出エジプト記37
    脚注
    Theme

    第37章

    1 ベザレルはアカシヤざいはこつくった。ながさは二キュビトはんはばは一キュビトはんたかさは一キュビトはんである。

    2 純金じゅんきんで、うちそとをおおい、その周囲しゅういきんかざふちつくった。

    3 またきんかん四つをて、その四すみにりつけた。すなわち二つのかんをこちらがわに、二つのかんをあちらがわりつけた。

    4 またアカシヤざいのさおをつくり、きんでこれをおおい、

    5 そのさおをはこ側面そくめんかんとおして、はこをかつぐようにした。

    6 また純金じゅんきん贖罪所しょくざいしょつくった。ながさは二キュビトはんはばは一キュビトはんである。

    7 またきんで、二つのケルビムをつくった。すなわち、これを打物うちものつくりとし、贖罪所しょくざいしょ両端りょうはしいた。

    8 一つのケルブをこのはしに、一つのケルブをかのはしいた。すなわちケルビムを贖罪所しょくざいしょ一部いちぶとして、その両端りょうはしつくった。

    9 ケルビムはつばさたかべ、そのつばさ贖罪所しょくざいしょをおおい、かおたがいかいった。すなわちケルビムのかお贖罪所しょくざいしょかっていた。

    10 またアカシヤざいで、つくえつくった。ながさは二キュビト、はばは一キュビト、たかさは一キュビトはんである。

    11 純金じゅんきんでこれをおおい、その周囲しゅういきんかざふちつくった。

    12 またその周囲しゅういはばさんつくり、その周囲しゅういさんきんかざふちつくった。

    13 またこれがためにきんかん四つをて、その四つのあしのすみ四かしょにそのかんりつけた。

    14 そのかんさんのわきにあって、つくえをかつぐさおをれるところとした。

    15 またアカシヤざいで、つくえをかつぐさおをつくり、きんでこれをおおった。

    16 またつくえうえうつわ、すなわちそのさら乳香にゅうこうはいおよび灌祭かんさいそそぐためのはちびんとを純金じゅんきんつくった。

    17 また純金じゅんきん燭台しょくだいつくった。すなわち打物うちものつくりで燭台しょくだいつくり、そのだいみきがくふしはなを一つにつらねた。

    18 また六つのえだをそのわきからさせた。すなわち燭台しょくだいの三つのえだをこのがわから、燭台しょくだいの三つのえだをかのがわからさせた。

    19 あめんどうのはなかたちをした三つのがくが、ふしはなとをもって、このえだにあり、また、あめんどうのはなかたちをした三つのがくが、ふしはなとをもって、かのえだにあり、燭台しょくだいからる六つのえだをみなそのようにした。

    20 また燭台しょくだいみきには、あめんどうのはなかたちをした四つのがくを、そのふしはなとをもたせてりつけた。

    21 また二つのえだしたに一つのふしりつけ、つぎの二つのえだしたに一つのふしりつけ、さらにつぎの二つのえだしたに一つのふしりつけ、燭台しょくだいみきからる六つのえだに、みなそのようにした。

    22 それらのふしえだを一つにつらね、ことごとく純金じゅんきん打物うちものつくりとした。

    23 また、それのともしびざら七つと、そのしんりばさみと、しんざらとを純金じゅんきんつくった。

    24 すなわち純金じゅんきん一タラントをもって、燭台しょくだいとそのすべてのうつわとをつくった。

    25 またアカシヤざいこう祭壇さいだんつくった。ながさ一キュビト、はば一キュビトの四かくにし、たかさ二キュビトで、これにその一部いちぶとしてつのをつけた。

    26 そして、そのいただき、その周囲しゅうい側面そくめん、そのつの純金じゅんきんでおおい、その周囲しゅういきんかざふちつくった。

    27 また、その両側りょうがわに、かざふちしたきんかん二つを、そのためにつくった。すなわちその二つのがわにこれをつくった。これはそれをかつぐさおをとおところである。

    28 そのさおはアカシヤざいつくり、きんでこれをおおった。

    29 また香料こうりょうつくるわざにしたがって、せいなるそそあぶら純粋じゅんすい香料こうりょう薫香くんこうとをつくった。