聖典
出エジプト記40
戻る 次へ

第40章

1 しゅはモーセにわれた。

2 正月しょうがつ元日がんじつにあなたは会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくやてなければならない。

3 そして、そのなかにあかしのはこき、垂幕たれまくで、はこへだかくし、

4 また、つくえたずされ、それにならべるものをならべ、燭台しょくだいたずされて、そのともしびをともさなければならない。

5 あなたはまたきんこう祭壇さいだんを、あかしのはこまえにすえ、とばりを幕屋まくや入口いりぐちにかけなければならない。

6 また燔祭はんさい祭壇さいだん会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくや入口いりぐちまえにすえ、

7 洗盤せんばん会見かいけん天幕てんまく祭壇さいだんとのあいだにすえて、これにみずれなければならない。

8 また周囲しゅういにわもうけ、にわもんにとばりをかけなければならない。

9 そしてそそあぶらをとって、幕屋まくやとそのなかのすべてのものにそそぎ、それとそのもろもろのうつわとを聖別せいべつしなければならない、こうして、それはせいとなるであろう。

10 あなたはまた燔祭はんさい祭壇さいだんと、そのすべてのうつわあぶらそそいで、その祭壇さいだん聖別せいべつしなければならない。こうして祭壇さいだんは、いとせいなるものとなるであろう。

11 また洗盤せんばんと、そのだいとにあぶらそそいで、これを聖別せいべつし、

12 アロンとそのたちを会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちれてきて、みずかれらをあらい、

13 アロンにせいなるふくせ、これにあぶらそそいで聖別せいべつし、祭司さいしつとめをさせなければならない。

14 またかれたちをれてきて、これにふくせ、

15 そのちちあぶらそそいだように、かれらにもあぶらそそいで、祭司さいしつとめをさせなければならない。かれらがあぶらそそがれることは、代々よよながく祭司さいししょくのためになすべきことである」。

16 モーセはそのようにおこなった。すなわちしゅかれめいじられたようにおこなった。

17 だいねん正月しょうがつになって、そのつき元日がんじつ幕屋まくやった。

18 すなわちモーセは幕屋まくやて、そのをすえ、そのわくて、その横木よこぎをさしみ、そのはしらて、

19 幕屋まくやうえ天幕てんまくをひろげ、そのうえ天幕てんまくのおおいをかけた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

20 かれはまたあかしのいたをとってはこおさめ、さおをはこにつけ、贖罪所しょくざいしょはこうえき、

21 はこ幕屋まくやたずされ、へだての垂幕たれまくをかけて、あかしのはこかくした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

22 かれはまた会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくや内部ないぶ北側きたがわ垂幕たれまくそとつくえをすえ、

23 そのうえにパンをれつならべて、しゅまえそなえた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

24 かれはまた会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくや内部ないぶ南側みなみがわに、つくえにむかいわせて燭台しょくだいをすえ、

25 しゅまえにともしびをともした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

26 かれ会見かいけん幕屋まくやなか垂幕たれまくまえきん祭壇さいだんをすえ、

27 そのうえこうばしい薫香くんこうをたいた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

28 かれはまた幕屋まくや入口いりぐちにとばりをかけ、

29 燔祭はんさい祭壇さいだん会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくや入口いりぐちにすえ、そのうえ燔祭はんさい素祭そさいをささげた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

30 かれはまた会見かいけん天幕てんまく祭壇さいだんとのあいだ洗盤せんばんき、あらうためにそれにみずれた。

31 モーセとアロンおよびそのたちは、それであしあらった。

32 すなわち会見かいけん天幕てんまくにはいるとき、また祭壇さいだんちかづくとき、そこであらった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

33 また幕屋まくや祭壇さいだん周囲しゅういにわもうけ、にわもんにとばりをかけた。このようにしてモーセはその工事こうじえた。

34 そのとき、くも会見かいけん天幕てんまくをおおい、しゅ栄光えいこう幕屋まくやちた。

35 モーセは会見かいけん幕屋まくやに、はいることができなかった。くもがそのうえにとどまり、しゅ栄光えいこう幕屋まくやちていたからである。

36 くも幕屋まくやうえからのぼるとき、イスラエルの人々ひとびとみちすすんだ。かれらはその旅路たびじにおいてつねにそうした。

37 しかし、くもがのぼらないときは、そののぼるまでみちすすまなかった。

38 すなわちイスラエルのいえのすべてのものまえに、ひる幕屋まくやうえしゅくもがあり、よるくもなかがあった。かれらの旅路たびじにおいてつねにそうであった。