サムエル記下20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 さて、そのところにひとりのよこしまなひとがあって、をシバといった。ビクリので、ベニヤミンびとであった。かれはラッパをいてった、「われわれはダビデのうちにぶんがない。またエッサイののうちにぎょうたない。イスラエルよ、おのおのその天幕てんまくかえりなさい」。

    2 そこでイスラエルの人々ひとびとみなダビデにしたがことをやめて、ビクリのシバにしたがった。しかしユダの人々ひとびとはそのおうにつきしたがって、ヨルダンからエルサレムへった。

    3 ダビデはエルサレムの自分じぶんいえにきた。そしておういえまもるためにのこしておいた十にんのめかけたちをって、一つのいえれてまもり、またやしなったが、彼女かのじょたちのところには、はいらなかった。彼女かのじょたちはまでじこめられ一生いっしょう寡婦かふとしてすごした。

    4 おうはアマサにった、「わたしのため三のうちにユダの人々ひとびとあつめて、ここにきなさい」。

    5 アマサはユダをあつめるためにったが、かれさだめられたときよりもおくれた。

    6 ダビデはアビシャイにった、「ビクリのシバはいまわれわれにアブサロムよりもおおくのがいをするであろう。あなたの主君しゅくん家来けらいたちをひきいて、かれのあとをいなさい。さもないとかれ堅固けんご町々まちまちて、われわれをなやますであろう」。

    7 こうしてヨアブとケレテびととペレテびと、およびすべての勇士ゆうしはアビシャイにしたがってた。すなわちかれらはエルサレムをて、ビクリのシバのあとをった。

    8 かれらがギベオンにある大石おおいしのところにいたとき、アマサがきてかれらにった。ときにヨアブは軍服ぐんぷくて、おびをしめ、そのうえにさやにおさめたつるぎをこしむすんでびていたが、かれすすときつるぎはちた。

    9 ヨアブはアマサに、「兄弟きょうだいよ、あなたはやすらかですか」とって、ヨアブはみぎをもってアマサのひげをとらえてかれくちづけしようとしたが、

    10 アマサはヨアブのにつるぎがあることにづかなかったので、ヨアブはそれをもってアマサの腹部ふくぶして、そのはらわたをながし、かさねてつこともなくかれころした。こうしてヨアブとその兄弟きょうだいアビシャイはビクリのシバのあとをった。

    11 ときにヨアブの若者わかもののひとりがアマサのかたわらにってった、「ヨアブに味方みかたするもの、ダビデにつくものはヨアブのあとにしたがいなさい」。

    12 アマサはんで大路おおじなかにころがっていたので、そのそばにものはみなかれちどまった。このひとたみがみなちどまるのをて、アマサを大路おおじからはたけうつし、衣服いふくをそのうえにかけた。

    13 アマサが大路おおじからうつされたので、たみみなヨアブにしたがってすすみ、ビクリのシバのあとをった。

    14 シバはイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちをとおってベテマアカのアベルにきた。ビクリびとはみなあつまってきてかれしたがった。

    15 そこでヨアブとともにいたすべての人々ひとびとがきて、かれをベテマアカのアベルにかこみ、まちかってつちるいきずいた。それはとりでにかっててられた。こうしてかれらは城壁じょうへきをくずそうとしてこれをった。

    16 そのとき、ひとりのかしこおんなまちからばわった、「あなたがたはきなさい。あなたがたはきなさい。ヨアブに、『ここにきてください。わたしはあなたにうことがあります』とってください」。

    17 かれがそのおんな近寄ちかよると、おんなは「あなたがヨアブですか」とった。かれは「そうです」とこたえた。するとおんなかれに「はしための言葉ことばをおきください」とったので、「きましょう」とかれった。

    18 そこでおんなった、「むかし人々ひとびとはいつも、『アベルでたずねなさい』とって、ことさだめました。

    19 わたしはイスラエルのうちの平和へいわな、忠誠ちゅうせいものです。そうであるのに、あなたはイスラエルのうちでははともいうべきまちほろぼそうとしておられます。どうしてしゅぎょうを、のみつくそうとされるのですか」。

    20 ヨアブはこたえた、「いいえ、けっしてそうではなく、わたしが、のみつくしたり、ほろぼしたりすることはありません。

    21 事実じじつはそうではなく、エフライムの山地さんちひとビクリのをシバというものをあげておうダビデにそむいたのです。あなたがたがかれひとりをわたすならば、わたしはこのまちります」。おんなはヨアブにった、「かれくび城壁じょうへきうえからあなたのところげられるでしょう」。

    22 こうしてこのおんな知恵ちえをもって、すべてのたみところったので、かれらはビクリのシバのくびをはねてヨアブのところした。そこでヨアブはラッパをきならしたので、人々ひとびとってまちり、おのおのいえかえった。ヨアブはエルサレムにいるおうのもとにかえった。

    23 ヨアブはイスラエルのぜんぐんちょうであった。エホヤダのベナヤはケレテびと、およびペレテびとのちょう

    24 アドラムは徴募ちょうぼにんちょう、アヒルデのヨシャパテは史官しかん

    25 シワは書記官しょきかん、ザドクとアビヤタルとは祭司さいし

    26 またヤイルびとイラはダビデの祭司さいしであった。