出エジプト記1
    脚注
    Theme

    しゅつエジプト

    第1章

    1 さて、ヤコブとともに、おのおのその家族かぞくともなって、エジプトへったイスラエルのらのつぎのとおりである。

    2 すなわちルベン、シメオン、レビ、ユダ、

    3 イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、

    4 ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。

    5 ヤコブのこしからたものは、わせて七十にん。ヨセフはすでにエジプトにいた。

    6 そして、ヨセフはに、兄弟きょうだいたちも、その時代じだい人々ひとびともみなんだ。

    7 けれどもイスラエルの子孫しそんおおくのみ、ますますふえ、はなはだつよくなって、くにちるようになった。

    8 ここに、ヨセフのことをらないあたらしいおうが、エジプトにった。

    9 かれはそのたみった、「よ、イスラエルびとなるこのたみは、われわれにとって、あまりにもおおく、またつよすぎる。

    10 さあ、われわれは、かりなくかれらをあつかおう。かれらがおおくなり、たたかいのおこるとき、てき味方みかたして、われわれとたたかい、ついにこのくにからることのないようにしよう」。

    11 そこでエジプトびとはかれらのうえ監督かんとくをおき、おも労役ろうえきをもってかれらをくるしめた。かれらはパロのために倉庫そうこまちピトムとラメセスをてた。

    12 しかしイスラエルの人々ひとびとくるしめられるにしたがって、いよいよふえひろがるので、かれらはイスラエルの人々ひとびとのゆえにおそれをなした。

    13 エジプトびとはイスラエルの人々ひとびとをきびしく使つかい、

    14 つらいつとめをもってその生活せいかつくるしめた。すなわち、しっくいこね、れんがつくり、および田畑たはたのあらゆるつとめあたらせたが、そのすべての労役ろうえきはきびしかった。

    15 またエジプトのおうは、ヘブルのおんなのために取上とりあげをする助産婦じょさんぷでひとりはをシフラといい、のひとりはをプアというものにさとして、

    16 った、「ヘブルのおんなのために助産じょさんをするとき、だいうえて、もしおとこならばそれをころし、おんなならばかしておきなさい」。

    17 しかし助産婦じょさんぷたちはかみをおそれ、エジプトのおうかれらにめいじたようにはせず、おとこかしておいた。

    18 エジプトのおう助産婦じょさんぷたちをしてった、「あなたがたはなぜこのようなことをして、おとこかしておいたのか」。

    19 助産婦じょさんぷたちはパロにった、「ヘブルのおんなはエジプトのおんなとはちがい、彼女かのじょたちはすこやかで助産婦じょさんぷまえんでしまいます」。

    20 それでかみ助産婦じょさんぷたちにめぐみをほどこされた。そしてたみはふえ、非常ひじょうつよくなった。

    21 助産婦じょさんぷたちはかみをおそれたので、かみ彼女かのじょたちのいえさかえさせられた。

    22 そこでパロはそのすべてのたみめいじてった、「ヘブルびとにおとこうまれたならば、みなナイルかわげこめ。しかしおんなはみなかしておけ」。