サムエル記下13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 さてダビデのアブサロムにはをタマルといううつくしいいもうとがあったが、そののちダビデのアムノンはこれをこいした。

    2 アムノンはいもうとタマルのためになやんでついにわずらった。それはタマルが処女しょじょであって、アムノンは彼女かのじょ何事なにごともすることができないとおもったからである。

    3 ところがアムノンにはひとりのともだちがあった。をヨナダブといい、ダビデの兄弟きょうだいシメアのである。ヨナダブはひじょうにかしこひとであった。

    4 かれはアムノンにった、「王子おうじよ、あなたは、どうしてあさごとに、そんなにやせおとろえるのですか。わたしにはなさないのですか」。アムノンはかれった、「わたしは兄弟きょうだいアブサロムのいもうとタマルをこいしているのです」。

    5 ヨナダブはかれった、「あなたはやまいいつわり、寝床ねどこよこたわって、あなたのちちがきてあなたをるときかれいなさい、『どうぞ、わたしのいもうとタマルをこさせ、わたしのところ食物しょくもつはこばせてください。そして彼女かのじょがわたしのまえ食物しょくもつをととのえ、彼女かのじょからわたしがべることのできるようにさせてください』」。

    6 そこでアムノンはよこになってやまいいつわったが、おうがきてかれとき、アムノンはおうった、「どうぞわたしのいもうとタマルをこさせ、わたしのまえで二つの菓子かしつくらせて、彼女かのじょからわたしがべることのできるようにしてください」。

    7 ダビデはタマルのいえひとをつかわしてわせた、「あなたのあにアムノンのいえって、かれのために食物しょくもつをととのえなさい」。

    8 そこでタマルはそのあにアムノンのいえったところ、アムノンはていた。タマルはこなって、これをこね、かれまえで、菓子かしつくり、その菓子かしき、

    9 なべをってかれまえにそれをあけた。しかしかれべることをこばんだ。そしてアムノンは、「みな、わたしをはなれててください」とったので、みなかれはなれてた。

    10 アムノンはタマルにった、「食物しょくもつ寝室しんしつってきてください。わたしはあなたのからべます」。そこでタマルは自分じぶんつくった菓子かしをとって、寝室しんしつにはいりあにアムノンのところっていった。

    11 タマルがかれべさせようとしてちかくにってったときかれはタマルをとらえて彼女かのじょった、「いもうとよ、て、わたしとなさい」。

    12 タマルはった、「いいえ、あにうえよ、わたしをはずかしめてはなりません。このようなことはイスラエルではおこなわれません。このおろかなことをしてはなりません。

    13 わたしのはじをわたしはどこへってくことができましょう。あなたはイスラエルのおろもののひとりとなるでしょう。それゆえ、どうぞおうはなしてください。おうがわたしをあなたにあたえないことはないでしょう」。

    14 しかしアムノンは彼女かのじょうことをこうともせず、タマルよりもつよかったので、タマルをはずかしめてこれとともた。

    15 それからアムノンは、ひじょうにふかくタマルをにくむようになった。彼女かのじょにくにくしみは、彼女かのじょこいしたこいよりもおおきかった。アムノンは彼女かのじょった、「って、きなさい」。

    16 タマルはアムノンにった、「いいえ、あにうえよ、わたしをかえすことは、あなたがさきにわたしになさったことよりもおおきいあくです」。しかしアムノンは彼女かのじょうことをこうともせず、

    17 かれつかえている若者わかものんでった、「このおんなをわたしのところからそとにおくりし、そのあとにざすがよい」。

    18 このとき、タマルはながそでの着物きものていた。むかしおうひめたちの処女しょじょであるものはこのような着物きものたからである。アムノンのしもべは彼女かのじょそとして、そのあとにざした。

    19 タマルははいあたまにかぶり、ていたながそでの着物きものき、あたまにのせて、さけびながらってった。

    20 あにアブサロムは彼女かのじょった、「あにアムノンがあなたと一緒いっしょにいたのか。しかしいもうとよ、いまだまっていなさい。かれはあなたのあにです。このことこころにとめなくてよろしい」。こうしてタマルはあにアブサロムのいえさびしくんでいた。

    21 ダビデおうはこれらのことをことごとくいて、ひじょうにいかった。

    22 アブサロムはアムノンにいこともわるいこともかたることをしなかった。それはアムノンがアブサロムのいもうとタマルをはずかしめたので、アブサロムがかれにくんでいたからである。

    23 まんねんのち、アブサロムはエフライムのちかくにあるバアル・ハゾルでひつじらせていたときおうたちをことごとくまねいた。

    24 そしてアブサロムはおうのもとにきてった、「よ、しもべはひつじらせております。どうぞおうおう家来けらいたちも、しもべとともにきてください」。

    25 おうはアブサロムにった、「いいえ、わがよ、われわれがみなってはならない。あなたの重荷おもにになるといけないから」。アブサロムはダビデにしいてねがった。しかしダビデはくことを承知しょうちせずかれ祝福しゅくふくあたえた。

    26 そこでアブサロムはった、「それでは、どうぞわたしのあにアムノンをわれわれとともかせてください」。おうかれった、「どうしてかれがあなたとともかなければならないのか」。

    27 しかしアブサロムはかれにしいてねがったので、ついにアムノンとおうたちをみな、アブサロムとともかせた。

    28 そこでアブサロムは若者わかものたちにめいじてった、「アムノンがさけんで、こころたのしくなったときすまし、わたしがあなたがたに、『アムノンをて』とときかれころしなさい。おそれることはない。わたしがめいじるのではないか。雄々おおしくしなさい。いさましくしなさい」。

    29 アブサロムの若者わかものたちはアブサロムのめいじたようにアムノンにおこなったので、おうたちはみなって、おのおのその騾馬らばってげた。

    30 かれらがまだかないうちに、「アブサロムはおうたちをことごとくころして、ひとりものこっているものがない」というらせがダビデにたっしたので、

    31 おうち、その着物きものいて、した。そのかたわらにっていた家来けらいたちもみなその着物きものいた。

    32 しかしダビデの兄弟きょうだいシメアのヨナダブはった、「わがしゅよ、おうたちである若者わかものたちがみなころされたと、おかんがえになってはなりません。アムノンだけがんだのです。これはかれがアブサロムのいもうとタマルをはずかしめたから、アブサロムのいのちによってさだめられていたことなのです。

    33 それゆえ、わがしゅおうよ、おうたちがみなんだとおもって、このことこころにとめられてはなりません。アムノンだけがんだのです」。

    34 アブサロムはのがれた。とき見張みはりをしていた若者わかものをあげてると、やまのかたわらのホロナイムのみちからおおくのたみるのがえた。

    35 ヨナダブはおうった、「よ、おうたちがきました。しもべのったとおりです」。

    36 かれかたることをおわったときおうたちはきてこえをあげていた。おうもその家来けらいたちもみな非常ひじょうにはげしくいた。

    37 しかしアブサロムはのがれて、ゲシュルのおうアミホデのタルマイのもとにった。ダビデは日々ひびそののためにかなしんだ。

    38 アブサロムはのがれてゲシュルにき、三ねんあいだそこにいた。

    39 おうこころに、アブサロムにうことを、せつにのぞんだ。アムノンはんでしまい、ダビデがかれのことはあきらめていたからである。