出エジプト記38
    脚注
    Theme

    第38章

    1 またアカシヤざい燔祭はんさい祭壇さいだんつくった。ながさ五キュビト、はば五キュビトの四かくで、たかさは三キュビトである。

    2 その四すみのうえに、その一部いちぶとし、それのつのつくり、青銅せいどう祭壇さいだんをおおった。

    3 また祭壇さいだんのもろもろのうつわ、すなわち、つぼ、十能じゅうのうはちにくまた火皿ひざらつくった。そのすべてのうつわ青銅せいどうつくった。

    4 また祭壇さいだんのために、青銅せいどうあみ細工ざいく格子こうしつくり、これを祭壇さいだん出張でばりのしたりつけて、祭壇さいだんたかさのなかばにたっするようにした。

    5 また青銅せいどう格子こうしの四すみのために、かん四つをて、さおをとおところとした。

    6 アカシヤざいで、そのさおをつくり、青銅せいどうでこれをおおい、

    7 そのさおを祭壇さいだん両側りょうがわにあるかんとおして、それをかつぐようにした。祭壇さいだんいたをもって、空洞くうどうつくった。

    8 また洗盤せんばんと、そのだい青銅せいどうつくった。すなわち会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちつとめをなすおんなたちのかがみをもってつくった。

    9 またにわつくった。その南側みなみがわのために百キュビトの亜麻あま撚糸ねんしにわのあげばりをもうけた。

    10 そのはしらは二十、そのはしらの二十の青銅せいどうで、そのはしらこまけたぎんとした。

    11 また北側きたがわのためにも百キュビトのあげばりをもうけた。そのはしら二十、そのはしらの二十の青銅せいどうで、そのはしらこまけたぎんとした。

    12 また西側にしがわのために、五十キュビトのあげばりをもうけた。そのはしらは十、そのも十で、そのはしらこまけたぎんとした。

    13 また東側ひがしがわのためにも、五十キュビトのあげばりをもうけた。

    14 その一方いっぽうに十五キュビトのあげばりをもうけた。そのはしらは三つ、そのも三つ。

    15 また一方いっぽうにも、おなじようにした。すなわちにわもんのこなたかなたともに、十五キュビトのあげばりをもうけた。そのはしらは三つ、そのも三つ。

    16 にわ周囲しゅういのあげばりはみな亜麻あま撚糸ねんしである。

    17 はしら青銅せいどうはしらこまけたとはぎんはしらあたまのおおいもぎんである。にわはしらはみなぎんけたつらねた。

    18 にわもんのとばりはあおいとむらさきいといと亜麻あま撚糸ねんしで、いろとりどりにったものであった。ながさは二十キュビト、はばなるたかさは五キュビトで、にわのあげばりとひとしかった。

    19 そのはしらは四つ、そのも四つで、ともに青銅せいどう。そのこまぎんはしらあたまのおおいとけたぎんである。

    20 ただし、幕屋まくやおよび、その周囲しゅういにわくぎはみな青銅せいどうであった。

    21 幕屋まくや、すなわちあかしの幕屋まくやもちいたもの総計そうけいつぎのとおりである。すなわちモーセのいのちしたがい、祭司さいしアロンのイタマルがレビびとをもちいてはかったものである。

    22 ユダの部族ぶぞくぞくするホルのなるウリのベザレルは、しゅがモーセにめいじられたことをことごとくした。

    23 ダンの部族ぶぞくぞくするアヒサマクのアホリアブはかれともにあって彫刻ちょうこくおりをなし、またあおいとむらさきいといと亜麻あまいとで、縫取ぬいとりをするものであった。

    24 聖所せいじょのもろもろの工作こうさくもちいたすべてのきん、すなわち、ささげものなるきん聖所せいじょのシケルで、二十九タラント七百三十シケルであった。

    25 会衆かいしゅうのうちのかぞえられたもののささげたぎん聖所せいじょのシケルで、百タラント千七百七十五シケルであった。

    26 これはひとりあたり一ベカ、すなわち聖所せいじょのシケルのはんシケルであって、すべて二十さい以上いじょうかぞえられたものが六十万三千五百五十にんであったからである。

    27 聖所せいじょ垂幕たれまくとをるためにもちいたぎんは百タラントであった。すなわち百につき百タラント、一につき一タラントである。

    28 また千七百七十五シケルではしらこまつくり、またはしらあたまをおおい、はしらのためにけたつくった。

    29 ささげものなる青銅せいどうは七十タラント二千四百シケルであった。

    30 これをもちいて会見かいけん幕屋まくや入口いりぐち青銅せいどう祭壇さいだんと、それにつく青銅せいどう格子こうし、および祭壇さいだんのもろもろのうつわつくった。

    31 またにわ周囲しゅういにわもん、および幕屋まくやのもろもろのくぎと、にわ周囲しゅういのもろもろのくぎつくった。