聖典
列王紀上18
戻る 次へ

第18章

1 おおくのて、三ねんしゅ言葉ことばがエリヤにのぞんだ、「って、あなたのをアハブにしめしなさい。わたしはあめらせる」。

2 エリヤはそのをアハブにしめそうとしてった。そのとき、サマリヤにききんがはげしかった。

3 アハブはいえづかさオバデヤをした。(オバデヤはふかしゅおそれるひとで、

4 イゼベルがしゅ預言者よげんしゃほろぼしたとき、オバデヤは百にん預言者よげんしゃすくして五十にんずつほらあなかくし、パンとみずをもってかれらをやしなった)。

5 アハブはオバデヤにった、「国中くにぢゅうのすべてのみずみなもとと、すべてのかわってみるがよい。うま騾馬らばかしておくためのくさがあるかもしれない。そうすれば、われわれは家畜かちくをいくぶんでもうしなわずにすむであろう」。

6 かれらはめぐをふたりでけ、アハブはひとりでこのみちき、オバデヤはひとりでみちおこなった。

7 オバデヤがみちすすんでいたとき、エリヤがかれった。かれはエリヤをみとめてしてった、「わがしゅエリヤよ、あなたはここにおられるのですか」。

8 エリヤはかれった、「そうです。って、あなたの主人しゅじんに、エリヤはここにいるとげなさい」。

9 かれった、「わたしにどんなつみがあって、あなたはしもべをアハブのにわたしてころそうとされるのですか。

10 あなたのかみしゅきておられます。わたしの主人しゅじんがあなたをたずねるために、ひとをつかわさないたみはなく、くにもありません。そしてエリヤはいないとときは、そのくに、そのたみに、あなたがつからないというちかいをさせるのです。

11 あなたはいまって、エリヤはここにいると主人しゅじんげよ』とわれます。

12 しかしわたしがあなたをはなれてくと、しゅれいはあなたを、わたしのらないところれてくでしょう。わたしがってアハブにげ、かれがあなたをつけることができなければ、かれはわたしをころすでしょう。しかし、しもべはおさなときからしゅおそれているものです。

13 イゼベルがしゅ預言者よげんしゃころしたときに、わたしがしたこと、すなわち、わたしがしゅ預言者よげんしゃのうち百にんを五十にんずつほらあなかくして、パンとみずをもってやしなったことを、わがしゅかれませんでしたか。

14 ところがいまあなたは『って、エリヤはここにいると主人しゅじんげよ』とわれます。そのようなことをすればかれはわたしをころすでしょう」。

15 エリヤはった、「わたしのつかえる万軍ばんぐんしゅきておられる。わたしはかならず、きょう、わたしのかれしめすであろう」。

16 オバデヤはってアハブにい、かれげたので、アハブはエリヤにおうとしてった。

17 アハブはエリヤをたとき、かれった、「イスラエルをなやますものよ、あなたはここにいるのですか」。

18 かれこたえた、「わたしがイスラエルをなやますのではありません。あなたと、あなたのちちいえなやましたのです。あなたがたがしゅ命令めいれいて、バアルにしたがったためです。

19 それでいまひとをつかわしてイスラエルのすべてのひとおよびバアルの預言者よげんしゃ四百五十にん、ならびにアシラの預言者よげんしゃ四百にん、イゼベルの食卓しょくたく食事しょくじするものたちをカルメルやまあつめて、わたしのところにこさせなさい」。

20 そこでアハブはイスラエルのすべてのひとひとをつかわして、預言者よげんしゃたちをカルメルやまあつめた。

21 そのときエリヤはすべてのたみちかづいてった、「あなたがたはいつまで二つのもののあいだまよっているのですか。しゅかみならばそれにしたがいなさい。しかしバアルがかみならば、それにしたがいなさい」。たみはひとことかれこたえなかった。

22 エリヤはたみった、「わたしはただひとりのこったしゅ預言者よげんしゃです。しかしバアルの預言者よげんしゃは四百五十にんあります。

23 われわれに二とううしをください。そして一とううしかれらにえらばせ、それをいて、たきぎのうえせ、それにをつけずにおかせなさい。わたしも一とううしととのえ、それをたきぎのうえせてをつけずにおきましょう。

