出エジプト記34
    脚注
    Theme

    第34章

    1 しゅはモーセにわれた、「あなたはまえのようないしいたまいを、ってつくりなさい。わたしはあなたがくだいたはじめのいたにあった言葉ことばを、そのいたくであろう。

    2 あなたはあさまでにそなえをし、あさのうちにシナイさんのぼって、やまいただきでわたしのまえちなさい。

    3 だれもあなたととものぼってはならない。また、だれもやまなかにいてはならない。またやままえひつじうしっていてはならない」。

    4 そこでモーセはまえのようないしいたまいを、ってつくり、あさはやきて、しゅかれめいじられたようにシナイさんのぼった。かれはそのいしいたまいをとった。

    5 ときにしゅくもなかにあってくだり、かれともにそこにってしゅべられた。

    6 しゅかれまえぎてべられた。「しゅしゅ、あわれみあり、めぐみあり、いかることおそく、いつくしみと、まこととのゆたかなるかみ

    7 いつくしみを千だいまでもほどこし、あくと、とがと、つみとをゆるすもの、しかし、ばつすべきものをばけっしてゆるさず、ちちつみむくい、むくいて、三、四だいにおよぼすもの」。

    8 モーセはいそしてはいし、

    9 そしてった、「ああしゅよ、わたしがもし、あなたのまえめぐみをますならば、かたくななたみですけれども、どうかしゅがわたしたちのうちにあって一緒いっしょってください。そしてわたしたちのあくつみとをゆるし、わたしたちをあなたのものとしてください」。

    10 しゅわれた、「よ、わたしは契約けいやくむすぶ。わたしはのいずこにも、いかなるたみのうちにも、いまだおこなわれたことのない不思議ふしぎを、あなたのすべてのたみまえおこなうであろう。あなたがともたみはみな、しゅのわざをるであろう。わたしがあなたのためになそうとすることは、おそるべきものだからである。

    11 わたしが、きょう、あなたにめいじることをまもりなさい。よ、わたしはアモリびと、カナンびと、ヘテびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとを、あなたのまえからはらうであろう。

    12 あなたがくにんでいるものと、契約けいやくむすばないように、をつけなければならない。おそらくかれらはあなたのうちにあって、わなとなるであろう。

    13 むしろあなたがたは、かれらの祭壇さいだんたおし、いしはしらくだき、アシラぞうたおさなければならない。

    14 あなたはかみおがんではならない。しゅはそのを『ねたみ』とって、ねたむかみだからである。

    15 おそらくあなたはそのくにもの契約けいやくむすび、かれらの神々かみがみしたって姦淫かんいんおこない、その神々かみがみ犠牲ぎせいをささげ、まねかれてかれらの犠牲ぎせいべ、

    16 またそのむすめたちを、あなたのむすこたちにめとり、そのむすめたちが自分じぶんたちの神々かみがみしたって姦淫かんいんおこない、また、あなたのむすこたちをして、かれらの神々かみがみしたわせ、姦淫かんいんおこなわせるにいたるであろう。

    17 あなたは自分じぶんのために鋳物いもの神々かみがみつくってはならない。

    18 あなたはたねれぬパンのまつりまもらなければならない。すなわち、わたしがあなたにめいじたように、アビブのつきさだめのときに、七日なぬかのあいだ、たねれぬパンをべなければならない。あなたがアビブのつきにエジプトをたからである。

    19 すべてはじめにうまれるものは、わたしのものである。すべてあなたの家畜かちくのういごのおすは、うしひつじもそうである。

    20 ただし、ろばのういごは小羊こひつじであがなわなければならない。もしあがなわないならば、そのくびらなければならない。あなたのむすこのうちのういごは、みなあがなわなければならない。むなしでわたしのまえてはならない。

    21 あなたは六のあいだはたらき、七日なぬかにはやすまなければならない。たがやどきにも、刈入かりいどきにもやすまなければならない。

    22 あなたは七しゅうまつり、すなわち小麦こむぎりの初穂はつほまつりおこなわなければならない。またねんおわりにれのまつりおこなわなければならない。

    23 ねんに三男子だんしはみなしゅなるかみ、イスラエルのかみまえなければならない。

    24 わたしは国々くにぐにたみをあなたのまえからはらって、あなたのさかいひろくするであろう。あなたがねんに三のぼって、あなたのかみしゅまえときには、だれもあなたのくにおかすことはないであろう。

    25 あなたは犠牲ぎせいを、たねれたパンとともそなえてはならない。また過越すぎこしまつり犠牲ぎせいを、翌朝よくあさまでのこしていてはならない。

    26 あなたの土地とち初穂はつほもっといものを、あなたのかみしゅいえたずさえてこなければならない。あなたはやぎをそのははちちてはならない」。

    27 またしゅはモーセにわれた、「これらの言葉ことばきしるしなさい。わたしはこれらの言葉ことばもとづいて、あなたおよびイスラエルと契約けいやくむすんだからである」。

    28 モーセはしゅともに、四十にち四十、そこにいたが、パンもべず、みずまなかった。そしてかれ契約けいやく言葉ことば十誡じっかいいたうえいた。

    29 モーセはそのあかしのいたまいにして、シナイさんからくだったが、そのやまくだったとき、モーセは、さきにしゅかたったゆえに、かおかわひかりはなっているのをらなかった。

    30 アロンとイスラエルの人々ひとびととがみな、モーセをると、かれかおかわひかりはなっていたので、かれらはおそれてこれにちかづかなかった。

    31 モーセはかれらをんだ。アロンと会衆かいしゅうのかしらたちとがみな、モーセのもとにかえってきたので、モーセはかれらとかたった。

    32 そののち、イスラエルの人々ひとびとがみなちかよったので、モーセはしゅがシナイさんかれかたられたことを、ことごとくかれらにさとした。

    33 モーセはかれらとかたえたときかおおおいをかおてた。

    34 しかしモーセはしゅまえってしゅかたときは、るまでかおおおいをのぞいていた。そしてると、そのめいじられたことをイスラエルのひとひとげた。

    35 イスラエルの人々ひとびとはモーセのかおると、モーセのかおかわひかりはなっていた。モーセはってしゅかたるまで、またかおおおいをかおてた。