サムエル記下4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 サウルのイシボセテは、アブネルがヘブロンでんだことをいて、そのちからうしない、イスラエルはみなあわてた。

    2 サウルのイシボセテにはふたりの略奪りゃくだつたい隊長たいちょうがあった。ひとりのはバアナ、のひとりのはレカブといって、ベニヤミンの子孫しそんであるベロテびとリンモンのたちであった。(それはベロテもまたベニヤミンのうちにかぞえられているからである。

    3 ベロテびとはギッタイムにげていって、今日こんにちまでそのところ寄留きりゅうしている)。

    4 さてサウルのヨナタンにあしのなえたがひとりあった。エズレルからサウルとヨナタンのことらせがきたときかれは五さいであった。うばがかれいてげたが、いそいでげるとき、そのちてあしなえとなった。そのはメピボセテといった。

    5 ベロテびとリンモンのたち、レカブとバアナとは出立しゅったつして、あついころイシボセテのいえにきたが、イシボセテは昼寝ひるねをしていた。

    6 いえもんまもおんなむぎをあおぎけていたが、ねむくなっててしまった。そこでレカブとその兄弟きょうだいバアナは、ひそかになかにはいった。

    7 かれらがいえにはいったとき、イシボセテは寝室しんしつゆかうえていたので、かれらはそれをってころし、そのくびをはね、そのくびって、よもすがらアラバのみちき、

    8 イシボセテのくびをヘブロンにいるダビデのもとにたずさえてっておうった、「あなたのいのちもとめたあなたのてきサウルのイシボセテのくびです。しゅはきょう、わがきみおうのためにサウルとそのすえとに報復ほうふくされました」。

    9 ダビデはベロテびとリンモンのレカブとその兄弟きょうだいバアナにこたえた、「わたしのいのちを、もろもろの苦難くなんからすくわれたしゅきておられる。

    10 わたしはかつて、ひとがわたしにげて、『よ、サウルはんだ』とって、みずからいおとずれをつたえるものおもっていたものとらえてチクラグでころし、そのおとずれにむくいたのだ。

    11 悪人あくにんただしいひとをそのいえゆかうえころしたときは、なおさらのことだ。いまわたしが、かれながしたつみむくい、あなたがたを、このからほろぼさないでおくであろうか」。

    12 そしてダビデは若者わかものたちにめいじたので、若者わかものたちはかれらをころし、その手足てあしはなし、ヘブロンのいけのほとりでけた。人々ひとびとはイシボセテのくびってって、ヘブロンにあるアブネルのはかほうむった。