聖典
出エジプト記39
戻る 次へ

第39章

1 かれらはあおいとむらさきいといとで、聖所せいじょつとめのための編物あみものふくつくった。またアロンのためにせいなるふくつくった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

2 また金糸きんしあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしでエポデをつくった。

3 またきんべていたとし、これをっていととし、あおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしまじえて、たくみな細工さいくとした。

4 また、これがためにかたひもをつくってこれにつけ、その両端りょうはしでこれにつけた。

5 エポデのうえで、これをつかねるおびは、おなじきれで、おなじように、金糸きんしあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしつくった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

6 また、しまめのうを細工さいくして、金糸きんしあみ細工ざいくにはめ、これにいん彫刻ちょうこくするように、イスラエルのたちのきざみ、

7 これをエポデのかたひもにつけて、イスラエルのたちの記念きねんいしとした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

8 また胸当むねあてたくみなわざをもって、エポデのつくりのようにつくった。すなわち金糸きんしあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしつくった。

9 胸当むねあては二つにって四かくにした。すなわち二つにって、ながさを一ゆびあたりとし、はばも一ゆびあたりとした。

10 そのなか宝石ほうせきれつをはめた。すなわち、こう玉髄ぎょくずいかんらんいし水晶すいしょうれつだいれつとし、

11 だいれつは、ざくろいし、るり、あかしまめのう、

12 だいれつ水晶すいしょう、めのう、むらさき水晶すいしょう

13 だいれつ碧玉へきぎょくしまめのう、碧玉へきぎょくであって、これらをきんあみ細工ざいくなかにはめんだ。

14 その宝石ほうせきはイスラエルのたちのにしたがい、そのひとしく十二とし、おのおのいん彫刻ちょうこくのように、十二部族ぶぞくのためにそのきざんだ。

15 またひも細工ざいくにねじた純金じゅんきんのくさりを胸当むねあてにつけた。

16 またきんの二つのあみ細工ざいくと、二つのきんかんとをつくり、その二つのかん胸当むねあて両端りょうはしにつけた。

17 かの二すじきんのひもを胸当むねあてはしの二つのかんにつけた。

18 ただし、その二すじのひもの両端りょうはしを、かの二つのあみ細工ざいくにつけ、エポデのかたひもにつけてまえにくるようにした。

19 また二つのきんかんつくって、これを胸当むねあて両端りょうはしにつけた。すなわちエポデにせっする内側うちがわふちにこれをつけた。

20 またきんかん二つをつくって、これをエポデの二つのかたひものした部分ぶぶんにつけ、まえほうで、そのつなぎちかく、エポデのおびうえほうにくるようにした。

21 胸当むねあてあおひもをもって、そのかんをエポデのかんむすびつけ、エポデのおびうえほうにくるようにした。こうして、胸当むねあてがエポデからはなれないようにした。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

22 またエポデにぞくする上服うわふくは、すべて青地あおじ織物おりものつくった。

23 上服うわふくくちはそのまんなかにあって、そのくち周囲しゅういには、よろいのえりのようにふちをつけて、ほころびないようにした。

24 上服うわふくのすそにはあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしで、ざくろをつくりつけ、

25 また純金じゅんきんすずつくり、そのすず上服うわふくのすその周囲しゅういの、ざくろとざくろとのあいだにつけた。

26 すなわちすずにざくろ、すずにざくろと、つとめ上服うわふくのすその周囲しゅういにつけた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

27 またアロンとそのたちのために、亜麻あまいとったしたふくつくり、

28 亜麻あまぬの帽子ぼうしつくり、亜麻あまぬのうるわしいとうぬのつくり、亜麻あま撚糸ねんしぬので、したばきをつくり、

29 亜麻あま撚糸ねんしおよびあおいとむらさきいといとで、いろとりどりにったおびつくった。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

30 また純金じゅんきんをもって、せいなるかんむりまえいたつくり、いん彫刻ちょうこくのように、そのうえに「しゅせいなるもの」という文字もじき、

31 これにあおひもをつけて、それを帽子ぼうしうえむすびつけた。しゅがモーセにめいじられたとおりである。

32 こうして会見かいけん天幕てんまくなる幕屋まくやの、もろもろの工事こうじおわった。イスラエルの人々ひとびとはすべてしゅがモーセにめいじられたようにおこなった。

33 かれらは幕屋まくや天幕てんまくおよびそのもろもろのうつわをモーセのもとにたずさえてきた。すなわち、そのこま、そのわく、その横木よこぎ、そのはしら、その

34 あかねめの雄羊おひつじかわのおおい、じゅごんのかわのおおい、へだての垂幕たれまく

35 あかしのはこと、そのさお、贖罪所しょくざいしょ

36 つくえと、そのもろもろのうつわそなえのパン、

37 純金じゅんきん燭台しょくだいと、そのともしびざら、すなわちれつならべるともしびざらと、そのもろもろのうつわ、およびそのともしあぶら

38 きん祭壇さいだんそそあぶらこうばしい薫香くんこう幕屋まくや入口いりぐちのとばり、

39 青銅せいどう祭壇さいだん、その青銅せいどう格子こうしと、そのさお、およびそのもろもろのうつわ洗盤せんばんとそのだい

40 にわのあげばり、そのはしらとそのにわもんのとばり、そのひもとそのくぎ、また会見かいけん天幕てんまく幕屋まくやもちいるもろもろのうつわ

41 聖所せいじょつとめをなす編物あみものふく、すなわち祭司さいしつとめをなすための祭司さいしアロンのせいなるふくおよびそのたちのふく

42 イスラエルの人々ひとびとは、すべてしゅがモーセにめいじられたように、そのすべての工事こうじをした。

43 モーセがそのすべての工事こうじると、かれらはしゅめいじられたとおりに、それをなしとげていたので、モーセはかれらを祝福しゅくふくした。