出エジプト記36
    脚注
    Theme

    第36章

    1 ベザレルとアホリアブおよびすべてこころ知恵ちえあるもの、すなわちしゅ知恵ちえさとりとをさづけて、聖所せいじょ組立くみたての諸種しょしゅ工事こうじを、いかになすかをらせられたものは、すべてしゅめいじられたようにしなければならない」。

    2 そこで、モーセはベザレルとアホリアブおよびすべてこころ知恵ちえあるもの、すなわち、そのこころしゅ知恵ちえさづけられたもの、またきて、その工事こうじをなそうとこころのぞむすべてのものせた。

    3 かれらは聖所せいじょ組立くみたての工事こうじをするために、イスラエルの人々ひとびとたずさえてきたもろもろのささげものを、モーセからったが、たみはなおもあさごとに、自発じはつのささげものかれのもとにたずさえてきた。

    4 そこで聖所せいじょのもろもろの工事こうじをするかしこ人々ひとびとはみな、おのおのしていた工事こうじをやめて、

    5 モーセにった「たみがあまりにおおたずさえてるので、しゅがせよとめいじられた組立くみたての工事こうじにはあまります」。

    6 モーセは命令めいれいはっし、宿営しゅくえいちゅうにふれさせてった、「おとこおんなも、もはや聖所せいじょのために、ささげものをするにおよばない」。それでたみたずさえてることをやめた。

    7 材料ざいりょうはすべての工事こうじをするのにじゅうぶんで、かつあまるからである。

    8 すべて工作こうさくをするもののうちのこころ知恵ちえあるものは、十まいまく幕屋まくやつくった。すなわち亜麻あま撚糸ねんしあおいとむらさきいといとつくり、たくみなわざをもって、それにケルビムをした。

    9 まくながさは、おのおの二十八キュビト、まくはばは、おのおの四キュビトで、まくはみなおな寸法すんぽうである。

    10 そのまくまいたがいつらわせ、またの五まいまくをもたがいつらわせ、

    11 その一連いちれんはしにあるまくふち青色あおいろをつけ、一連いちれんはしにあるまくふちにも、そのようにした。

    12 その一まいまく五十をつけ、一連いちれんまくはしにも、五十をつけた。そのたがいあいかわせた。

    13 そしてきん五十をつくり、そので、まくたがいつらわせたので、一つの幕屋まくやになった。

    14 また、やぎの毛糸けいとまくつくり、幕屋まくやをおおう天幕てんまくにした。すなわちまく十一まいつくった。

    15 おのおののまくながさは三十キュビト、おのおののまくはばは四キュビトで、その十一まいまくおな寸法すんぽうである。

    16 そして、そのまくまいを一つにつらわせ、また、そのまくまいを一つにつらわせ、

    17 その一連いちれんはしにあるまくふちに、五十をつけ、一連いちれんまくふちにも、五十をつけた。

    18 そして、青銅せいどう五十をつくり、その天幕てんまくつらわせて一つにした。

    19 また、あかねめの雄羊おひつじかわで、天幕てんまくのおおいと、じゅごんのかわで、そのうえにかけるおおいとをつくった。

    20 また幕屋まくやのためにアカシヤざいをもって、たてわくつくった。

    21 わくながさは十キュビト、わくはばは、おのおの一キュビトはんとし、

    22 わくごとに二つのほぞつくって、かれとこれとをくいわせ、幕屋まくやのすべてのわくにこのようにした。

    23 幕屋まくやのためにわくつくった。すなわち南側みなみがわのためにわく二十をつくった。

    24 その二十のわくしたぎん四十をつくって、このわくしたに、その二つのほぞのために二つのき、かのわくしたにも、その二つのほぞのために二つのいた。

    25 また幕屋まくやがわ、すなわち北側きたがわのためにもわく二十をつくった。

    26 そのぎん四十をつくって、このわくしたにも二つのき、かのわくしたにも二つのいた。

    27 また幕屋まくやのうしろ、西側にしがわのためにわく六つをつくり、

    28 幕屋まくやのうしろの二つのすみのためにわく二つをつくった。

    29 これらは、したかさなりい、おなじくそのいただきでもだい一のかんまでかさなりうようにし、その二つとも二つのすみのために、そのようにつくった。

    30 こうして、そのわくは八つ、そのぎんは十六、おのおののわくしたに、二つずつがあった。

    31 またアカシヤざい横木よこぎつくった。すなわち幕屋まくやのこのがわわくのために五つ、

    32 また幕屋まくやのかのがわわくのために横木よこぎ五つ、幕屋まくやのうしろの西側にしがわわくのために横木よこぎ五つをつくった。

    33 わくのまんなかにある中央ちゅうおう横木よこぎは、はしからはしまでとおるようにした。

    34 そして、そのわくきんでおおい、また横木よこぎとおすそのかんきんつくり、またその横木よこぎきんでおおった。

    35 またあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしで、垂幕たれまくつくり、たくみなわざをもって、それにケルビムをした。

    36 また、これがためにアカシヤざいはしらほんつくり、きんでこれをおおい、そのこまきんにし、そのはしらのためにぎん四つをた。

    37 また幕屋まくや入口いりぐちのためにあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしで、いろとりどりにったとばりをつくった。

    38 そのはしらほんと、そのこまとをつくり、そのはしらあたまけたとをきんでおおった。ただし、その五つの青銅せいどうであった。