24 こうしてあなたがたはあなたがたのかみびなさい。わたしはしゅびましょう。そしてをもってこたえるかみかみとしましょう」。たみみなこたえて「それがよかろう」とった。

25 そこでエリヤはバアルの預言者よげんしゃたちにった、「あなたがたはだいぜいだからはじめに一とううしえらんで、それをととのえ、あなたがたのかみびなさい。ただしをつけてはなりません」。

26 かれらはあたえられたうしってととのえ、あさからひるまでバアルのんで「バアルよ、こたえてください」とった。しかしなんのこえもなく、またこたえるものもなかったので、かれらは自分じぶんたちのつくった祭壇さいだんのまわりにおどった。

27 ひるになってエリヤはかれらをあざけってった、「かれかみだから、大声おおごえをあげてびなさい。かれかんがえにふけっているのか、よそへったのか、たびたのか、またはねむっていておこされなければならないのか」。

28 そこでかれらは大声おおごえばわり、かれらのならわしにしたがって、かたなとやりできずつけ、をそのながすにいたった。

29 こうしてひるぎてもかれらはなおさけつづけて、ゆうそなものをささげるときにまでおよんだ。しかしなんのこえもなく、こたえるものもなく、またかえりみるものもなかった。

30 そのときエリヤはすべてのたみにむかって「わたしに近寄ちかよりなさい」とったので、たみみなかれ近寄ちかよった。かれはこわれているしゅ祭壇さいだんつくろった。

31 そしてエリヤはむかししゅ言葉ことばがヤコブにのぞんで、「イスラエルをあなたのとせよ」とわれたヤコブのらの部族ぶぞくかずにしたがって十二のいしり、

32 そのいししゅによって祭壇さいだんきずき、祭壇さいだん周囲しゅういたね二セヤをいれるほどのおおきさの、みぞをつくった。

33 また、たきぎをならべ、うしいてたきぎのうえせてった、「四つのかめにみずたし、それを燔祭はんさいとたきぎのうえそそげ」。

34 またった、「それを二せよ」。二それをすると、またった、「三それをせよ」。三それをした。

35 みず祭壇さいだん周囲しゅういながれた。またみぞにもみずたした。

36 ゆうそなものをささげるときになって、預言者よげんしゃエリヤは近寄ちかよってった、「アブラハム、イサク、ヤコブのかみしゅよ、イスラエルでは、あなたがかみであること、わたしがあなたのしもべであって、あなたの言葉ことばしたがってこのすべてのことおこなったことを、今日こんにちらせてください。

37 しゅよ、わたしにこたえてください、わたしにこたえてください。しゅよ、このたみにあなたがかみであること、またあなたがかれらのこころひるがえされたのであることをらせてください」。

38 そのときしゅくだって燔祭はんさいと、たきぎと、いしと、ちりとをきつくし、またみぞのみずをなめつくした。

39 たみみなて、ひれしてった、「しゅかみである。しゅかみである」。

40 エリヤはかれらにった、「バアルの預言者よげんしゃとらえよ。そのひとりもがしてはならない」。そこでかれらをとらえたので、エリヤはかれらをキションかわれくだって、そこでかれらをころした。

41 エリヤはアハブにった、「大雨おおあめおとがするから、のぼってって、みしなさい」。

42 アハブはみするためにのぼっていった。しかしエリヤはカルメルのいただきのぼり、してかおをひざのあいだれていたが、

43 かれはしもべにった、「のぼっていってうみほうなさい」。かれのぼっていって、て、「なにもありません」とったので、エリヤは「もう一きなさい」とって七およんだ。

44 度目どめにしもべはった、「うみからひとほどのちいさなくもっています」。エリヤはった、「のぼっていって、『あめにとどめられないようにくるまととのえてくだれ』とアハブにいなさい」。

45 するともなく、くもかぜおこり、そらくろくなって大雨おおあめってきた。アハブはくるまってエズレルへった。

46 またしゅがエリヤにのぞんだので、かれこしをからげ、エズレルの入口いりぐちまでアハブのまえはしっていった。