出エジプト記32
    脚注
    Theme

    第32章

    1 たみはモーセがやまくだることのおそいのをて、アロンのもとにあつまってかれった、「さあ、わたしたちに先立さきだってかみを、わたしたちのためにつくってください。わたしたちをエジプトのくにからみちびきのぼったひと、あのモーセはどうなったのかわからないからです」。

    2 アロンはかれらにった、「あなたがたのつま、むすこ、むすめらのきん耳輪みみわをはずしてわたしにってきなさい」。

    3 そこでたみみなそのきん耳輪みみわをはずしてアロンのもとにってきた。

    4 アロンがこれをかれらのからり、工具こうぐかたつくり、うしとしたので、かれらはった、「イスラエルよ、これはあなたをエジプトのくにからみちびきのぼったあなたのかみである」。

    5 アロンはこれをて、そのまえ祭壇さいだんきずいた。そしてアロンは布告ふこくしてった、「あすはしゅまつりである」。

    6 そこで人々ひとびとはあくるあさはやきて燔祭はんさいをささげ、酬恩祭しゅうおんさいそなえた。たみしてみし、ってれた。

    7 しゅはモーセにわれた、「いそいでくだりなさい。あなたがエジプトのくにからみちびきのぼったあなたのたみわるいことをした。

    8 かれらははやくもわたしがめいじたみちはなれ、自分じぶんのために鋳物いものうしつくり、これをおがみ、これに犠牲ぎせいをささげて、『イスラエルよ、これはあなたをエジプトのくにからみちびきのぼったあなたのかみである』とっている」。

    9 しゅはまたモーセにわれた、「わたしはこのたみた。これはかたくななたみである。

    10 それで、わたしをとめるな。わたしのいかりはかれらにむかってえ、かれらをほろぼしつくすであろう。しかし、わたしはあなたをおおいなる国民こくみんとするであろう」。

    11 モーセはそのかみしゅをなだめてった、「しゅよ、おおいなるちからつよをもって、エジプトのくにからみちびされたあなたのたみにむかって、なぜあなたのいかりがえるのでしょうか。

    12 どうしてエジプトびとに『かれ悪意あくいをもってかれらをみちびし、かれらを山地さんちころし、めんからほろぼすのだ』とわせてよいでしょうか。どうかあなたのはげしいいかりをやめ、あなたのたみくだそうとされるこのわざわいおもなおし、

    13 あなたのしもべアブラハム、イサク、イスラエルに、あなたが自身じしんをさしてちかい、『わたしはてんほしのように、あなたがたの子孫しそんし、わたしが約束やくそくしたこのみなあなたがたの子孫しそんあたえて、ながくこれを所有しょゆうさせるであろう』とかれらにおおせられたことをおぼえてください」。

    14 それで、しゅはそのたみくだすとわれたわざわいについておもなおされた。

    15 モーセはてんじてやまくだった。かれには、かの二まいのあかしのいたがあった。いたはその両面りょうめん文字もじがあった。すなわち、このめんにも、かのめんにも文字もじがあった。

    16 そのいたかみさく、その文字もじかみ文字もじであって、いたったものである。

    17 ヨシュアはたみばわるこえいて、モーセにった、「宿営しゅくえいなかたたかいのこえがします」。

    18 しかし、モーセはった、「かちどきのこえでなく、敗北はいぼくさけごえでもない。わたしのくのはうたこえである」。

    19 モーセが宿営しゅくえいちかづくと、うしおどりとをたので、かれいかりにえ、からかのいたげうち、これをやまのふもとでくだいた。

    20 またかれらがつくったうしってき、こなごなにくだき、これをみずうえにまいて、イスラエルの人々ひとびとませた。

    21 モーセはアロンにった、「このたみがあなたになにをしたので、あなたはかれらにおおいなるつみおかさせたのですか」。

    22 アロンはった、「わがしゅよ、はげしくいからないでください。このたみわるいのは、あなたがごぞんじです。

    23 かれらはわたしにいました、『わたしたちに先立さきだってかみを、わたしたちのためにつくってください。わたしたちをエジプトのくにからみちびきのぼったひと、あのモーセは、どうなったのかわからないからです』。

    24 そこでわたしは『だれでも、きんっているものは、それをりはずしなさい』とかれらにいました。かれらがそれをわたしにわたしたので、わたしがこれをれると、このうしてきたのです」。

    25 モーセはたみがほしいままにふるまったのをた。アロンはかれらがほしいままにふるまうにまかせ、てきなか物笑ものわらいとなったからである。

    26 モーセは宿営しゅくえいもんってった、「すべてしゅにつくものはわたしのもとにきなさい」。レビのたちはみなかれのもとにあつまった。

    27 そこでモーセはかれらにった、「イスラエルのかみしゅはこうわれる、『あなたがたは、おのおのこしにつるぎをび、宿営しゅくえいなかもんからもんめぐって、おのおのその兄弟きょうだい、そのとも、その隣人りんじんころせ』」。

    28 レビのたちはモーセの言葉ことばどおりにしたので、そのたみのうち、おおよそ三千にんたおれた。

    29 そこで、モーセはった、「あなたがたは、おのおのその、その兄弟きょうだいさからって、きょう、しゅをささげた。それでしゅは、きょう、あなたがたに祝福しゅくふくあたえられるであろう」。

    30 あくる、モーセはたみった、「あなたがたはおおいなるつみおかした。それでいま、わたしはしゅのもとにのぼってく。あなたがたのつみつぐなうことが、できるかもれない」。

    31 モーセはしゅのもとにかえって、そしてった、「ああ、このたみおおいなるつみおかし、自分じぶんのためにきんかみつくりました。

    32 いまもしあなたが、かれらのつみをゆるされますならば——。しかし、もしかなわなければ、どうぞあなたがきしるされたふみから、わたしのってください」。

    33 しゅはモーセにわれた、「すべてわたしにつみおかしたものは、これをわたしのふみからるであろう。

    34 しかし、いまあなたはって、わたしがあなたにげたところにたみみちびきなさい。よ、わたしの使つかいはあなたに先立さきだってくであろう。ただし刑罰けいばつに、わたしはかれらのつみばっするであろう」。

    35 そしてしゅたみたれた。かれらがうしつくったからである。それはアロンがつくったのである。