出エジプト記10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 そこで、しゅはモーセにわれた、「パロのもとにきなさい。わたしはかれこころとその家来けらいたちのこころをかたくなにした。これは、わたしがこれらのしるしを、かれらのなかおこなうためである。

    2 また、わたしがエジプトびとをあしらったこと、またかれらのなかにわたしがおこなったしるしを、あなたがたが、まごみみかたつたえるためである。そしてあなたがたは、わたしがしゅであることをるであろう」。

    3 モーセとアロンはパロのもとにってかれった、「ヘブルびとのかみしゅはこうおおせられる、『いつまで、あなたは、わたしに屈伏くっぷくすることをこばむのですか。たみらせて、わたしにつかえさせなさい。

    4 もし、わたしのたみらせることをこばむならば、よ、あす、わたしはいなごを、あなたの領土りょうどにはいらせるであろう。

    5 それはのおもてをおおい、ひとることもできないほどになるであろう。そしてひょうまぬかれて、のこされているものをつくし、にはえているあなたがたのをみなつくすであろう。

    6 またそれはあなたのいえとあなたのすべての家来けらいいえ、および、すべてのエジプトびとのいえちるであろう。このようなことは、あなたのちちたちも、また、祖父そふたちも、かれらが地上ちじょうにあったから今日こんにちいたるまで、かつてたことのないものである』と」。そしてかれをめぐらして、パロのもとをった。

    7 パロの家来けらいたちはおうった、「いつまで、このひとはわれわれのわなとなるのでしょう。この人々ひとびとらせ、かれらのかみなるしゅつかえさせては、どうでしょう。エジプトがほろびてしまうことに、まだづかれないのですか」。

    8 そこで、モーセとアロンは、また、パロのもとにされた。パロはかれらにった、「って、あなたがたのかみしゅつかえなさい。しかし、くものはだれだれか」。

    9 モーセはった、「わたしたちはおさなものも、いたものきます。むすこもむすめたずさえ、ひつじうしれてきます。わたしたちはしゅまつりおこなわなければならないのですから」。

    10 パロはかれらにった、「万一まんいち、わたしが、あなたがたに子供こどもれてまでらせるようなことがあれば、しゅがあなたがたとともにいますがよい。あなたがたはわるいたくらみをしている。

    11 それはいけない。あなたがたはおとこだけってしゅつかえるがよい。それが、あなたがたの要求ようきゅうであった」。かれらは、ついにパロのまえからされた。

    12 しゅはモーセにわれた、「あなたのをエジプトのうえにさしべて、エジプトのにいなごをのぼらせ、のすべての青物あおもの、すなわち、ひょうのこしたものを、ことごとくべさせなさい」。

    13 そこでモーセはエジプトのうえに、つえをさしべたので、しゅ終日しゅうじつ終夜しゅうや東風ひがしかぜかせられた。あさとなって、東風ひがしかぜは、いなごをはこんできた。

    14 いなごはエジプト全国ぜんこくにのぞみ、エジプトのぜん領土りょうどにとどまり、そのかずがはなはだおおく、このようないなごはまえにもなく、またのちにもないであろう。

    15 いなごは全面ぜんめんをおおったので、くらくなった。そしてのすべての青物あおものと、ひょうのこしたを、ことごとくべたので、エジプト全国ぜんこくにわたって、にもはたけ青物あおものにも、みどりものとてはなにのこらなかった。

    16 そこで、パロは、いそいでモーセとアロンをしてった、「わたしは、あなたがたのかみしゅたいし、また、あなたがたにたいしてつみおかしました。

    17 それで、どうか、もう一だけ、わたしのつみをゆるしてください。そしてあなたがたのかみしゅ祈願きがんして、ただ、このをわたしからはなれさせてください」。

    18 そこでかれはパロのところからて、しゅ祈願きがんしたので、

    19 しゅは、はなはだつよ西風にしかぜかわらせ、いなごをげて、これを紅海こうかいいやられたので、エジプト全土ぜんどには一つのいなごものこらなかった。

    20 しかし、しゅがパロのこころをかたくなにされたので、かれはイスラエルの人々ひとびとらせなかった。

    21 しゅはまたモーセにわれた、「てんにむかってあなたのをさしべ、エジプトのくにに、くらやみをこさせなさい。そのくらやみは、さわれるほどである」。

    22 モーセがてんにむかってをさしべたので、いくらやみは、エジプト全国ぜんこくのぞみ三およんだ。

    23 あいだ人々ひとびとたがいることもできず、まただれもそのところからものもなかった。しかし、イスラエルの人々ひとびとには、みな、そのところひかりがあった。

    24 そこでパロはモーセをしてった、「あなたがたはってしゅつかえなさい。あなたがたの子供こどもれてってもよろしい。ただ、あなたがたのひつじうしのこしてきなさい」。

    25 しかし、モーセはった、「あなたは、また、わたしたちのかみしゅにささげる犠牲ぎせい燔祭はんさいものをも、わたしたちにくださらなければなりません。

    26 わたしたちは家畜かちくれてきます。ひずめ一つものこしません。わたしたちは、そのうちからって、わたしたちのかみしゅつかえねばなりません。またわたしたちは、その場所ばしょくまでは、なにをもって、しゅつかえるべきかをらないからです」。

    27 けれども、しゅがパロのこころをかたくなにされたので、パロはかれらをらせようとしなかった。

    28 それでパロはモーセにった、「わたしのところからりなさい。こころして、わたしのかおは二てはならない。わたしのかおには、あなたのいのちはないであろう」。

    29 モーセはった、「よくぞおおせられました。わたしは、二と、あなたのかおないでしょう」。