サムエル記下24
    脚注
    Theme

    第24章

    1 しゅふたたびイスラエルにかっていかりをはっし、ダビデを感動かんどうしてかれらにさからわせ、「ってイスラエルとユダとをかぞえよ」とわれた。

    2 そこでおうはヨアブおよびヨアブとともにいるぐんちょうたちにった、「イスラエルのすべての部族ぶぞくのうちを、ダンからベエルシバまでめぐってたみかぞえ、わたしにたみかずらせなさい」。

    3 ヨアブはおうった、「どうぞあなたのかみしゅが、たみいまよりも百ばいしてくださいますように。そしておう、わがしゅがまのあたり、それをられますように。しかしおう、わがしゅなにゆえにこのことよろこばれるのですか」。

    4 しかしおう言葉ことばがヨアブとぐんちょうたちとにったので、ヨアブとぐんちょうたちとはおうまえ退しりぞき、イスラエルのたみかぞえるためにった。

    5 かれらはヨルダンをわたり、アロエルから、すなわちたになかにあるまちからはじめて、ガドにかい、ヤゼルにすすんだ。

    6 それからギレアデにき、またヘテびとのにあるカデシにき、それからダンにいたり、ダンからシドンにまわり、

    7 またツロの要害ようがいき、ヒビびと、およびカナンびとのすべてのまちき、ユダのネゲブにてベエルシバへった。

    8 こうしてかれらはくにをあまねくめぐって、九かげつと二十にちてエルサレムにきた。

    9 そしてヨアブはたみ総数そうすうおうげた。すなわちイスラエルには、つるぎを勇士ゆうしたちが八十万あった。ただしユダの人々ひとびとは五十万であった。

    10 しかしダビデはたみかぞえたのちこころめられた。そこでダビデはしゅった、「わたしはこれをおこなっておおきなつみおかしました。しかししゅよ、いまどうぞしもべのつみってください。わたしはひじょうにおろかなことをいたしました」。

    11 ダビデがあさきたとき、しゅ言葉ことばはダビデの先見者せんけんしゃである預言者よげんしゃガデにのぞんでった、

    12 ってダビデにいなさい、『しゅはこうおおせられる、「わたしは三つのことをしめす。あなたはその一つをえらぶがよい。わたしはそれをあなたにおこなうであろう」と』」。

    13 ガデはダビデのもとにきて、かれった、「あなたのくにに三ねんのききんをこさせようか。あなたがてきわれて三かげつてきまえげるようにしようか。それとも、あなたのくにに三疫病えきびょうをおくろうか。あなたはかんがえて、わたしがどのこたえを、わたしをつかわされたかたになすべきかをめなさい」。

    14 ダビデはガデにった、「わたしはひじょうになやんでいますが、しゅのあわれみはおおきいゆえ、われわれをしゅおちいらせてください。わたしをひとにはおちいらせないでください」。

    15 そこでしゅあさからさだめのときまで疫病えきびょうをイスラエルにくだされた。ダンからベエルシバまでにたみんだものは七万にんあった。

    16 てん使つかいをエルサレムにべてこれをほろぼそうとしたが、しゅはこの害悪がいあくい、たみほろぼしているてん使つかいわれた、「もはや、じゅうぶんである。いまあなたのをとどめるがよい」。そのときしゅ使つかいはエブスびとアラウナののかたわらにいた。

    17 ダビデはたみっているてん使つかいときしゅった、「わたしはつみおかしました。わたしはあくおこないました。しかしこれらのひつじたちはなにをしたのですか。どうぞあなたのをわたしとわたしのちちいえけてください」。

    18 そのガデはダビデのところにきてかれった、「のぼってってエブスびとアラウナのしゅ祭壇さいだんてなさい」。

    19 ダビデはガデの言葉ことばしたがい、しゅめいじられたようにのぼってった。

    20 アラウナはおろして、おうとそのしもべたちが自分じぶんほうすすんでくるのをたので、アラウナはてきておうまえにひれしてはいした。

    21 そしてアラウナはった、「どうしておうわがしゅは、しもべのところにこられましたか」。ダビデはった、「あなたからり、しゅ祭壇さいだんきずいてたみくだわざわいをとどめるためです」。

    22 アラウナはダビデにった、「どうぞおう、わがしゅのよいとおもわれるものってささげてください。燔祭はんさいにするうしもあります。たきぎにするこくうしのくびきもあります。

    23 おうよ、アラウナはこれをことごとくおうにささげます」。アラウナはまたおうに、「あなたのかみしゅがあなたをけいれられますように」とった。

    24 しかしおうはアラウナにった、「いいえ、代価だいか支払しはらってそれをあなたからります。わたしは費用ひようをかけずに燔祭はんさいをわたしのかみしゅにささげることはしません」。こうしてダビデはぎん五十シケルでうしとをった。

    25 ダビデはそのところしゅ祭壇さいだんきずき、燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげた。そこでしゅはそののためにいのりかれたので、わざわいがイスラエルにくだることはとどまった。