聖典
出エジプト記30
戻る 次へ

第30章

1 あなたはまたこうをたく祭壇さいだんつくらなければならない。アカシヤざいでこれをつくり、

2 ながさ一キュビト、はば一キュビトの四かくにし、たかさ二キュビトで、これにその一部いちぶとしてつのをつけなければならない。

3 そのいただき、その四つの側面そくめん、およびそのつの純金じゅんきんでおおい、その周囲しゅういきんかざふちつくり、

4 また、その両側りょうがわに、かざふちしたきんかん二つをこれのためにつくらなければならない。すなわち、その二つのがわにこれをつくらなければならない。これはそれをかつぐさおをとおすところである。

5 そのさおはアカシヤざいつくり、きんでおおわなければならない。

6 あなたはそれを、あかしのはこまえにある垂幕たれまくまえいて、わたしがあなたとうあかしのはこうえにある贖罪所しょくざいしょかわせなければならない。

7 アロンはそのうえこうばしい薫香くんこうをたかなければならない。あさごとに、ともしびをととのえるとき、これをたかなければならない。

8 アロンはまたゆうべにともしびをともすときにも、これをたかなければならない。これはしゅまえにあなたがたが代々よよやすことなく、ささぐべき薫香くんこうである。

9 あなたがたはそのうえことなるこうをささげてはならない。燔祭はんさいをも素祭そさいをもそのうえでささげてはならない。また、そのうえ灌祭かんさいそそいではならない。

10 アロンはねんに一そのつのをつけてあがないをしなければならない。すなわち、あがないの罪祭ざいさいをもって代々よよにわたり、ねんに一これがために、あがないをしなければならない。これはしゅもっとせいなるものである」。

11 しゅはモーセにわれた、

12 「あなたがイスラエルの人々ひとびとかず総計そうけいをとるにあたり、おのおのそのかぞえられるとき、そのいのちのあがないをしゅにささげなければならない。これはかぞえられるときかれらのうちにわざわいおこらないためである。

13 すべてかずもの聖所せいじょのシケルで、はんシケルをはらわなければならない。一シケルは二十ゲラであって、おのおのはんシケルをしゅにささげものとしなければならない。

14 すべてかずる二十さい以上いじょうものは、しゅにささげものをしなければならない。

15 あなたがたのいのちをあがなうために、しゅにささげものをするときめるものはんシケルよりおおしてはならず、まずしいものもそれよりすくなくしてはならない。

16 あなたはイスラエルの人々ひとびとから、あがないのぎんって、これを会見かいけん幕屋まくやようてなければならない。これはしゅまえにイスラエルの人々ひとびとのため記念きねんとなって、あなたがたのいのちをあがなうであろう」。

17 しゅはモーセにわれた、

18 「あなたはまたあらうために洗盤せんばんと、そのだい青銅せいどうつくり、それを会見かいけん幕屋まくや祭壇さいだんとのあいだいて、そのなかみずれ、

19 アロンとそのたちは、それであしとをあらわなければならない。

20 かれらは会見かいけん幕屋まくやにはいるときみずあらって、なないようにしなければならない。また祭壇さいだんちかづいて、そのつとめをなし、火祭かさいしゅにささげるときにも、そうしなければならない。

21 すなわち、その、そのあしあらって、なないようにしなければならない。これはかれとその子孫しそん代々よよにわたる永久えいきゅうさだめでなければならない」。

22 しゅはまたモーセにわれた、

23 「あなたはまたもっと香料こうりょうりなさい。すなわち液体えきたい没薬もつやく五百シケル、こうばしい肉桂にっけいをそのなかば、すなわち二百五十シケル、におい菖蒲しょうぶ二百五十シケル、

24 けい五百シケルを聖所せいじょのシケルでり、また、オリブのあぶら一ヒンをりなさい。

25 あなたはこれをせいなるそそあぶら、すなわち香油こうゆつくるわざにしたがい、まぜわせて、においあぶらつくらなければならない。これはせいなるそそあぶらである。

26 あなたはこのあぶら会見かいけん幕屋まくやと、あかしのはことにそそぎ、

27 つくえと、そのもろもろのうつわ燭台しょくだいと、そのもろもろのうつわこう祭壇さいだん

28 燔祭はんさい祭壇さいだんと、そのもろもろのうつわ洗盤せんばんと、そのだいとにあぶらそそぎ、

29 これらをきよめてもっとせいなるものとしなければならない。すべてこれにれるものせいとなるであろう。

30 あなたはアロンとそのたちにあぶらそそいで、かれらを聖別せいべつし、祭司さいしとしてわたしにつかえさせなければならない。

31 そしてあなたはイスラエルの人々ひとびとわなければならない、『これはあなたがたの代々よよにわたる、わたしのせいなるそそあぶらであって、

32 つねひとにこれをそそいではならない。またこの割合わりあいをもって、これとひとしいものをつくってはならない。これはせいなるものであるから、あなたがたにとってもせいなるものでなければならない。

33 すべてこれとひとしいものつくもの、あるいはこれを祭司さいし以外いがいひとにつけるものは、たみのうちからたれるであろう』」。

34 しゅはまた、モーセにわれた、「あなたは香料こうりょう、すなわちごうこう、シケレテこうふうこう純粋じゅんすい乳香にゅうこう香料こうりょうりなさい。おのおのおなりょうでなければならない。

35 あなたはこれをもってこう、すなわち香料こうりょうをつくるわざにしたがって薫香くんこうつくり、しおくわえ、じゅんにしてせいなるものとしなさい。

36 また、そのいくぶんをこまかにくだき、わたしがあなたと会見かいけん幕屋まくやにある、あかしのはこまえにこれをそなえなければならない。これはあなたがたにもっとせいなるものである。

37 あなたがつくこうおな割合わりあいをもって、それを自分じぶんのためにつくってはならない。これはあなたにとってしゅせいなるものでなければならない。

38 すべてこれとひとしいものをつくって、これをかぐものたみのうちからたれるであろう」。