サムエル記下2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 こののち、ダビデはしゅうてった、「わたしはユダの一つのまちのぼるべきでしょうか」。しゅかれわれた、「のぼりなさい」。ダビデはった、「どこへのぼるべきでしょうか」。しゅわれた、「ヘブロンへ」。

    2 そこでダビデはそのところのぼった。かれのふたりのつま、エズレルのおんなアヒノアムと、カルメルびとナバルのつまであったアビガイルものぼった。

    3 ダビデはまた自分じぶんともにいた人々ひとびとを、みなその家族かぞくともれてのぼった。そしてかれらはヘブロンの町々まちまちんだ。

    4 ときにユダの人々ひとびとがきて、そのところでダビデにあぶらそそぎ、ユダのいえおうとした。人々ひとびとがダビデにげて、「サウルをほうむったのはヤベシ・ギレアデの人々ひとびとである」とったので、

    5 ダビデは使者ししゃをヤベシ・ギレアデの人々ひとびとにつかわしてかれらにった、「あなたがたは、主君しゅくんサウルにこの忠誠ちゅうせいをあらわしてかれほうむった。どうぞしゅがあなたがたを祝福しゅくふくされるように。

    6 どうぞしゅがいまあなたがたに、いつくしみと真実しんじつしめされるように。あなたがたが、このことをしたので、わたしもまたあなたがたに好意こういしめすであろう。

    7 いまあなたがたはつよくし、雄々おおしくあれ。あなたがたの主君しゅくんサウルはに、ユダのいえがわたしにあぶらそそいで、かれらのおうとしたからである」。

    8 さてサウルのぐんちょう、ネルのアブネルは、さきにサウルのイシボセテをり、マハナイムにれてわたり、

    9 かれをギレアデ、アシュルびと、エズレル、エフライム、ベニヤミンおよびぜんイスラエルのおうとした。

    10 サウルのイシボセテはイスラエルのおうとなったとき、四十さいであって、二ねんあいだおさめたが、ユダのいえはダビデにしたがった。

    11 ダビデがヘブロンにいてユダのいえおうであった日数にっすうは七ねんと六かげつであった。

    12 ネルのアブネル、およびサウルのイシボセテの家来けらいたちはマハナイムをてギベオンへった。

    13 ゼルヤのヨアブとダビデの家来けらいたちもていって、ギベオンのいけのそばでかれらと出会であい、一方いっぽういけのこちらがわに、一方いっぽういけのあちらがわにすわった。

    14 アブネルはヨアブにった、「さあ、若者わかものたちをたせて、われわれのまえ勝負しょうぶをさせよう」。ヨアブはった、「かれらをたせよう」。

    15 こうしてサウルのイシボセテとベニヤミンびととのために十二にん、およびダビデの家来けらいたち十二にんかぞえてした。かれらはってすすみ、

    16 おのおの相手あいてあたまとらえ、つるぎを相手あいてのわきばらし、こうしてかれらはともたおれた。それゆえ、そのところはヘルカテ・ハヅリムとばれた。それはギベオンにある。

    17 そのたたかいはひじょうにはげしく、アブネルとイスラエルの人々ひとびとはダビデの家来けらいたちのまえやぶれた。

    18 そのところにゼルヤの三にん、ヨアブ、アビシャイ、およびアサヘルがいたが、アサヘルはあしはやいこと、のかもしかのようであった。

    19 アサヘルはアブネルのあとをっていったが、くのにみぎにもひだりにもまがることなく、アブネルのあとにはしった。

    20 アブネルはうしろをふりむいてった、「あなたはアサヘルであったか」。アサヘルはこたえた、「わたしです」。

    21 アブネルはかれった、「みぎひだりまがって、若者わかもののひとりをとらえ、そのよろいをうばいなさい」。しかしアサヘルはアブネルをうことをやめず、ほかにかおうともしなかった。

    22 アブネルはふたたびアサヘルにった、「わたしをうことをやめて、ほかにかいなさい。あなたをたおすことなど、どうしてわたしにできようか。それをすれば、わたしは、どうしてあなたのあにヨアブにかおわせることができようか」。

    23 それでもなおかれは、ほかにかうことをこばんだので、アブネルは、やりのいしきでかれはらいたので、やりはその背中せなかた。かれはそこにたおれて、そのんだ。そしてアサヘルがたおれてんでいる場所ばしょものみなちとどまった。

    24 しかしヨアブとアビシャイとは、なおアブネルのあとをったが、かれらがギベオンの荒野あらのみちのほとり、ギアのまえにあるアンマのやまにきたときれた。

    25 ベニヤミンの人々ひとびとはアブネルのあとについてきて、あつまり、一たいとなって、一つのやまいただきった。

    26 そのときアブネルはヨアブにばわってった、「いつまでもつるぎをもってほろぼそうとするのか。あなたはその結果けっか悲惨ひさんなのをらないのか。いつまでたみにその兄弟きょうだいうことをやめよとめいじないのか」。

    27 ヨアブはった、「かみきておられる。もしあなたがいださなかったならば、たみはおのおのその兄弟きょうだいわずに、あさのうちにっていたであろう」。

    28 こうしてヨアブは角笛つのぶえいたので、たみはみなちとどまって、もはやイスラエルのあとをわず、またかさねてたたかわなかった。

    29 アブネルとその従者じゅうしゃたちは、もすがら、アラバをとおってき、ヨルダンをわたり、ひるまで行進こうしんつづけてマハナイムにいた。

    30 ヨアブはアブネルをうことをやめてかえり、たみをみなあつめたが、ダビデの家来けらいたち十九ひととアサヘルとが見当みあたらなかった。

    31 しかし、ダビデの家来けらいたちは、アブネルの従者じゅうしゃであるベニヤミンの人々ひとびと三百六十にんころした。

    32 人々ひとびとはアサヘルをげてベツレヘムにあるそのちちはかほうむった。ヨアブとその従者じゅうしゃたちは、もすがらって、夜明よあけにヘブロンにいた。