サムエル記下16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 ダビデがやまいただきぎて、すこしったとき、メピボセテのしもべヂバは、くらをいた二とうのろばをき、そのうえにパン二百ほしぶどう百ふさ、なつのくだもの一百、ぶどうしゅふくろせてきてダビデをむかえた。

    2 おうはヂバにった、「あなたはどうしてこれらのものをってきたのですか」。ヂバはこたえた、「ろばはおう家族かぞくるため、パンとなつのくだものは若者わかものたちがべるため、ぶどうしゅ荒野あらのよわったものむためです」。

    3 おうった、「あなたの主人しゅじんはどこにおるのですか」。ヂバはおうった、「エルサレムにとどまっています。かれは、『イスラエルのいえはきょう、わたしのちちくにをわたしにかえすであろう』とおもったのです」。

    4 おうはヂバにった、「よ、メピボセテのものはことごとくあなたのものです」。ヂバはった、「わたしは敬意けいいあらわします。わがしゅおうよ、あなたのまえにいつまでもめぐみをさせてください」。

    5 ダビデおうがバホリムにきたとき、サウルのいえ一族いちぞくものがひとりそこからてきた。そのをシメイといい、ゲラのである。かれてきながらえずのろった。

    6 そしてかれはダビデとダビデおうのもろもろの家来けらいかっていしげた。そのときたみ勇士ゆうしたちはみなおう左右さゆうにいた。

    7 シメイはのろうときにこうった、「ながひとよ、よこしまなひとよ、れ、れ。

    8 あなたがかわっておうとなったサウルのいえをすべてしゅがあなたにむくいられたのだ。しゅ王国おうこくをあなたのアブサロムのわたされた。よ、あなたはながひとだから、わざわいうのだ」。

    9 ときにゼルヤのアビシャイはおうった、「このんだいぬがどうしてわがしゅおうをのろってよかろうか。わたしに、ってかれくびらせてください」。

    10 しかしおうった、「ゼルヤのたちよ、あなたがたと、なんのかかわりがあるのか。かれがのろうのは、しゅかれに、『ダビデをのろえ』とわれたからであるならば、だれが、『あなたはどうしてこういうことをするのか』とってよいであろうか」。

    11 ダビデはまたアビシャイと自分じぶんのすべての家来けらいとにった、「わたしのからたわががわたしのいのちもとめている。いま、このベニヤミンびととしてはなおさらだ。かれゆるしてのろわせておきなさい。しゅかれめいじられたのだ。

    12 しゅはわたしのなやみをかえりみてくださるかもしれない。またしゅはきょうかれののろいにかえて、わたしにぜんむくいてくださるかもれない」。

    13 こうしてダビデとその従者じゅうしゃたちとはみちったが、シメイはダビデにならんでかいのやま中腹ちゅうふくき、きながらのろい、またかれかっていしや、ちりをげつけた。

    14 おうおよびともにいるたみはみなつかれてヨルダンにき、かれはそのところいきをついだ。

    15 さてアブサロムとすべてのたみ、イスラエルの人々ひとびとはエルサレムにきた。アヒトペルもアブサロムとともにいた。

    16 ダビデのともであるアルキびとホシャイがアブサロムのもとにきたとき、ホシャイはアブサロムに「おう万歳ばんざいおう万歳ばんざい」とった。

    17 アブサロムはホシャイにった、「これはあなたがそのともしめ真実しんじつなのか。あなたはどうしてあなたのとも一緒いっしょかなかったのか」。

    18 ホシャイはアブサロムにった、「いいえ、しゅとこのたみとイスラエルのすべての人々ひとびとえらんだものにわたしはぞくし、かつそのひと一緒いっしょにおります。

    19 かつまたわたしはだれにつかえるべきですか。そのまえつかえるべきではありませんか。あなたのちちまえつかえたように、わたしはあなたのまえつかえます」。

    20 そこでアブサロムはアヒトペルにった、「あなたがたは、われわれがどうしたらよいのか、はかりごとをべなさい」。

    21 アヒトペルはアブサロムにった、「あなたのちちいえまもるためにのこされた、めかけたちのところにはいりなさい。そうすればイスラエルはみなあなたが父上ちちうえにくまれることをくでしょう。そしてあなたと一緒いっしょにいるものつよくなるでしょう」。

    22 こうしてかれらがアブサロムのために屋上おくじょう天幕てんまくったので、アブサロムはぜんイスラエルのまえちちのめかけたちのところにはいった。

    23 そのころアヒトペルがさづけるはかりごとはひとかみのみげをうかがうようであった。アヒトペルのはかりごとはみなダビデにもアブサロムにもともにそのようにおもわれた。