出エジプト記16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうはエリムを出発しゅっぱつし、エジプトのて二かげつの十五にちに、エリムとシナイとのあいだにあるシンの荒野あらのにきたが、

    2 その荒野あらのでイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうは、モーセとアロンにつぶやいた。

    3 イスラエルの人々ひとびとかれらにった、「われわれはエジプトので、にくのなべのかたわらにし、きるほどパンをべていたときに、しゅにかかってんでいたらかった。あなたがたは、われわれをこの荒野あらのみちびして、ぜん会衆かいしゅう餓死がしさせようとしている」。

    4 そのときしゅはモーセにわれた、「よ、わたしはあなたがたのために、てんからパンをらせよう。たみ日々ひびぶんごとにあつめなければならない。こうしてかれらがわたしの律法りっぽうしたがうかどうかをこころみよう。

    5 には、かれらがれたものを調理ちょうりすると、それはごとにあつめるものの二ばいあるであろう」。

    6 モーセとアロンは、イスラエルのすべての人々ひとびとった、「夕暮ゆうぐれには、あなたがたは、エジプトのからあなたがたをみちびされたのが、しゅであることをるであろう。

    7 また、あさには、あなたがたはしゅ栄光えいこうるであろう。しゅはあなたがたがしゅにむかってつぶやくのをかれたからである。あなたがたは、いったいわれわれを何者なにものとして、われわれにむかってつぶやくのか」。

    8 モーセはまたった、「しゅ夕暮ゆうぐれにはあなたがたににくあたえてべさせ、あさにはパンをあたえてらせられるであろう。しゅはあなたがたが、しゅにむかってつぶやくつぶやきをかれたからである。いったいわれわれは何者なにものなのか。あなたがたのつぶやくのは、われわれにむかってでなく、しゅにむかってである」。

    9 モーセはアロンにった、「イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅういなさい、『あなたがたはしゅまえちかづきなさい。しゅがあなたがたのつぶやきをかれたからである』と」。

    10 それでアロンがイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうかたったとき、かれらが荒野あらのほうのぞむと、よ、しゅ栄光えいこうくものうちにあらわれていた。

    11 しゅはモーセにわれた、

    12 「わたしはイスラエルの人々ひとびとのつぶやきをいた。かれらにいなさい、『あなたがたはゆうにはにくべ、あさにはパンにりるであろう。そうしてわたしがあなたがたのかみしゅであることをるであろう』と」。

    13 ゆうべになると、うずらがんできて宿営しゅくえいをおおった。また、あさになると、宿営しゅくえい周囲しゅういつゆりた。

    14 そのりたつゆがかわくと、荒野あらのめんには、うすいうろこのようなものがあり、ちょうどむすうすしものようであった。

    15 イスラエルの人々ひとびとはそれをたがいった、「これはなんであろう」。かれらはそれがなんであるのからなかったからである。モーセはかれらにった、「これはしゅがあなたがたの食物しょくもつとしてたまわるパンである。

    16 しゅめいじられるのはこうである、『あなたがたは、おのおのそのべるところにしたがってそれをあつめ、あなたがたの人数にんずうしたがって、ひとり一オメルずつ、おのおのその天幕てんまくにおるもののためにそれをりなさい』と」。

    17 イスラエルの人々ひとびとはそのようにして、あるものおおく、あるものすくなくあつめた。

    18 しかし、オメルでそれをはかってみると、おおあつめたものにもあまらず、すくなくあつめたものにも不足ふそくしなかった。おのおのそのべるところにしたがってあつめていた。

    19 モーセはかれらにった、「だれもあさまでそれをのこしておいてはならない」。

    20 しかしかれらはモーセにしたがわないで、あるものあさまでそれをのこしておいたが、むしがついてくさくなった。モーセはかれらにむかっていかった。

    21 かれらは、おのおのそのべるところにしたがって、あさごとにそれをあつめたが、あつくなるとそれはけた。

    22 には、かれらは二ばいのパン、すなわちひとりに二オメルをあつめた。そこで、会衆かいしゅうちょうたちはみなきて、モーセにげたが、

    23 モーセはかれらにった、「しゅかたられたのはこうである、『あすはしゅせい安息日あんそくにちやすみである。きょう、こうとするものをき、ようとするものをなさい。のこったものはみなあさまでたくわえて保存ほぞんしなさい』と」。

    24 かれらはモーセのめいじたように、それをあさまで保存ほぞんしたが、くさくならず、またむしもつかなかった。

    25 モーセはった、「きょう、それをべなさい。きょうはしゅ安息日あんそくにちであるから、きょうはでそれをられないであろう。

    26 あいだはそれをあつめなければならない。七日なぬか安息日あんそくにちであるから、そのにはいであろう」。

    27 ところがたみのうちには、七日なぬかあつめようとしたものがあったが、られなかった。

    28 そこでしゅはモーセにわれた、「あなたがたは、いつまでわたしのいましめと、律法りっぽうとをまもることをこばむのか。

    29 よ、しゅはあなたがたに安息日あんそくにちあたえられた。ゆえに六には、ふつかぶんのパンをあなたがたにたまわるのである。おのおのそのところにとどまり、七日なぬかにはそのところからてはならない」。

    30 こうしてたみ七日なぬかやすんだ。

    31 イスラエルのいえはそのものをマナとんだ。それはコエンドロののようでしろく、そのあじみつれたせんべいのようであった。

    32 モーセはった、「しゅめいじられることはこうである、『それを一オメルあなたがたの子孫しそんのためにたくわえておきなさい。それはわたしが、あなたがたをエジプトのからみちびしたとき荒野あらのであなたがたにべさせたパンをかれらにさせるためである』と」。

    33 そしてモーセはアロンにった「一つのつぼをり、マナ一オメルをそのなかれ、それをしゅまえいて、子孫しそんのためにたくわえなさい」。

    34 そこでしゅがモーセにめいじられたように、アロンはそれをあかしのはこまえいてたくわえた。

    35 イスラエルの人々ひとびとひとくまで四十ねんあいだマナをべた。すなわち、かれらはカナンのさかいいたるまでマナをべた。

    36 一オメルは一エパの十ぶんの一である。