サムエル記下5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 イスラエルのすべての部族ぶぞくはヘブロンにいるダビデのもとにきてった、「われわれは、あなたの骨肉こつにくです。

    2 さきにサウルがわれわれのおうであったときにも、あなたはイスラエルをひきいて出入でいりされました。そしてしゅはあなたに、『あなたはわたしのたみイスラエルをぼくするであろう。またあなたはイスラエルのきみとなるであろう』とわれました」。

    3 このようにイスラエルの長老ちょうろうたちがみな、ヘブロンにいるおうのもとにきたので、ダビデおうはヘブロンでしゅまえかれらと契約けいやくむすんだ。そしてかれらはダビデにあぶらそそいでイスラエルのおうとした。

    4 ダビデはおうとなったとき三十さいで、四十ねんあいだおさめた。

    5 すなわちヘブロンで七ねん六かげつユダをおさめ、またエルサレムで三十三ねんぜんイスラエルとユダをおさめた。

    6 おうとその従者じゅうしゃたちとはエルサレムへって、その住民じゅうみんエブスびとをめた。エブスびとはダビデにった、「あなたはけっして、ここにることはできない。かえって、めしいやあしなえでも、あなたをはらうであろう」。かれらが「ダビデはここにることはできない」とおもったからである。

    7 ところがダビデはシオンの要害ようがいった。これがダビデのまちである。

    8 そのダビデは、「だれでもエブスびとをとうとするひとは、みずをくみげる縦穴たてあなのぼってって、ダビデがこころにくんでいるあしなえやめしいをて」とった。それゆえに人々ひとびとは、「めしいやあしなえは、みやにはいってはならない」といならわしている。

    9 ダビデはその要害ようがいんで、これをダビデのまちづけた。またダビデはミロからうち周囲しゅうい城壁じょうへききずいた。

    10 こうしてダビデはますますおおいなるものとなり、かつ万軍ばんぐんかみしゅかれともにおられた。

    11 ツロのおうヒラムはダビデに使者ししゃをつかわして、香柏こうはくおよび大工だいく石工いしくおくった。かれらはダビデのためにいえてた。

    12 そしてダビデはしゅ自分じぶんかたててイスラエルのおうとされたこと、しゅがそのたみイスラエルのためにその王国おうこくおこされたことをさとった。

    13 ダビデはヘブロンからきてのち、さらにエルサレムでつまとそばめをれたので、むすことむすめがまたダビデにうまれた。

    14 エルサレムでかれうまれたものつぎのとおりである。シャンムア、ショバブ、ナタン、ソロモン、

    15 イブハル、エリシュア、ネペグ、ヤピア、

    16 エリシャマ、エリアダ、およびエリペレテ。

    17 さてペリシテびとは、ダビデがあぶらそそがれてイスラエルのおうになったことをき、みなのぼってきてダビデをさがしたが、ダビデはそれをいて要害ようがいくだってった。

    18 ペリシテびとはきて、レパイムのたにひろがっていた。

    19 ダビデはしゅうてった、「ペリシテびとにかってのぼるべきでしょうか。あなたはかれらをわたしのわたされるでしょうか」。しゅはダビデにわれた、「のぼるがよい。わたしはかならずペリシテびとをあなたのわたすであろう」。

    20 そこでダビデはバアル・ペラジムへって、かれらをそのところやぶり、そしてった、「しゅは、やぶみずのように、てきをわたしのまえやぶられた」。それゆえにそのところはバアル・ペラジムとばれている。

    21 ペリシテびとはそのところかれらの偶像ぐうぞうててったので、ダビデとその従者じゅうしゃたちはそれをはこった。

    22 ペリシテびとが、ふたたびのぼってきて、レパイムのたにひろがったので、

    23 ダビデはしゅうたが、しゅわれた、「のぼってはならない。かれらのうしろにまわり、バルサムのまえからかれらをおそいなさい。

    24 バルサムのうえ行進こうしんおときこえたならば、あなたはふるたなければならない。そのときしゅがあなたのまえて、ペリシテびとの軍勢ぐんぜいたれるからである」。

    25 ダビデは、しゅめいじられたようにして、ペリシテびとをち、ゲバからゲゼルにおよんだ。