サムエル記下9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 ときにダビデはった、「サウルのいえひとで、なおのこっているものがあるか。わたしはヨナタンのために、そのひとめぐみをほどこそう」。

    2 さて、サウルのいえにヂバというのしもべがあったが、人々ひとびとかれをダビデのもとにせたので、おうかれった、「あなたがヂバか」。かれった、「しもべがそうです」。

    3 おうった、「サウルのいえひとがまだのこっていませんか。わたしはそのひとかみめぐみをほどこそうとおもう」。ヂバはおうった、「ヨナタンのがまだおります。あしなえです」。

    4 おうかれった、「そのひとはどこにいるのか」。ヂバはおうった、「かれはロ・デバルのアンミエルのマキルのいえにおります」。

    5 ダビデおうひとをつかわして、ロ・デバルのアンミエルのマキルのいえから、かれれてこさせた。

    6 サウルのヨナタンのであるメピボセテはダビデのもとにきて、ひれしてはいした。ダビデが、「メピボセテよ」とったので、かれは、「しもべは、ここにおります」とこたえた。

    7 ダビデはかれった、「おそれることはない。わたしはかならずあなたのちちヨナタンのためにあなたにめぐみをほどこしましょう。あなたのちちサウルのをみなあなたにかえします。またあなたはつねにわたしの食卓しょくたく食事しょくじをしなさい」。

    8 かれはいしてった、「あなたは、しもべをなんとおぼしめして、んだいぬのようなわたしをかえりみられるのですか」。

    9 おうはサウルのしもべヂバをんでった、「すべてサウルとそのいえぞくするものみな、わたしはあなたの主人しゅじんあたえた。

    10 あなたと、あなたのたちと、しもべたちとは、かれのためにたがやして、あなたの主人しゅじんべる食物しょくもつれなければならない。しかしあなたの主人しゅじんメピボセテはいつもわたしの食卓しょくたく食事しょくじをするであろう」。ヂバには十五にんおとこと二十にんのしもべがあった。

    11 ヂバはおうった、「すべておうわが主君しゅくんがしもべにめいじられるとおりに、しもべはいたしましょう」。こうしてメピボセテはおうのひとりのようにダビデの食卓しょくたく食事しょくじをした。

    12 メピボセテにはちいさいがあって、をミカといった。そしてヂバのいえんでいるものはみなメピボセテのしもべとなった。

    13 メピボセテはエルサレムにんだ。かれがいつもおう食卓しょくたく食事しょくじをしたからである。かれ両足りょうあしともに、なえていた。