出エジプト記33
    脚注
    Theme

    第33章

    1 さて、しゅはモーセにわれた、「あなたと、あなたがエジプトのくにからみちびきのぼったたみとは、ここをってわたしがアブラハム、イサク、ヤコブにちかって、『これをあなたの子孫しそんあたえる』とったにのぼりなさい。

    2 わたしはひとりの使つかいをつかわしてあなたに先立さきだたせ、カナンびと、アモリびと、ヘテびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとをはらうであろう。

    3 あなたがたはちちみつながれるにのぼりなさい。しかし、あなたがたは、かたくななたみであるから、わたしがみちであなたがたをほろぼすことのないように、あなたがたのうちにあって一緒いっしょにはのぼらないであろう」。

    4 たみはこのわるらせをいてうれい、ひとりもそのかざりをけるものはなかった。

    5 しゅはモーセにわれた、「イスラエルの人々ひとびといなさい、『あなたがたは、かたくななたみである。もしわたしが一刻いっこくでも、あなたがたのうちにあって、一緒いっしょにのぼってくならば、あなたがたをほろぼすであろう。ゆえに、いま、あなたがたのかざりをからりなさい。そうすればわたしはあなたがたになすべきことをるであろう』」。

    6 それで、イスラエルの人々ひとびとはホレブやま以来いらいそのかざりをのぞいていた。

    7 モーセは幕屋まくやって、これを宿営しゅくえいそとに、宿営しゅくえいはなれてり、これを会見かいけん幕屋まくやづけた。すべてしゅうかがことのあるものて、宿営しゅくえいそとにある会見かいけん幕屋まくやった。

    8 モーセがて、幕屋まくやときには、たみはみなちあがり、モーセが幕屋まくやにはいるまで、おのおのその天幕てんまく入口いりぐちってかれ見送みおくった。

    9 モーセが幕屋まくやにはいると、くもはしらくだって幕屋まくや入口いりぐちった。そしてしゅはモーセとかたられた。

    10 たみはみな幕屋まくや入口いりぐちくもはしらつのをると、っておのおの自分じぶん天幕てんまく入口いりぐち礼拝れいはいした。

    11 ひとがそのともかたるように、しゅはモーセとかおわせてかたられた。こうしてモーセは宿営しゅくえいかえったが、その従者じゅうしゃなる若者わかもの、ヌンのヨシュアは幕屋まくやはなれなかった。

    12 モーセはしゅった、「ごらんください。あなたは『このたみみちびきのぼれ』とわたしにいながら、わたしと一緒いっしょにつかわされるものらせてくださいません。しかも、あなたはかつて『わたしはおまええらんだ。おまえはまたわたしのまえめぐみをた』とおおせになりました。

    13 それでいま、わたしがもし、あなたのまえめぐみをますならば、どうか、あなたのみちしめし、あなたをわたしにらせ、あなたのまえめぐみをさせてください。また、この国民こくみんがあなたのたみであることをおぼえてください」。

    14 しゅわれた「わたし自身じしん一緒いっしょくであろう。そしてあなたに安息あんそくあたえるであろう」。

    15 モーセはしゅった「もしあなた自身じしん一緒いっしょかれないならば、わたしたちをここからのぼらせないでください。

    16 わたしとあなたのたみとが、あなたのまえめぐみをることは、なにによってられましょうか。それはあなたがわたしたちと一緒いっしょかれて、わたしとあなたのたみとが、めんにある諸民しょみんことなるものになるからではありませんか」。

    17 しゅはモーセにわれた、「あなたはわたしのまえめぐみを、またわたしはをもってあなたをるから、あなたのったこのことをもするであろう」。

    18 モーセはった、「どうぞ、あなたの栄光えいこうをわたしにおしめしください」。

    19 しゅわれた、「わたしはわたしのもろもろのぜんをあなたのまえとおらせ、しゅをあなたのまえにのべるであろう。わたしはめぐもうとするものめぐみ、あわれもうとするものをあわれむ」。

    20 またわれた、「しかし、あなたはわたしのかおることはできない。わたしをて、なおきているひとはないからである」。

    21 そしてしゅわれた、「よ、わたしのかたわらに一つのところがある。あなたはいわうえちなさい。

    22 わたしの栄光えいこうがそこをとおぎるとき、わたしはあなたをいわれて、わたしがとおぎるまで、であなたをおおうであろう。

    23 そしてわたしがをのけるとき、あなたはわたしのうしろをるが、わたしのかおないであろう」。