出エジプト記2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 さて、レビのいえのひとりのひとってレビのむすめをめとった。

    2 おんなはみごもって、おとこんだが、そのうるわしいのをて、三つきのあいだかくしていた。

    3 しかし、もうかくしきれなくなったので、パピルスでんだかごをり、それにアスファルトと樹脂じゅしとをって、をそのなかれ、これをナイルかわきしあしなかにおいた。

    4 そのあねは、かれがどうされるかをろうと、とおはなれてっていた。

    5 ときにパロのむすめあらおうと、かわりてきた。侍女じじょたちはかわべをあるいていたが、彼女かのじょは、あしなかにかごのあるのをて、つかえめをやり、それをってこさせ、

    6 あけてると子供こどもがいた。よ、おさいていた。彼女かのじょはかわいそうにおもってった、「これはヘブルびとの子供こどもです」。

    7 そのときおさあねはパロのむすめった、「わたしがってヘブルのおんなのうちから、あなたのために、このちちませるうばをんでまいりましょうか」。

    8 パロのむすめが「ってきてください」とうと、少女しょうじょってそのははんできた。

    9 パロのむすめ彼女かのじょった、「このれてって、わたしにかわり、ちちませてください。わたしはその報酬ほうしゅうをさしあげます」。おんなはそのって、これにちちあたえた。

    10 その成長せいちょうしたので、彼女かのじょはこれをパロのむすめのところにれてった。そしてかれはそのとなった。彼女かのじょはそのをモーセとづけてった、「みずなかからわたしがしたからです」。

    11 モーセが成長せいちょうしてのち、あるのこと、同胞どうほうところって、そのはげしい労役ろうえきた。かれはひとりのエジプトびとが、同胞どうほうのひとりであるヘブルびとをつのをたので、

    12 左右さゆうまわし、ひとのいないのをて、そのエジプトびとをころし、これをすななかかくした。

    13 つぎまたって、ふたりのヘブルびとがたがいあらそっているのをわるほうおとこった、「あなたはなぜ、あなたのともつのですか」。

    14 かれった、「だれがあなたをてて、われわれのつかさ、また裁判人さいばんにんとしたのですか。エジプトびとをころしたように、あなたはわたしをころそうとおもうのですか」。モーセはおそれた。そしてあのことがきっとれたのだとおもった。

    15 パロはこのこといて、モーセをころそうとした。しかしモーセはパロのまえをのがれて、ミデヤンのき、井戸いどのかたわらにしていた。

    16 さて、ミデヤンの祭司さいしに七にんむすめがあった。彼女かのじょたちはきてみずをくみ、水槽すいそうにみたしてちちひつじれにませようとしたが、

    17 羊飼ひつじかいたちがきて彼女かのじょらをはらったので、モーセはがって彼女かのじょたちをたすけ、そのひつじれにみずませた。

    18 彼女かのじょたちがちちリウエルのところにかえったときちちった、「きょうは、どうして、こんなにはやかえってきたのか」。

    19 彼女かのじょたちはった、「ひとりのエジプトびとが、わたしたちを羊飼ひつじかいたちのからたすし、そのうえ、みずをたくさんくんで、ひつじれにませてくれたのです」。

    20 かれむすめたちにった、「そのかたはどこにおられるか。なぜ、そのかたをおいてきたのか。んできて、食事しょくじをさしあげなさい」。

    21 モーセがこのひとともにおることをこのんだので、かれむすめのチッポラをつまとしてモーセにあたえた。

    22 彼女かのじょおとこんだので、モーセはそのをゲルショムとづけた。「わたしは外国がいこく寄留者きりゅうしゃとなっている」とったからである。

    23 おおくのて、エジプトのおうんだ。イスラエルの人々ひとびとは、その苦役くえきつとめのゆえにうめき、またさけんだが、その苦役くえきのゆえのさけびはかみとどいた。

    24 かみかれらのうめきをき、かみはアブラハム、イサク、ヤコブとの契約けいやくおぼえ、

    25 かみはイスラエルの人々ひとびとかえりみ、かみかれらをしろしめされた。