聖典
列王紀上5
戻る 次へ

第5章

1 さてツロのおうヒラムは、ソロモンがあぶらそそがれ、そのちちかわって、おうとなったのをいて、家来けらいをソロモンにつかわした。ヒラムはつねにダビデをあいしたからである。

2 そこでソロモンはヒラムにひとをつかわしてった、

3 「あなたのられるとおり、ちちダビデはその周囲しゅういにあったてきとのたたかいのゆえに、かれかみしゅのためにみやてることができず、しゅかれらをそのあしうらしたかれるのをちました。

4 ところがいまわがかみしゅはわたしに四方しほう太平たいへいたまわって、てきもなく、わざわいもなくなったので、

5 しゅちちダビデに『おまえにかわって、おまえのくらいに、わたしがつかせるおまえの、そのひとがわがのためにみやてるであろう』とわれたように、わがかみしゅのためにみやてようとおもいます。

6 それゆえ、あなたは命令めいれいくだして、レバノンの香柏こうはくをわたしのためにさせてください。わたしのしもべたちをあなたのしもべたちと一緒いっしょはたらかせます。またわたしはすべてあなたのおっしゃるとおり、あなたのしもべたちの賃銀ちんぎんをあなたにはらいます。あなたのられるとおり、わたしたちのうちにはシドンびとのようにるにたくみなひとがないからです」。

7 ヒラムはソロモンの言葉ことばいておおいによろこび、「きょう、しゅはあがむべきかな。しゅはこのおびただしいたみおさめるかしこをダビデにたまわった」とった。

8 そしてヒラムはソロモンにひとをつかわしてった、「わたしはあなたがもうしおくられたことをきました。香柏こうはく材木ざいもくと、いとすぎの材木ざいもくについては、すべておのぞみのようにいたします。

9 わたしのしもべどもにそれをレバノンからうみはこびおろさせましょう。わたしはそれをいかだにんで、海路かいろ、あなたの指示しじされる場所ばしょまでおくり、そこでそれをくずしましょう。あなたはそれをってください。また、あなたはわたしのいえのために食物しょくもつ供給きょうきゅうして、わたしののぞみをかなえてください」。

10 こうしてヒラムはソロモンにすべてのぞみのように香柏こうはく材木ざいもくと、いとすぎの材木ざいもくあたえた。

11 またソロモンはヒラムにそのいえ食物しょくもつとして小麦こむぎ二万コルをあたえ、またオリブをつぶしてったあぶら二万コルをあたえた。このようにソロモンは年々ねんねんヒラムにあたえた。

12 しゅ約束やくそくされたようにソロモンに知恵ちえたまわった。またヒラムとソロモンのあいだ平和へいわであって、かれらふたりは条約じょうやくむすんだ。

13 ソロモンおうはイスラエルのぜんから強制的きょうせいてき労働者ろうどうしゃ徴募ちょうぼした。その徴募ちょうぼ人員じんいんは三万にんであった。

14 ソロモンはかれらを一かげつ交代こうたいに一万にんずつレバノンにつかわした。すなわち一かげつレバノンに、二かげついえにあり、アドニラムは徴募ちょうぼ監督かんとくであった。

15 ソロモンにはまたものが七万にんやまいしものが八万にんあった。

16 ほかにソロモンには工事こうじ監督かんとくする上役うわやく官吏かんりが三千三百にんあって、工事こうじはたらたみ監督かんとくした。

17 おうめいじておおきい高価こうかいしさせ、いしをもってみやもといをすえさせた。

18 こうしてソロモンの建築者けんちくしゃと、ヒラムの建築者けんちくしゃおよびゲバルびとはいしり、材木ざいもくいしとをみやてるためにそなえた。