サムエル記下15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 こののち、アブサロムは自分じぶんのために戦車せんしゃうま、および自分じぶんまえけるもの五十にんそなえた。

    2 アブサロムははやきてもんみちのかたわらにつのをつねとした。ひとうったえがあっておう裁判さいばんもとめにると、アブサロムはそのひとんでった、「あなたはどのまちものですか」。そのひとが「しもべはイスラエルのこれこれの部族ぶぞくのものです」とうと、

    3 アブサロムはそのひとった、「よ、あなたの要求ようきゅうく、またただしい。しかしあなたのことをくべきひとおうがまだてていない」。

    4 アブサロムはまたった、「ああ、わたしがこののさばきびとであったならばよいのに。そうすればうったえ、またはもうしてのあるものは、みなわたしのところにきて、わたしはこれに公平こうへいなさばきをおこなうことができるのだが」。

    5 そしてひとかれ敬礼けいれいしようとしてちかづくと、かれべ、そのひときかかえてくちづけした。

    6 アブサロムはおうにさばきをもとめてるすべてのイスラエルびとにこのようにした。こうしてアブサロムはイスラエルの人々ひとびとこころ自分じぶんのものとした。

    7 そして四ねんおわりに、アブサロムはおうった、「どうぞわたしをかせ、ヘブロンで、かつてしゅてたちかいをはたさせてください。

    8 それは、しもべがスリヤのゲシュルにいたときちかいをてて、『もししゅがほんとうにわたしをエルサレムにかえってくださるならば、わたしはしゅ礼拝れいはいをささげます』とったからです」。

    9 おうかれに、「やすらかにきなさい」とったので、かれってヘブロンへった。

    10 そしてアブサロムは密使みっしをイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちにつかわしてった、「ラッパのひびきをくならば、『アブサロムがヘブロンでおうとなった』といなさい」。

    11 二百にんまねかれたものがエルサレムからアブサロムとともった。かれらはなにこころなくき、何事なにごとをもらなかった。

    12 アブサロムは犠牲ぎせいをささげているあいだひとをつかわして、ダビデのかんギロびとアヒトペルを、そのまちギロからせた。徒党ととうつよく、たみはしだいにアブサロムにくわわった。

    13 ひとりの使者ししゃがダビデのところにきて、「イスラエルの人々ひとびとこころはアブサロムにしたがいました」とった。

    14 ダビデは、自分じぶん一緒いっしょにエルサレムにいるすべての家来けらいった、「て、われわれはげよう。そうしなければアブサロムのまえからのがれることはできなくなるであろう。いそいでくがよい。さもないと、かれらがいそいついて、われわれにがいをこうむらせ、つるぎをもってまちつであろう」。

    15 おうのしもべたちはおうった、「しもべたちは、わが主君しゅくんおうえらばれるところをすべておこないます」。

    16 こうしておうき、その全家ぜんかかれしたがった。おうは十にんのめかけをのこしていえまもらせた。

    17 おうき、たみはみなかれしたがった。かれらはまちはずれのいえにとどまった。

    18 かれのしもべたちはみなかれのかたわらをすすみ、すべてのケレテびとと、すべてのペレテびと、およびかれしたがってガテからきた六百にんのガテびとはみなおうまえすすんだ。

    19 ときおうはガテびとイッタイにった、「どうしてあなたもまた、われわれとともくのですか。あなたはかえっておうともにいなさい。あなたは外国がいこくじんで、また自分じぶんくにから追放ついほうされたものだからです。

    20 あなたは、きのうたばかりです。わたしは自分じぶんところらずにくのに、どうしてきょう、あなたを、われわれとともにさまよわせてよいでしょう。あなたはかえりなさい。あなたの兄弟きょうだいたちもれてかえりなさい。どうぞしゅめぐみと真実しんじつをあなたにしめしてくださるように」。

    21 しかしイッタイはおうこたえた、「しゅきておられる。わがきみおうきておられる。わがきみおうのおられるところに、ぬもきるも、しもべもまたそこにおります」。

    22 ダビデはイッタイにった、「ではすすんできなさい」。そこでガテびとイッタイはすすみ、またかれのすべての従者じゅうしゃおよびかれともにいたどもたちもみなすすんだ。

    23 国中くにぢゅうみな大声おおごえいた。たみはみなすすんだ。おうもまたキデロンのたにわたってすすみ、たみみなすすんで荒野あらのほうかった。

    24 そしてアビヤタルものぼってきた。よ、ザドクおよびかれともにいるすべてのレビびともまた、かみ契約けいやくはこをかいてきた。かれらはかみはこをおろして、たみがことごとくまちてしまうのをった。

    25 そこでおうはザドクにった、「かみはこまちにかきもどすがよい。もしわたしがしゅまえめぐみをるならば、しゅはわたしをかえって、わたしにそのはことそのすまいとをさせてくださるであろう。

    26 しかしもししゅが、『わたしはおまえをよろこばない』とそうわれるのであれば、どうぞしゅしとおもわれることをわたしにしてくださるように。わたしはここにおります」。

    27 おうはまた祭司さいしザドクにった、「よ、あなたもアビヤタルも、ふたりのたち、すなわちあなたのアヒマアズとアビヤタルのヨナタンをれて、やすらかにまちかえりなさい。

    28 わたしはあなたがたから言葉ことばがあってらせをうけるまで、荒野あらのわたにとどまります」。

    29 そこでザドクとアビヤタルはかみはこをエルサレムにかきもどり、そこにとどまった。

    30 ダビデはオリブやま坂道さかみちのぼったが、のぼときき、そのあたまをおおい、はだしでった。かれともにいるたみもみなあたまをおおってのぼり、きながらのぼった。

    31 ときに、「アヒトペルがアブサロムと共謀きょうぼうしたもののうちにいる」とダビデにげるひとがあったのでダビデはった、「しゅよ、どうぞアヒトペルの計略けいりゃくおろかなものにしてください」。

    32 ダビデがやまいただきにあるかみれいはいする場所ばしょにきたときよ、アルキびとホシャイはその上着うわぎき、あたまつちをかぶり、てダビデをむかえた。

    33 ダビデはかれった、「もしあなたがわたしとともすすむならば、わたしの重荷おもにとなるであろう。

    34 しかしもしあなたがまちかえってアブサロムにかい、『おうよ、わたしはあなたのしもべとなります。わたしがこれまで、あなたのちちのしもべであったように、わたしはいまあなたのしもべとなります』とうならば、あなたはわたしのためにアヒトペルの計略けいりゃくやぶることができるであろう。

    35 祭司さいしたち、ザドクとアビヤタルとは、あなたとともにあそこにいるではないか。それゆえ、あなたはおういえからくことをことごとく祭司さいしたち、ザドクとアビヤタルとにげなさい。

    36 あそこにはかれらとともにそのふたりのたち、すなわちザドクのアヒマアズとアビヤタルのヨナタンとがいる。あなたがたはいたことをことごとくかれらのによってわたしに通報つうほうしなさい」。

    37 そこでダビデのともホシャイはまちにはいった。そのときアブサロムはすでにエルサレムにはいっていた。