出エジプト記25
    脚注
    Theme

    第25章

    1 しゅはモーセにわれた、

    2 「イスラエルの人々ひとびとげて、わたしのためにささげものたずさえてこさせなさい。すべて、こころからよろこんでするものから、わたしにささげるものりなさい。

    3 あなたがたがかれらからるべきささげものはこれである。すなわちきんぎん青銅せいどう

    4 あおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんし、やぎの毛糸けいと

    5 あかねそめ雄羊おひつじかわ、じゅごんのかわ、アカシヤざい

    6 ともしあぶらそそあぶらこうばしい薫香くんこうのための香料こうりょう

    7 しまめのう、エポデと胸当むねあてにはめる宝石ほうせき

    8 また、かれらにわたしのために聖所せいじょつくらせなさい。わたしがかれらのうちにむためである。

    9 すべてあなたにしめ幕屋まくやかたおよび、そのもろもろのうつわかたしたがって、これをつくらなければならない。

    10 かれらはアカシヤざいはこつくらなければならない。ながさは二キュビトはんはばは一キュビトはんたかさは一キュビトはん

    11 あなたは純金じゅんきんでこれをおおわなければならない。すなわち内外ないがいともにこれをおおい、そのうえ周囲しゅういきんかざふちつくらなければならない。

    12 またきんかん四つをて、その四すみにけなければならない。すなわち二つのかんをこちらがわに、二つのかんをあちらがわけなければならない。

    13 またアカシヤざいのさおをつくり、きんでこれをおおわなければならない。

    14 そしてそのさおをはこ側面そくめんかんとおし、それではこをかつがなければならない。

    15 さおははこかんしてき、それをはなしてはならない。

    16 そしてそのはこに、わたしがあなたにあたえるあかしのいたおさめなければならない。

    17 また純金じゅんきん贖罪所しょくざいしょつくらなければならない。ながさは二キュビトはんはばは一キュビトはん

    18 また二つのきんのケルビムをつくらなければならない。これを打物うちものつくりとし、贖罪所しょくざいしょ両端りょうはしかなければならない。

    19 一つのケルブをこのはしに、一つのケルブをかのはしつくり、ケルビムを贖罪所しょくざいしょ一部いちぶとしてその両端りょうはしつくらなければならない。

    20 ケルビムはつばさたかべ、そのつばさをもって贖罪所しょくざいしょをおおい、かおたがいにむかいい、ケルビムのかお贖罪所しょくざいしょにむかわなければならない。

    21 あなたは贖罪所しょくざいしょはこうえき、はこなかにはわたしがさづけるあかしのいたおさめなければならない。

    22 そのところでわたしはあなたにい、贖罪所しょくざいしょうえから、あかしのはこうえにある二つのケルビムのあいだから、イスラエルの人々ひとびとのために、わたしがめいじようとするもろもろのことを、あなたにかたるであろう。

    23 あなたはまたアカシヤざいつくえつくらなければならない。ながさは二キュビト、はばは一キュビト、たかさは一キュビトはん

    24 純金じゅんきんでこれをおおい、周囲しゅういきんかざふちつくり、

    25 またその周囲しゅういはばさんつくり、そのさん周囲しゅういきんかざふちつくらなければならない。

    26 また、そのためにきんかん四つをつくり、その四つのあしのすみ四かしょにそのかんけなければならない。

    27 かんさんのわきにけて、つくえをかつぐさおをれるところとしなければならない。

    28 またアカシヤざいのさおをつくり、きんでこれをおおい、それをもって、つくえをかつがなければならない。

    29 また、そのさら乳香にゅうこうはいおよび灌祭かんさいそそぐためのびんはちつくり、これらは純金じゅんきんつくらなければならない。

    30 そしてつくえうえにはそなえのパンをいて、つねにわたしのまえにあるようにしなければならない。

    31 また純金じゅんきん燭台しょくだいつくらなければならない。燭台しょくだい打物うちものつくりとし、そのだいみきがくふしはなを一つにつらならせなければならない。

    32 また六つのえだをそのわきからさせ、燭台しょくだいの三つのえだをこのがわから、燭台しょくだいの三つのえだをかのがわからさせなければならない。

    33 あめんどうのはなかたちをした三つのがくが、それぞれふしはなをもって一つのえだにあり、また、あめんどうのはなかたちをした三つのがくが、それぞれふしはなをもってほかのえだにあるようにし、燭台しょくだいからる六つのえだを、みなそのようにしなければならない。

    34 また、燭台しょくだいみきには、あめんどうのはなかたちをした四つのがくけ、そのがくにはそれぞれふしはなをもたせなさい。

    35 すなわち二つのえだしたに一つのふしけ、つぎの二つのえだしたに一つのふしけ、さらつぎの二つのえだしたに一つのふしけ、燭台しょくだいみきからる六つのえだに、みなそのようにしなければならない。

    36 それらのふしえだを一つにつらね、ことごとく純金じゅんきん打物うちものつくりにしなければならない。

    37 また、それのともしびざらを七つつくり、そのともしびざらをともして、その前方ぜんぽうてらさせなければならない。

    38 そのしんりばさみと、しんざら純金じゅんきんつくらなければならない。

    39 すなわち純金じゅんきん一タラントで燭台しょくだいと、これらのもろもろのうつわとがつくられなければならない。

    40 そしてあなたがやましめされたかたしたがい、注意ちゅういしてこれをつくらなければならない。