サムエル記下11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 はるになって、おうたちがたたかいにるにおよんで、ダビデはヨアブおよび自分じぶんともにいる家来けらいたち、ならびにイスラエルのぜんぐんをつかわした。かれらはアンモンの人々ひとびとほろぼし、ラバを包囲ほういした。しかしダビデはエルサレムにとどまっていた。

    2 さて、ある夕暮ゆうぐれ、ダビデはゆかからて、おういえ屋上おくじょうあるいていたが、屋上おくじょうから、ひとりのおんながからだをあらっているのをた。そのおんな非常ひじょううつくしかった。

    3 ダビデはひとをつかわしてそのおんなのことをさぐらせたが、あるひとった、「これはエリアムのむすめで、ヘテびとウリヤのつまバテシバではありませんか」。

    4 そこでダビデは使者ししゃをつかわして、そのおんなれてきた。おんなかれところにきて、かれはそのおんなた。(おんなけがれをきよめていたのである。)こうしておんなはそのいえかえった。

    5 おんな妊娠にんしんしたので、ひとをつかわしてダビデにげてった、「わたしはをはらみました」。

    6 そこでダビデはヨアブに、「ヘテびとウリヤをわたしのところにつかわせ」とってやったので、ヨアブはウリヤをダビデのところにつかわした。

    7 ウリヤがダビデのところにきたので、ダビデは、ヨアブはどうしているか、たみはどうしているか、たたかいはうまくいっているかとたずねた。

    8 そしてダビデはウリヤにった、「あなたのいえって、あしあらいなさい」。ウリヤはおういえていったが、おうおくものかれのちしたがった。

    9 しかしウリヤはおういえ入口いりぐち主君しゅくん家来けらいたちとともて、自分じぶんいえかえらなかった。

    10 人々ひとびとがダビデに、「ウリヤは自分じぶんいえかえりませんでした」とげたので、ダビデはウリヤにった、「たびからかえってきたのではないか。どうしていえかえらなかったのか」。

    11 ウリヤはダビデにった、「かみはこも、イスラエルも、ユダも、小屋こやなかみ、わたしの主人しゅじんヨアブと、わが主君しゅくん家来けらいたちがのおもてにじんっているのに、わたしはどうしていえかえってみし、つまることができましょう。あなたはきておられます。あなたのたましいきています。わたしはこのことをいたしません」。

    12 ダビデはウリヤにった、「きょうも、ここにとどまりなさい。わたしはあす、あなたをらせましょう」。そこでウリヤはそのつぎエルサレムにとどまった。

    13 ダビデはかれまねいて自分じぶんまえみさせ、かれわせた。夕暮ゆうぐれになってかれていって、そのゆかに、主君しゅくん家来けらいたちとともた。そして自分じぶんいえにはくだってかなかった。

    14 あさになってダビデはヨアブにあてた手紙てがみき、ウリヤのたくしてそれをおくった。

    15 かれはその手紙てがみに、「あなたがたはウリヤをはげしいたたかいの最前線さいぜんせんし、かれうしろから退しりぞいて、かれ討死うちじにさせよ」といた。

    16 ヨアブはまちかこんでいたので、勇士ゆうしたちがいるとっていた場所ばしょにウリヤをいた。

    17 まち人々ひとびとてきてヨアブとたたかったので、たみのうち、ダビデの家来けらいたちにも、たおれるものがあり、ヘテびとウリヤもんだ。

    18 ヨアブはひとをつかわしてたたかいのことをつぶさにダビデにげた。

    19 ヨアブはその使者ししゃめいじてった、「あなたがたたかいのことをつぶさにおうかたおわったとき、

    20 もしおういかりをおこして、『あなたがたはなぜたたかおうとしてそんなにまちちかづいたのか。かれらが城壁じょうへきうえからるのをらなかったのか。

    21 エルベセテのアビメレクをったのはだれか。ひとりのおんな城壁じょうへきうえからいしうすの上石うわいしげてかれをテベツでころしたのではなかったか。あなたがたはなぜそんなに城壁じょうへきちかづいたのか』とわれたならば、そのときあなたは、『あなたのしもべ、ヘテびとウリヤもまたにました』といなさい」。

    22 こうして使者ししゃき、ダビデのもとにきて、ヨアブがいつかわしたことをことごとくげた。

    23 使者ししゃはダビデにった、「てきはわれわれよりも有利ゆうり位置いちめ、てきてわれわれをめましたが、われわれはまち入口いりぐちまでかれらをかえしました。

    24 そのとき射手しゃしゅどもは城壁じょうへきからあなたの家来けらいたちをましたので、おう家来けらいのあるものに、また、あなたの家来けらいヘテびとウリヤもにました」。

    25 ダビデは使者ししゃった、「あなたはヨアブにこういなさい、『このこと心配しんぱいすることはない。つるぎはこれをもかれをもおなじくほろぼすからである。つよまちめてたたかい、それをおとしなさい』と。そしてヨアブをはげましなさい」。

    26 ウリヤのつまおっとウリヤがんだことをいて、おっとのためにかなしんだ。

    27 そのぎたとき、ダビデはひとをつかわして彼女かのじょ自分じぶんいえれた。彼女かのじょかれつまとなっておとこんだ。しかしダビデがしたこのことしゅいからせた。