出エジプト記9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 しゅはモーセにわれた、「パロのもとにって、かれいなさい、『ヘブルびとのかみしゅはこうおおせられる、「わたしのたみらせて、わたしにつかえさせなさい。

    2 あなたがもしかれらをらせることをこばんで、なおかれらをめおくならば、

    3 しゅもっとはげしい疫病えきびょうをもって、にいるあなたの家畜かちく、すなわちうま、ろば、らくだ、うしひつじうえのぞむであろう。

    4 しかし、しゅはイスラエルの家畜かちくと、エジプトの家畜かちく区別くべつされ、すべてイスラエルの人々ひとびとぞくするものには一とうぬものがないであろう」と』」。

    5 しゅは、また、ときさだめておおせられた、「あす、しゅはこのことをくにおこなうであろう」。

    6 あくるしゅはこのことをおこなわれたので、エジプトびとの家畜かちくはみなんだ。しかし、イスラエルの人々ひとびと家畜かちくは一とうななかった。

    7 パロはひとをつかわしてさせたが、イスラエルの家畜かちくは一とうんでいなかった。それでもパロのこころはかたくなで、たみらせなかった。

    8 しゅはモーセとアロンにわれた、「あなたがたは、かまどのすすをりょういっぱいり、それをモーセはパロのまえてんにむかって、まきらしなさい。

    9 それはエジプトの全国ぜんこくにわたって、こまかいちりとなり、エジプト全国ぜんこくひとけものいて、うみのるはれものとなるであろう」。

    10 そこでかれらは、かまどのすすをってパロのまえち、モーセはてんにむかってこれをまきらしたので、ひとけものいて、うみのるはれものとなった。

    11 魔術まじゅつらは、はれもののためにモーセのまえつことができなかった。はれものが魔術まじゅつらと、すべてのエジプトびとにしょうじたからである。

    12 しかし、しゅはパロのこころをかたくなにされたので、かれしゅがモーセにかたられたように、かれらのうことをかなかった。

    13 しゅはまたモーセにわれた、「あさはやき、パロのまえって、かれいなさい、『ヘブルびとのかみしゅはこうおおせられる、「わたしのたみらせて、わたしにつかえさせなさい。

    14 わたしは、こんどは、もろもろのわざわいを、あなたと、あなたの家来けらいと、あなたのたみにくだし、わたしにならぶものがぜんにないことをらせるであろう。

    15 わたしがもし、をさしべ、疫病えきびょうをもって、あなたと、あなたのたみっていたならば、あなたはからほろぼされていたであろう。

    16 しかし、わたしがあなたをながらえさせたのは、あなたにわたしのちからさせるため、そして、わたしのぜんつたえられるためにほかならない。

    17 それに、あなたはなお、わたしのたみにむかって、おのれをたかくし、かれらをらせようとしない。

    18 ゆえに、あすのいまごろ、わたしはおそろしくおおきなひょうらせるであろう。それはエジプトのくにはじまったからいままで、かつてなかったほどのものである。

    19 それゆえ、いま、ひとをやって、あなたの家畜かちくと、あなたがにもっているすべてのものを、のがれさせなさい。ひとけものも、すべてにあっていえかえらないものはひょうたれてぬであろう」と』」。

    20 パロの家来けらいのうち、しゅ言葉ことばをおそれるものは、そのしもべと家畜かちくいえにのがれさせたが、

    21 しゅ言葉ことばにとめないものは、そのしもべと家畜かちくのこしておいた。

    22 しゅはモーセにわれた、「あなたのてんにむかってさしべ、エジプトの全国ぜんこくにわたって、エジプトのにいるひとけものはたけのすべての青物あおものうえひょうらせなさい」。

    23 モーセがてんにむかってつえをさしべると、しゅかみなりひょうをおくられ、にむかって、はせくだった。こうしてしゅは、ひょうをエジプトのらされた。

    24 そしてひょうり、ひょうあいだがひらめきわたった。ひょうおそろしくおおきく、エジプト全国ぜんこくには、くにをなしてこのかた、かつてないものであった。

    25 ひょうはエジプト全国ぜんこくにわたって、すべてはたけにいるひとけものった。ひょうはまたはたけのすべての青物あおものち、のもろもろのくだいた。

    26 ただイスラエルの人々ひとびとのいたゴセンのには、ひょうらなかった。

    27 そこで、パロはひとをつかわし、モーセとアロンをしてった、「わたしはこんどはつみおかした。しゅただしく、わたしと、わたしのたみわるい。

    28 しゅ祈願きがんしてください。このかみなりひょうはもうじゅうぶんです。わたしはあなたがたをらせます。もはやとどまらなくてもよろしい」。

    29 モーセはかれった、「わたしはまちると、すぐ、しゅにむかってわたしのべひろげます。するとかみなりはやみ、ひょうはもはやらなくなり、あなたは、しゅのものであることをられましょう。

    30 しかし、あなたとあなたの家来けらいたちは、なお、かみなるしゅおそれないことを、わたしはっています」。

    31 ——亜麻あま大麦おおむぎたおされた。大麦おおむぎし、亜麻あまはないていたからである。

    32 小麦こむぎとスペルタむぎはおくてであるためたおされなかった。——

    33 モーセはパロのもとをり、まちて、しゅにむかってべひろげたので、かみなりひょうはやみ、あめらなくなった。

    34 ところがパロはあめひょうかみなりがやんだのをて、またもつみおかし、こころをかたくなにした。かれ家来けらいも、そうであった。

    35 すなわちパロはこころをかたくなにし、しゅがモーセによってかたられたように、イスラエルの人々ひとびとらせなかった。