聖典
列王紀上13
戻る 次へ

第13章

1 よ、かみひとしゅいのちによってユダからベテルにきた。そのときヤラベアムは祭壇さいだんうえってこうをたいていた。

2 かみひと祭壇さいだんにむかいしゅいのちによってばわってった、「祭壇さいだんよ、祭壇さいだんよ、しゅはこうおおせられる、『よ、ダビデのいえにひとりのうまれる。そのをヨシヤという。かれはおまえのうえこうをたくたかところ祭司さいしらを、おまえのうえにささげる。またひとほねがおまえのうえかれる』」。

3 そのかれはまた一つのしるしをしめしてった、「しゅわれたしるしはこれである、『よ、祭壇さいだんけ、そのうえにあるはいはこぼれるであろう』」。

4 ヤラベアムおうは、かみひとがベテルにある祭壇さいだんにむかってばわる言葉ことばいたとき祭壇さいだんからばして、「かれとらえよ」とったが、かれにむかってばしたれて、ひっめることができなかった。

5 そしてかみひとしゅ言葉ことばをもってしめしたしるしのように祭壇さいだんけ、はい祭壇さいだんからこぼれた。

6 おうかみひとった、「あなたのかみしゅねがい、わたしのためにいのって、わたしのをもとにかえらせてください」。かみひとしゅねがったので、おうはもとにかえって、まえのようになった。

7 そこでおうかみひとった、「わたしと一緒いっしょいえにきて、やすめなさい。あなたに謝礼しゃれいをさしあげましょう」。

8 かみひとおうった、「たとい、あなたのいえなかばをくださっても、わたしはあなたと一緒いっしょにまいりません。またこのところでは、パンもべずみずみません。

9 しゅ言葉ことばによってわたしは、『パンをべてはならない、みずんではならない。またみちからかえってはならない』とめいじられているからです」。

10 こうしてかれはほかのみちき、ベテルにみちからはかえらなかった。

11 さてベテルにひとりの年老としおいた預言者よげんしゃんでいたが、そのむすこたちがきて、そのかみひとがベテルでしたことどもをかれはなした。またかみひとおうった言葉ことばをもそのちちはなした。

12 ちちかれらに「そのひとはどのみちったか」といたので、むすこたちはユダからきたかみひとったみちちちしめした。

13 ちちはむすこたちにった、「わたしのためにろばにくらをきなさい」。かれらがろばにくらをいたので、かれはそれにり、

14 かみひとのあとをってき、かしのしたにすわっているのをて、そのひとった、「あなたはユダからこられたかみひとですか」。そのひとった、「そうです」。

15 そこでかれはそのひとった、「わたしと一緒いっしょいえにきてパンをべてください」。

16 そのひとった、「わたしはあなたと一緒いっしょかえすことはできません。あなたと一緒いっしょくことはできません。またわたしはこのところであなたと一緒いっしょにパンもべずみずみません。

17 しゅ言葉ことばによってわたしは、『そのところでパンをべてはならない、みずんではならない。またみちからかえってはならない』とわれているからです」。

18 かれはそのひとった、「わたしもあなたとおな預言者よげんしゃですが、てん使つかいしゅいのちによってわたしにげて、『そのひと一緒いっしょいえにつれかえり、パンをべさせ、みずませよ』といました」。これはかれがそのひとあざむいたのである。

19 そこでそのひとかれ一緒いっしょかえし、そのいえでパンをべ、みずんだ。

20 かれらが食卓しょくたくについていたとき、しゅ言葉ことばが、そのひとをつれてかえった預言者よげんしゃのぞんだので、

21 かれはユダからきたかみひとにむかいばわってった、「しゅはこうおおせられます、『あなたがしゅ言葉ことばにそむき、あなたのかみしゅがおめいじになった命令めいれいまもらず、

22 かえして、しゅがあなたに、パンをべてはならない、みずんではならない、とわれた場所ばしょでパンをべ、みずんだゆえ、あなたの死体したいはあなたの先祖せんぞはかかないであろう』」。

23 そしてそのひとがパンをべ、みずんだのちかれはそのひとのため、すなわちつれかえった預言者よげんしゃのためにろばにくらをいた。

24 こうしてそのひとったが、みちでししがかれってかれころした。そしてその死体したいみちてられ、ろばはそのかたわらにち、ししもまた死体したいのかたわらにっていた。

25 人々ひとびとはそこをとおって、みちてられている死体したいと、死体したいのかたわらにっているししをて、かのろう預言者よげんしゃんでいるまちにきてそれをはなした。

26 そのひとみちからつれてかえった預言者よげんしゃはそれをいてった、「それはしゅ言葉ことばにそむいたかみひとだ。しゅかれわれた言葉ことばのように、しゅかれをししにわたされ、ししがかれころしたのだ」。

27 そしてむすこたちにった、「わたしのためにろばにくらをきなさい」。かれらがくらをいたので、

28 かれって、死体したいみちてられ、ろばとししが死体したいのかたわらにっているのをた。ししはその死体したいべず、ろばもいていなかった。

29 そこで預言者よげんしゃかみひと死体したいりあげ、それをろばにせてまちかえり、かなしんでそれをほうむった。

30 すなわちその死体したい自分じぶんはかおさめ、みなこれがために「ああ、わが兄弟きょうだいよ」とってかなしんだ。

31 かれはそれをほうむってのち、むすこたちにった、「わたしがんだときは、かみひとほうむったはかほうむり、わたしのほねかれほねのかたわらにおさめなさい。

32 かれしゅいのちによって、ベテルにある祭壇さいだんにむかい、またサマリヤの町々まちまちにあるたかところのすべてのいえにむかってばわった言葉ことばかなら成就じょうじゅするのです」。

33 このことのちも、ヤラベアムはそのわるみちはなれてかえることをせず、また一般いっぱんたみを、たかところ祭司さいし任命にんめいした。すなわち、だれでもこのものは、それをててたかところ祭司さいしとした。

34 このことはヤラベアムのいえつみとなって、ついにこれをのおもてからほろぼすようになった。