聖典
列王紀上3
戻る 次へ

第3章

1 ソロモンおうはエジプトのおうパロとふちむすび、パロのむすめをめとってダビデのまちれてきて、自分じぶんいえと、しゅみやと、エルサレムの周囲しゅうい城壁じょうへきおわるまでそこにおらせた。

2 そのころまでしゅのためにてたみやがなかったので、たみたかところ犠牲ぎせいをささげていた。

3 ソロモンはしゅあいし、ちちダビデのさだめにあゆんだが、ただかれたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

4 あるおうはギベオンへって、そこで犠牲ぎせいをささげようとした。それが主要しゅようたかところであったからである。ソロモンは一千の燔祭はんさいをその祭壇さいだんにささげた。

5 ギベオンでしゅゆめにソロモンにあらわれてわれた、「あなたになにあたえようか、もとめなさい」。

6 ソロモンはった、「あなたのしもべであるわたしのちちダビデがあなたにたいして誠実せいじつ公義こうぎ真心まごころとをもって、あなたのまえあゆんだので、あなたはおおいなるいつくしみをかれしめされました。またあなたはかれのために、このおおいなるいつくしみをたくわえて、今日こんにちかれくらいするさづけられました。

7 わがかみしゅよ、あなたはこのしもべを、わたしのちちダビデにかわっておうとならせられました。しかし、わたしはちいさい子供こどもであって、出入でいりすることをりません。

8 かつ、しもべはあなたがえらばれた、あなたのたみ、すなわちそのかずおおくて、かぞえることも、調しらべることもできないほどのおびただしいたみなかにおります。

9 それゆえ、きわけるこころをしもべにあたえて、あなたのたみをさばかせ、わたしに善悪ぜんあくをわきまえることをさせてください。だれが、あなたのこのおおいなるたみをさばくことができましょう」。

10 ソロモンはこのこともとめたので、そのことがしゅのみこころにかなった。

11 そこでかみかれわれた、「あなたはこのこともとめて、自分じぶんのために長命ちょうめいもとめず、また自分じぶんのためにとみもとめず、また自分じぶんてきいのちをももとめず、ただうったえをききわける知恵ちえもとめたゆえに、

12 よ、わたしはあなたの言葉ことばにしたがって、かしこい、英明えいめいこころあたえる。あなたのさきにはあなたにならものがなく、あなたののちにもあなたにならものおこらないであろう。

13 わたしはまたあなたのもとめないもの、すなわちとみほまれをもあなたにあたえる。あなたのきているかぎり、おうたちのうちにあなたにならものはないであろう。

14 もしあなたが、あなたのちちダビデのあゆんだように、わたしのみちあゆんで、わたしのさだめと命令めいれいとをまもるならば、わたしはあなたのながくするであろう」。

15 ソロモンがをさましてみると、それはゆめであった。そこでかれはエルサレムへき、しゅ契約けいやくはこまえって燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげ、すべての家来けらいのために祝宴しゅくえんもうけた。

16 さて、ふたりの遊女ゆうじょおうのところにきて、おうまえった。

17 ひとりのおんなった、「ああ、わがしゅよ、このおんなとわたしとはひとつのいえんでいますが、わたしはこのおんな一緒いっしょいえにいるときみました。

18 ところがわたしのんだのち、三にこのおんなもまたみました。そしてわたしたちは一緒いっしょにいましたが、いえにはほかにだれもわたしたちとともにいたものはなく、ただわたしたちふたりだけでした。

19 ところがこのおんな自分じぶんうえしたので、よるのうちにそのにました。

20 彼女かのじょ夜中よなかきて、はしためのねむっているあいだに、わたしのをわたしのかたわらからって、自分じぶんのふところにかせ、自分じぶんんだをわたしのふところにかせました。

21 わたしはあさちちませようとしてきてるとんでいました。しかしあさになってよくると、それはわたしがんだではありませんでした」。

22 ほかのおんなった、「いいえ、きているのがわたしのです。んだのはあなたのです」。はじめのおんなった、「いいえ、んだのがあなたのです。きているのはわたしのです」。かれらはこのようにおうまえった。

23 このときおうった、「ひとりは『このきているのがわたしので、んだのがあなたのだ』とい、またひとりは『いいえ、んだのがあなたので、きているのはわたしのだ』とう」。

24 そこでおうは「かたなってきなさい」とったので、かたなおうまえってきた。

25 おうった、「きているを二つにけて、半分はんぶんをこちらに、半分はんぶんをあちらにあたえよ」。

26 するときているははであるおんなは、そののためにこころがやけるようになって、おうった、「ああ、わがしゅよ、きている彼女かのじょあたえてください。けっしてそれをころさないでください」。しかしほかのひとりはった、「それをわたしのものにも、あなたのものにもしないで、けてください」。

27 するとおうこたえてった、「きているはじめのおんなあたえよ。けっしてころしてはならない。彼女かのじょはそのははなのだ」。

28 イスラエルはみなおうあたえた判決はんけついておうおそれた。かみ知恵ちえかれのうちにあって、さばきをするのをたからである。