サムエル記下21
    脚注
    Theme

    第21章

    1 ダビデのに、としまたとしと三ねん、ききんがあったので、ダビデがしゅたずねたところ、しゅわれた、「サウルとそのいえとに、ながしたつみがある。それはかつてかれがギベオンびとをころしたためである」。

    2 そこでおうはギベオンびとをしよせた。ギベオンびとはイスラエルの子孫しそんではなく、アモリびとののこりであって、イスラエルの人々ひとびとかれらとちかいをてて、そのいのちたすけた。ところがサウルはイスラエルとユダの人々ひとびとのために熱心ねっしんであったので、かれらをころそうとしたのである。

    3 それでダビデはギベオンびとにった、「わたしはあなたがたのために、なにをすればよいのですか。どんなつぐないをすれば、あなたがたはしゅぎょう祝福しゅくふくするのですか」。

    4 ギベオンびとはかれった、「これはわれわれと、サウルまたはそのいえとのあいだ金銀きんぎん問題もんだいではありません。またイスラエルのうちのひとりでも、われわれがころそうというのでもありません」。ダビデはった、「わたしがあなたがたのためになにをすればよいとうのですか」。

    5 かれらはおうった、「われわれをほろぼしたひと、われわれをほろぼしてイスラエルの領域りょういきのどこにもおらせないようにと、たくらんだひと

    6 そのひと子孫しそんにんわたしてください。われわれはしゅやまにあるギベオンで、かれらをしゅまえにかけましょう」。おうった、「わたしましょう」。

    7 しかしおうはサウルのヨナタンのであるメピボセテをしんだ。かれらのあいだ、すなわちダビデとサウルのヨナタンとのあいだに、しゅをさしててたちかいがあったからである。

    8 おうはアヤのむすめリヅパがサウルにんだふたりのアルモニとメピボセテ、およびサウルのむすめメラブがメホラびとバルジライのアデリエルにんだ五にんって、

    9 かれらをギベオンびとのわたしたので、ギベオンびとはかれらをやましゅまえにかけた。かれら七にんともたおれた。かれらは刈入かりいれのはじめの、すなわち大麦おおむぎりのはじめにころされた。

    10 アヤのむすめリヅパは荒布あらぬのをとって、それを自分じぶんのためにいわうえき、刈入かりいれのはじめから、その人々ひとびと死体したいうえてんからあめるまで、ひるそらとり死体したいうえにこないようにし、よるけもの近寄ちかよらせなかった。

    11 アヤのむすめでサウルのめかけであったリヅパのしたことがダビデにきこえたので、

    12 ダビデはってサウルのほねとそのヨナタンのほねを、ヤベシギレアデの人々ひとびとところからってきた。これはペリシテびとがサウルをギルボアでころしたに、にかけたベテシャンの広場ひろばから、かれらがぬすんでいたものである。

    13 ダビデはそこからサウルのほねと、そのヨナタンのほねたずさえてのぼった。また人々ひとびとはそのかけられたものどものほねあつめた。

    14 こうしてかれらはサウルとそのヨナタンのほねを、ベニヤミンののゼラにあるそのちちキシのはかほうむり、すべておうめいじたようにした。こののちかみはそののために、いのりかれた。

    15 ペリシテびとはまたイスラエルと戦争せんそうをした。ダビデはその家来けらいたちとともくだってペリシテびととたたかったが、ダビデはつかれていた。

    16 ときにイシビベノブはダビデをころそうとおもった。イシビベノブは巨人きょじん子孫しそんで、そのやりは青銅せいどうおもさ三百シケルあり、かれあたらしいつるぎをびていた。

    17 しかしゼルヤのアビシャイはダビデをたすけて、そのペリシテびとをころした。そこでダビデの従者じゅうしゃたちはかれちかってった、「あなたはわれわれとともに、かさねて戦争せんそうてはなりません。さもないと、あなたはイスラエルのともしすでしょう」。

    18 こののちふたたびゴブでペリシテびととのたたかいがあった。ときにホシャびとシベカイは巨人きょじん子孫しそんのひとりサフをころした。

    19 ここにまたゴブで、ペリシテびととのたたかいがあったが、そこではベツレヘムびとヤレオレギムのエルハナンは、ガテびとゴリアテをころした。そのやりのはた巻棒まきぼうのようであった。

    20 またガテでふたたたたかいがあったが、そこにひとりのたかひとがあり、そのゆびあしゆびは六ぽんずつで、そのかずわせて二十四ほんであった。かれもまた巨人きょじんからうまれたものであった。

    21 かれはイスラエルをののしったので、ダビデの兄弟きょうだいシメアのヨナタンがかれころした。

    22 これらの四にんはガテで巨人きょじんからうまれたものであったが、ダビデのとその家来けらいたちのたおれた。