出エジプト記35
    脚注
    Theme

    第35章

    1 モーセはイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうあつめてった、「これはしゅおこなえとめいじられた言葉ことばである。

    2 あいだ仕事しごとをしなさい。七日なぬかはあなたがたの聖日せいじつで、しゅまったやすみの安息日あんそくにちであるから、この仕事しごとをするものはだれでもころされなければならない。

    3 安息日あんそくにちにはあなたがたのすまいのどこでもをたいてはならない」。

    4 モーセはイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうった、「これはしゅめいじられたことである。

    5 あなたがたのもののうちから、しゅにささげるものりなさい。すべて、こころからよろこんでするものは、しゅにささげるものってきなさい。すなわちきんぎん青銅せいどう

    6 あおいとむらさきいといと亜麻あまいと、やぎの毛糸けいと

    7 あかねめの雄羊おひつじかわ、じゅごんのかわ、アカシヤざい

    8 ともしあぶらそそあぶらこうばしい薫香くんこうとのための香料こうりょう

    9 しまめのう、エポデと胸当むねあてとにはめる宝石ほうせき

    10 すべてあなたがたのうち、こころ知恵ちえあるものはきて、しゅめいじられたものをみなつくりなさい。

    11 すなわち幕屋まくや、その天幕てんまくと、そのおおい、そのこまと、そのわく、その横木よこぎ、そのはしらと、その

    12 はこと、そのさお、贖罪所しょくざいしょへだての垂幕たれまく

    13 つくえと、そのさお、およびそのもろもろのうつわそなえのパン、

    14 また、ともしびのための燭台しょくだいと、そのうつわ、ともしびざらと、ともしあぶら

    15 こう祭壇さいだんと、そのさお、そそあぶらこうばしい薫香くんこう幕屋まくや入口いりぐちのとばり、

    16 燔祭はんさい祭壇さいだんおよびその青銅せいどうあみ、そのさおと、そのもろもろのうつわ洗盤せんばんと、そのだい

    17 にわのあげばり、そのはしらとそのにわもんのとばり、

    18 幕屋まくやくぎにわくぎおよびそのひも、

    19 聖所せいじょにおけるつとめのための編物あみものふく、すなわち祭司さいしつとめをなすための祭司さいしアロンのせいなるふくおよびそのたちのふく」。

    20 イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうはモーセのまえり、

    21 すべてこころかんじたもの、すべてこころからよろこんでするものは、会見かいけん幕屋まくや作業さぎょうと、そのもろもろの奉仕ほうしと、せいなるふくとのために、しゅにささげるものたずさえてきた。

    22 すなわち、すべてこころからよろこんでする男女だんじょは、鼻輪はなわ耳輪みみわ指輪ゆびわ首飾くびかざり、およびすべてのきんかざりをたずさえてきた。すべてきんのささげものしゅにささげるものはそのようにした。

    23 すべてあおいとむらさきいといと亜麻あまいと、やぎの毛糸けいと、あかねめの雄羊おひつじかわ、じゅごんのかわっているものは、それをたずさえてきた。

    24 すべてぎん青銅せいどうのささげものをささげることのできるものは、それをしゅにささげるものとしてたずさえてきた。また、すべて組立くみたての工事こうじもちいるアカシヤざいっているものは、それをたずさえてきた。

    25 また、すべてこころ知恵ちえあるおんなたちは、そのをもってつむぎ、そのつむいだあおいとむらさきいといと亜麻あまいとたずさえてきた。

    26 すべて知恵ちえがあって、こころかんじたおんなたちは、やぎのつむいだ。

    27 また、かしらたちはしまめのう、およびエポデと胸当むねあてにはめる宝石ほうせきたずさえてきた。

    28 また、ともしびと、そそあぶらと、こうばしい薫香くんこうのための香料こうりょうと、あぶらとをたずさえてきた。

    29 このようにイスラエルの人々ひとびと自発じはつのささげものしゅたずさえてきた。すなわちしゅがモーセによって、なせとめいじられたすべての工作こうさくのために、ものたずさえてこようと、こころからよろこんでする男女だんじょはみな、そのようにした。

    30 モーセはイスラエルの人々ひとびとった、「よ、しゅはユダの部族ぶぞくぞくするホルのなるウリのベザレルをざしてし、

    31 かれかみれいたして、知恵ちえさとりと知識ちしき諸種しょしゅ工作こうさくちょうぜしめ、

    32 工夫くふうらしてきんぎん青銅せいどう細工さいくをさせ、

    33 また宝石ほうせきりはめ、彫刻ちょうこくするなど、諸種しょしゅ工作こうさくをさせ、

    34 またひとおしえうるちからを、かれこころさづけられた。かれとダンの部族ぶぞくぞくするアヒサマクのアホリアブとが、それである。

    35 しゅかれらに知恵ちえこころたして、諸種しょしゅ工作こうさくをさせられた。すなわち彫刻ちょうこくおりおよびあおいとむらさきいといと亜麻あまいと縫取ぬいとり、またはたおりなど諸種しょしゅ工作こうさくをさせ、工夫くふうらしてたくみなわざをさせられた。