはしゅである。

    13 そのはあなたがたのおる家々いえいえで、あなたがたのために、しるしとなり、わたしはそのて、あなたがたのところすであろう。わたしがエジプトのくにときわざわいのぞんで、あなたがたをほろぼすことはないであろう。

    14 このはあなたがたに記念きねんとなり、あなたがたはしゅまつりとしてこれをまもり、代々よよ永久えいきゅうさだめとしてこれをまもらなければならない。

    15 七日なぬかあいだあなたがたはたねれぬパンをべなければならない。そのはじめのいえからパンだねのぞかなければならない。だいにちからだいにちまでに、たねれたパンをべるひとはみなイスラエルからたれるであろう。

    16 かつ、あなたがたはだいにちせいかいを、まただいにちせいかいひらかなければならない。これらのには、なんの仕事しごともしてはならない。ただ、おのおののべものだけはつくることができる。

    17 あなたがたは、たねれぬパンのまつりまもらなければならない。ちょうど、この、わたしがあなたがたの軍勢ぐんぜいをエジプトのくにからみちびしたからである。それゆえ、あなたがたは代々よよ永久えいきゅうさだめとして、そのまもらなければならない。

    18 正月しょうがつに、そのつきの十四夕方ゆうがたに、あなたがたはたねれぬパンをべ、そのつきの二十一にち夕方ゆうがたまでつづけなければならない。

    19 七日なぬかあいだいえにパンだねいてはならない。たねれたものをべるものは、寄留きりゅう他国たこくじんであれ、くにうまれたものであれ、すべて、イスラエルの会衆かいしゅうからたれるであろう。

    20 あなたがたはたねれたものはなにべてはならない。すべてあなたがたのすまいにおいてたねれぬパンをべなければならない』」。

    21 そこでモーセはイスラエルの長老ちょうろうをみなせてった、「あなたがたはいそいで家族かぞくごとに一つの小羊こひつじり、その過越すぎこしけものをほふらなければならない。

    22 また一たばのヒソプをってはちひたし、はちを、かもいと入口いりぐちの二つのはしらにつけなければならない。あさまであなたがたは、ひとりもいえそとてはならない。

    23 しゅめぐってエジプトびとをたれるとき、かもいと入口いりぐちの二つのはしらにあるて、しゅはその入口いりぐちし、ほろぼすものが、あなたがたのいえにはいって、つのをゆるされないであろう。

    24 あなたがたはこのことを、あなたと子孫しそんのためのさだめとして、永久えいきゅうまもらなければならない。

    25 あなたがたは、しゅ約束やくそくされたように、あなたがたにたまわいたるとき、この儀式ぎしきまもらなければならない。

    26 もし、あなたがたの子供こどもたちが『この儀式ぎしきはどんな意味いみですか』とうならば、

    27 あなたがたはいなさい、『これはしゅ過越すぎこし犠牲ぎせいである。エジプトびとをたれたとき、エジプトにいたイスラエルの人々ひとびといえして、われわれのいえすくわれたのである』」。たみはこのとき、して礼拝れいはいした。

    28 イスラエルの人々ひとびとってそのようにした。すなわちしゅがモーセとアロンにめいじられたようにした。

    29 夜中よなかになってしゅはエジプトのくにの、すべてのういご、すなわちくらいするパロのういごから、地下ちかのひとやにおる捕虜ほりょのういごにいたるまで、また、すべての家畜かちくのういごをたれた。

    30 それでパロとその家来けらいおよびエジプトびとはみなよるのうちにきあがり、エジプトにおおいなるさけびがあった。死人しにんのないいえがなかったからである。

    31 そこでパロはよるのうちにモーセとアロンをせてった、「あなたがたとイスラエルの人々ひとびとって、わたしのたみなかからくがよい。そしてあなたがたのうように、ってしゅつかえなさい。

    32 あなたがたのうようにひつじうしとをってきなさい。また、わたしを祝福しゅくふくしなさい」。

    33 こうしてエジプトびとはたみをせきてて、すみやかにくにらせようとした。かれらは「われわれはみなぬ」とおもったからである。

    34 たみはまだパンだねれないを、こばちのまま着物きものつつんでかたった。

    35 そしてイスラエルの人々ひとびとはモーセの言葉ことばのようにして、エジプトびとからぎんかざり、きんかざり、また衣服いふくもとめた。

    36 しゅたみにエジプトびとのじょうさせ、かれらのもとめたものをあたえさせられた。こうしてかれらはエジプトびとのものをうばった。

    37 さて、イスラエルの人々ひとびとはラメセスを出立しゅったつしてスコテにかった。おんな子供こどものぞいて徒歩とほ男子だんしやく六十万にんであった。

    38 またおおくのじった群衆ぐんしゅうおよびひつじうしなど非常ひじょうおおくの家畜かちくかれらととものぼった。

    39 そしてかれらはエジプトからたずさえてをもって、たねれぬパンの菓子かしいた。まだパンだねれていなかったからである。それはかれらがエジプトからされてとどこおることができず、また、なに食料しょくりょうをもととのえていなかったからである。

    40 イスラエルの人々ひとびとがエジプトにんでいたあいだは、四百三十ねんであった。

    41 四百三十ねんおわりとなって、ちょうどそのに、しゅぜんぐんはエジプトのくにた。

    42 これはかれらをエジプトのくにからみちびすためにしゅずのばんをされたよるであった。ゆえにこのよる、すべてのイスラエルの人々ひとびと代々よよしゅのためにずのばんをしなければならない。

    43 しゅはモーセとアロンとにわれた、「過越すぎこしまつりさだめはつぎのとおりである。すなわち、異邦人いほうじんはだれもこれをべてはならない。

    44 しかし、おのおのがかねったしもべは、これに割礼かつれいってのち、これをべさせることができる。

    45 かりずまいのものと、雇人やといにんとは、これをべてはならない。

    46 ひとつのいえでこれをべなければならない。そのにくすこしもいえそとしてはならない。また、そのほねってはならない。

    47 イスラエルのぜん会衆かいしゅうはこれをまもらなければならない。

    48 寄留きりゅう外国がいこくじんがあなたのもとにとどまっていて、しゅ過越すぎこしまつりまもろうとするときは、その男子だんしはみな割礼かつれいけてのち、ちかづいてこれをまもることができる。そうすればかれくにうまれたもののようになるであろう。しかし、割礼かつれいものはだれもこれをべてはならない。

    49 この律法りっぽうくにうまれたものにも、あなたがたのうちに寄留きりゅうしている外国がいこくじんにも同一どういつである」。

    50 イスラエルの人々ひとびとは、みなこのようにし、しゅがモーセとアロンにめいじられたようにした。

    51 ちょうどそのに、しゅはイスラエルの人々ひとびとを、その軍団ぐんだんしたがってエジプトのくにからみちびされた。