サムエル記下23
    脚注
    Theme

    第23章

    1 これはダビデの最後さいご言葉ことばである。エッサイのダビデの託宣たくせん、すなわちたかげられたひと、ヤコブのかみあぶらそそがれたひと、イスラエルのうたびとの託宣たくせん

    2 しゅれいはわたしによってかたる、その言葉ことばはわたしのしたうえにある。

    3 イスラエルのかみかたられた、イスラエルのいわはわたしにわれた、『ひとただしくおさめるものかみおそれて、おさめるものは、

    4 あさひかりのように、くものないあさに、かがやきでる太陽たいようのように、若草わかくさばえさせるあめのようにひとのぞむ』。

    5 まことに、わがはそのように、かみともにあるではないか。それは、かみが、よろずそなわってたしかなとこしえの契約けいやくをわたしとむすばれたからだ。どうしてかれはわたしのすくいねがいを、みななしとげられぬことがあろうか。

    6 しかし、よこしまなひとは、いばらのようで、をもってることができないゆえ、みなともてられるであろう。

    7 これにれようとするひとてつや、やりのをもって武装ぶそうする、かれらはことごとくかれるであろう」。

    8 ダビデの勇士ゆうしたちのつぎのとおりである。タクモンびとヨセブ・バッセベテはかの三にんのうちのちょうであったが、かれはいちじに八百にんかって、やりをふるい、それをころした。

    9 かれつぎはアホアびとドドのエレアザルであって、三勇士ゆうしのひとりである。かれは、たたかおうとしてそこにあつまったペリシテびとにかってたたかいをいどみ、イスラエルの人々ひとびと退しりぞいたとき、ダビデとともにいたが、

    10 ってペリシテびとをち、ついにつかれ、がつるぎにいてはなれないほどになった。そのしゅおおいなる勝利しょうりあたえられた。たみかれのあとにかえってきて、ただころされたものをはぎるばかりであった。

    11 かれつぎはハラルびとアゲのシャンマであった。あるとき、ペリシテびとはレヒにあつまった。そこに一面いちめんにレンズまめつくった地所じしょがあった。たみはペリシテびとのまえからげたが、

    12 かれはその地所じしょなかって、これをふせぎ、ペリシテびとをころした。そしてしゅおおいなるすくいあたえられた。

    13 三十にんちょうたちのうちの三にんくだってって刈入かりいれのころに、アドラムのほらあなにいるダビデのもとにきた。ときにペリシテびとの一たいはレパイムのたにじんっていた。

    14 そのときダビデは要害ようがいにおり、ペリシテびとの先陣せんじんはベツレヘムにあったが、

    15 ダビデは、せつにのぞんで、「だれかベツレヘムのもんのかたわらにある井戸いどみずをわたしにませてくれるとよいのだが」とった。

    16 そこでその三にん勇士ゆうしたちはペリシテびとのじんとおって、ベツレヘムのもんのかたわらにある井戸いどみずって、ダビデのもとにたずさえてきた。しかしダビデはそれをもうとはせず、しゅまえにそれをそそいで、

    17 った、「しゅよ、わたしはだんじてむことをいたしません。いのちをかけてった人々ひとびとを、どうしてわたしはむことができましょう」。こうしてかれはそれをもうとはしなかった。三勇士ゆうしはこれらのことをおこなった。

    18 ゼルヤのヨアブの兄弟きょうだいアビシャイは三十にんちょうであった。かれは三百にんかって、やりをふるい、それをころした。そして、かれは三にんともた。

    19 かれは三十にんのうちもっとたっとばれたもので、かれらのちょうとなった。しかし、かの三にんにはおよばなかった。

    20 エホヤダのベナヤはカブジエル出身しゅっしん勇士ゆうしであって、おおくのてがらをてた。かれはモアブのアリエルのふたりのころした。かれはまたゆきくだっていって、あななかでししをころした。

    21 かれはまた姿すがたのうるわしいエジプトびとをころした。そのエジプトびとはにやりをっていたが、ベナヤはつえをとってそのところくだっていき、エジプトびとのからやりをもぎとって、そのやりをもってころした。

    22 エホヤダのベナヤはこれらのことをして三勇士ゆうしともた。

    23 かれは三十にんのうちに有名ゆうめいであったが、かの三にんにはおよばなかった。ダビデはかれ侍衛じえいちょうとした。

    24 三十にんのうちにあったのは、ヨアブの兄弟きょうだいアサヘル。ベツレヘム出身しゅっしんのドドのエルハナン。

    25 ハロデ出身しゅっしんのシャンマ。ハロデ出身しゅっしんのエリカ。

    26 パルテびとヘレヅ。テコア出身しゅっしんのイッケシのイラ。

    27 アナトテ出身しゅっしんのアビエゼル。ホシャびとメブンナイ。

    28 アホアびとザルモン。ネトパ出身しゅっしんのマハライ。

    29 ネトパ出身しゅっしんのバアナのヘレブ。ベニヤミンびとのギベアからたリバイのイッタイ。

    30 ピラトンのベナヤ。ガアシのたに出身しゅっしんのヒダイ。

    31 アルバテびとアビアルボン。バホリム出身しゅっしんのアズマウテ。

    32 シャルボン出身しゅっしんのエリヤバ。ヤセンのたち。ヨナタン。

    33 ハラルびとシャンマ。ハラルびとシャラルのアヒアム。

    34 マアカ出身しゅっしんのアハスバイのエリペレテ。ギロ出身しゅっしんのアヒトペルのエリアム。

    35 カルメル出身しゅっしんのヘヅロ。アルバびとパアライ。

    36 ゾバ出身しゅっしんのナタンのイガル。ガドびとバニ。

    37 アンモンびとゼレク。ゼルヤのヨアブの武器ぶきもの、ベエロテ出身しゅっしんのナハライ。

    38 イテルびとイラ。イテルびとガレブ。

    39 ヘテびとウリヤ。わせて三十七にんである。