サムエル記下18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 さてダビデは自分じぶんともにいるたみ調しらべて、そのうえに千にんちょう、百にんちょうてた。

    2 そしてダビデはたみをつかわし、三ぶんの一をヨアブのに、三ぶんの一をゼルヤのヨアブの兄弟きょうだいアビシャイのに、三ぶんの一をガテびとイッタイのにあずけた。こうしておうたみった、「わたしもまたかならずあなたがたと一緒いっしょます」。

    3 しかしたみった、「あなたはてはなりません。それはわれわれがどんなにげても、かれらはわれわれにこころをとめず、われわれのなかばがんでも、われわれにこころをとめないからです。しかしあなたはわれわれの一万にひとしいのです。それゆえあなたはまちなかからわれわれをたすけてくださるほうがよろしい」。

    4 おうかれらにった、「あなたがたのもっといとおもうことをわたしはしましょう」。こうしておうもんのかたわらにち、たみみなあるいは百にん、あるいは千にんとなってった。

    5 おうはヨアブ、アビシャイおよびイッタイにめいじて、「わたしのため、若者わかものアブサロムをおだやかにあつかうように」とった。おうがアブサロムのことについてすべてのちょうたちにめいじているときたみみないていた。

    6 こうしてたみはイスラエルにかってき、エフライムのもりたたかったが、

    7 イスラエルのたみはそのところでダビデの家来けらいたちのまえやぶれた。そのそのところ戦死者せんししゃおおく、二万におよんだ。

    8 そしてたたかいはあまねくそののおもてにひろがった。このもりほろぼしたものは、つるぎのほろぼしたものよりもおおかった。

    9 さてアブサロムはダビデの家来けらいたちにった。そのときアブサロムは騾馬らばっていたが、騾馬らばおおきいかしのの、しげったえだしたとおったので、アブサロムのあたまがそのかしのにかかって、かれ天地てんちあいだにつりさがった。騾馬らばかれててぎてった。

    10 ひとりのひとがそれをてヨアブにげてった、「わたしはアブサロムが、かしのにかかっているのをました」。

    11 ヨアブはそれをげたひとった、「あなたはそれをたというのか。それなら、どうしてあなたはかれをそのところで、おとさなかったのか。わたしはあなたにぎん十シケルとおびすじあたえたであろうに」。

    12 そのひとはヨアブにった、「たといわたしのぎん千シケルをけても、しておうてきすることはしません。おうはわれわれがいているところで、あなたとアビシャイとイッタイに、『わたしのため若者わかものアブサロムを保護ほごせよ』とめいじられたからです。

    13 もしわたしがそむいてかれいのちをそこなったのであれば、何事なにごとおうかくれることはありませんから、あなたはみずからってわたしをめられたでしょう」。

    14 そこで、ヨアブは「こうしてあなたとともにとどまってはおられない」とって、に三すじげやりをり、あのかしのにかかって、なおきているアブサロムの心臓しんぞうにこれをとおした。

    15 ヨアブの武器ぶきる十にん若者わかものたちはいて、アブサロムをころした。

    16 こうしてヨアブがラッパをいたので、たみはイスラエルのあとをうことをやめてかえった。ヨアブがたみきとめたからである。

    17 人々ひとびとはアブサロムをって、もりなかおおきなあなげいれ、そのうえにひじょうにおおきい石塚いしづかげた。そしてイスラエルはみなおのおのその天幕てんまくかえった。

    18 さてアブサロムはきているあいだに、おうたに自分じぶんのために一つのはしらてた。それはかれが、「わたしは自分じぶんつたえるがない」とおもったからである。かれはそのはしら自分じぶんをつけた。そのはしら今日こんにちまでアブサロムのいしぶみととなえられている。

    19 さてザドクのアヒマアズはった、「わたしははしってって、しゅおうてきからすくされたおとずれをおうつたえましょう」。

    20 ヨアブはかれった、「きょうは、おとずれをつたえてはならない。おとずれをつたえるのは、ほかのにしなさい。きょうはおうんだので、おとずれをつたえてはならない」。

    21 ヨアブはクシびとにった、「って、あなたのことおうげなさい」。クシびとはヨアブにれいをしてはしってった。

    22 ザドクのアヒマアズはかさねてヨアブにった、「何事なにごとがあろうとも、わたしにもクシびとのあとからはしってかせてください」。ヨアブはった、「よ、おとずれのむくいをられないのに、どうしてあなたははしってこうとするのか」。

    23 かれった、「何事なにごとがあろうとも、わたしははしってきます」。ヨアブはかれった、「はしってきなさい」。そこでアヒマアズは低地ていちみちはしってき、クシびとをした。

    24 ときにダビデは二つのもんあいだにすわっていた。そして見張みはりのもの城壁じょうへきもん屋根やねにのぼり、をあげてていると、ただひとりではしってくるものがあった。

    25 見張みはりのものばわっておうげたので、おうった、「もしひとりならば、そのくちにおとずれがあるであろう」。そのひといそいできてちかづいた。

    26 見張みはりのものは、ほかにまたひとりはしってくるのをたので、もんほうばわってった、「よ、ほかにただひとりではしってものがあります」。おうった、「かれもまたおとずれをってくるのだ」。

    27 見張みはりのものった、「まっさきはしってひとはザドクのアヒマアズのようです」。おうった、「かれひとだ。いおとずれをってくるであろう」。

    28 ときにアヒマアズはばわっておうった、「平安へいあんでいらせられますように」。そしておうまえにひれしてった、「あなたのかみしゅはほむべきかな。しゅおう、わがきみてきしてをあげた人々ひとびとわたされました」。

    29 おうった、「若者わかものアブサロムは平安へいあんですか」。アヒマアズはこたえた、「ヨアブがしもべをつかわすとき、わたしはおおきなさわぎをましたが、何事なにごとであったかりません」。

    30 おうった、「わきへって、そこにっていなさい」。かれはわきへってった。

    31 そのときクシびとがきた。そしてそのクシびとはった、「わがきみおういおとずれをおけくださるよう。しゅはきょう、すべてあなたにてきしてったものどものから、あなたをすくされたのです」。

    32 おうはクシびとにった、「若者わかものアブサロムは平安へいあんですか」。クシびとはこたえた、「おう、わがきみてき、およびすべてあなたにてきしてち、がいをしようとするものは、あの若者わかもののようになりますように」。

    33 おうはひじょうにかなしみ、もんうえのへやにのぼっていた。かれきながらこのようにった、「わがアブサロムよ。わが、わがアブサロムよ。ああ、わたしがかわってねばよかったのに。アブサロム、わがよ、わがよ」。