サムエル記下17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 ときにアヒトペルはアブサロムにった、「わたしに一万二千のひとえらさせてください。わたしはって、今夜こんやダビデのあとをい、

    2 かれつかれてよわくなっているところをおそって、かれをあわてさせましょう。そしてかれともにいるたみがみなげるとき、わたしはおうひとりをり、

    3 すべてのたみ花嫁はなよめがそのおっとのもとにかえるようにあなたにかえらせましょう。あなたがもとめておられるのはただひとりのいのちだけですから、たみはみなおだやかになるでしょう」。

    4 この言葉ことばはアブサロムとイスラエルのすべての長老ちょうろうこころにかなった。

    5 そこでアブサロムはった、「アルキびとホシャイをもびよせなさい。われわれはかれうことをきましょう」。

    6 ホシャイがアブサロムのもとにきたとき、アブサロムはかれった、「アヒトペルはこのようにった。われわれはかれ言葉ことばのようにおこなうべきか。いけないのであれば、いなさい」。

    7 ホシャイはアブサロムにった、「このたびアヒトペルがさづけたはかりごとはくありません」。

    8 ホシャイはまたった、「ごぞんじのように、あなたのちちとその従者じゅうしゃたちとは勇士ゆうしです。そのうえかれらは、うばわれたくまのように、ひどくいかっています。また、あなたのちちはいくさびとですから、たみとも宿やどらないでしょう。

    9 かれいまでもあななかか、どこかほかのところにかくれています。もしたみのうちのいくひとかが手始てはじめにたおれるならば、それをものはだれでも、『アブサロムにしたがたみのうちに戦死者せんししゃがあった』とうでしょう。

    10 そうすれば、ししのこころのようなこころのあるいさましいひとであっても、おそれてってしまうでしょう。それはイスラエルのすべてのひとが、あなたのちち勇士ゆうしであること、またかれともにいるものが、いさましい人々ひとびとであることをっているからです。

    11 ところでわたしのはかりごとは、イスラエルをダンからベエルシバまで、うみべのすなのようにおおくあなたのもとにあつめて、あなたみずからたたかいにのぞむことです。

    12 こうしてわれわれはかれつかる場所ばしょかれおそい、つゆがにおりるようにかれうえくだる。そしてかれおよびかれともにいるすべてのひとをひとりものこさないでしょう。

    13 もしかれがいずれかのまち退しりぞくならば、ぜんイスラエルはそのまちになわをかけ、われわれはそれをたにたおして、そこに一つの小石こいしられないようにするでしょう」。

    14 アブサロムとイスラエルの人々ひとびとはみな、「アルキびとホシャイのはかりごとは、アヒトペルのはかりごとよりもよい」とった。それはしゅがアブサロムにわざわいくだそうとして、アヒトペルのはかりごとをやぶることをさだめられたからである。

    15 そこでホシャイは祭司さいしたち、ザドクとアビヤタルとにった、「アヒトペルはアブサロムとイスラエルの長老ちょうろうたちのためにこういうはかりごとをした。またわたしはこういうはかりごとをした。

    16 それゆえ、あなたがたはすみやかにひとをつかわしてダビデにげ、『今夜こんや荒野あらのわた宿やどらないで、かならわたってきなさい。さもないとおうおよびともにいるたみはみな、ほろぼされるでしょう』といなさい」。

    17 ときに、ヨナタンとアヒマアズはエンロゲルでっていた。ひとりのつかえめがってかれらにげ、かれらはってダビデおうげるのがつねであった。それはかれらがまちにはいるのをられないようにするためである。

    18 ところがひとりの若者わかものかれらをてアブサロムにげたので、かれらふたりはいそいでり、バホリムの、あるひとりのひといえにきた。そのひとにわ井戸いどがあって、かれらはそのなかくだったので、

    19 おんなはおおいをってきて井戸いどくちうえにひろげ、むぎをそのうえにまきらした。それゆえそのことなにれなかった。

    20 アブサロムのしもべたちはそのおんないえにきてった、「アヒマアズとヨナタンはどこにいますか」。おんなかれらにった、「あの人々ひとびと小川おがわわたってきました」。かれらはたずねたが見当みあたらなかったのでエルサレムにかえった。

    21 かれらがったのち人々ひとびと井戸いどからのぼり、ってダビデおうげた。すなわちかれらはダビデにった、「って、すみやかにかわわたりなさい。アヒトペルがあなたがたにたいしてこういうはかりごとをしたからです」。

    22 そこでダビデはって、ともにいるすべてのたみ一緒いっしょにヨルダンをわたった。夜明よあけには、ヨルダンをわたらないものはひとりもなかった。

    23 アヒトペルは、自分じぶんはかりごとがおこなわれないのをて、ろばにくらをき、って自分じぶんまちき、そのいえかえった。そしていえひと遺言ゆいごんしてみずからくびれてに、そのちちはかほうむられた。

    24 ダビデはマハナイムにきた。またアブサロムは自分じぶんともにいるイスラエルのすべての人々ひとびと一緒いっしょにヨルダンをわたった。

    25 アブサロムはアマサをヨアブのかわりにぐんちょうとした。アマサはかのナハシのむすめでヨアブのははゼルヤのいもうとであるアビガルをめとったイシマエルびと、はイトラというひとである。

    26 そしてイスラエルとアブサロムはギレアデの陣取じんどった。

    27 ダビデがマハナイムにきたとき、アンモンの人々ひとびとのうちのラバのナハシのショビと、ロ・デバルのアンミエルのマキル、およびロゲリムのギレアデびとバルジライは、

    28 寝床ねどこはち土器どき小麦こむぎ大麦おおむぎこな、いりむぎまめ、レンズまめ

    29 みつ凝乳ぎょうにゅうひつじ乾酪かんらくをダビデおよびともにいるたみべるためにってきた。それはかれらが、「たみ荒野あらのつかれかわいている」とおもったからである。