聖典
列王紀上22
戻る 次へ

第22章

1 スリヤとイスラエルのあいだ戦争せんそうがなくて三ねんた。

2 しかし三ねんにユダのおうヨシャパテがイスラエルのおうところくだっていったので、

3 イスラエルのおうはその家来けらいたちにった、「あなたがたは、ラモテ・ギレアデがわれわれの所有しょゆうであることをっていますか。しかもなおわれわれはスリヤのおうからそれをらずにだまっているのです」。

4 かれはヨシャパテにった、「ラモテ・ギレアデでたたかうためにわたしと一緒いっしょかれませんか」。ヨシャパテはイスラエルのおうった、「わたしはあなたと一つです。わたしのたみはあなたのたみと一つです。わたしのうまはあなたのうまと一つです」。

5 ヨシャパテはまたイスラエルのおうった、「まず、しゅ言葉ことばうかがいなさい」。

6 そこでイスラエルのおう預言者よげんしゃ四百にんばかりをあつめて、かれらにった、「わたしはラモテ・ギレアデにたたかいにくべきでしょうか、あるいはひかえるべきでしょうか」。かれらはった、「のぼっていきなさい。しゅはそれをおうにわたされるでしょう」。

7 ヨシャパテはった、「ここには、われわれのうべきしゅ預言者よげんしゃがほかにいませんか」。

8 イスラエルのおうはヨシャパテにった、「われわれがしゅうことのできるひとが、まだひとりいます。イムラのミカヤです。かれはわたしについてこと預言よげんせず、ただわることだけを預言よげんするので、わたしはかれにくんでいます」。ヨシャパテはった、「おうよ、そうわないでください」。

9 そこでイスラエルのおう役人やくにんんで、「いそいでイムラのミカヤをれてきなさい」とった。

10 さてイスラエルのおうおよびユダのおうヨシャパテはおうふくて、サマリヤのもん入口いりぐち広場ひろばに、おのおのその王座おうざにすわり、預言者よげんしゃたちはみなそのまえ預言よげんしていた。

11 ケナアナのゼデキヤはてつつのつくってった、「しゅはこうおおせられます、『あなたはこれらのつのをもってスリヤびとをいてかれらをほろぼしなさい』」。

12 預言者よげんしゃたちはみなそのように預言よげんしてった、「ラモテ・ギレアデにのぼっていって勝利しょうりなさい。しゅはそれをおうにわたされるでしょう」。

13 さてミカヤをびにいった使者ししゃかれった、「預言者よげんしゃたちは一致いっちしておうこといました。どうぞ、あなたも、かれらのひとりの言葉ことばのようにして、ことってください」。

14 ミカヤはった、「しゅきておられます。しゅがわたしにわれることもうしましょう」。

15 かれおうところくと、おうかれった、「ミカヤよ、われわれはラモテ・ギレアデにたたかいにくべきでしょうか、あるいはひかえるべきでしょうか」。かれおうった、「のぼっていって勝利しょうりなさい。しゅはそれをおうにわたされるでしょう」。

16 しかしおうかれった、「いくたびあなたをちかわせたら、あなたはしゅをもって、ただ真実しんじつのみをわたしにげるでしょうか」。

17 かれった、「わたしはイスラエルがみな牧者ぼくしゃのないひつじのように、やまっているのをました。するとしゅは『これらのもの飼主かいぬしがいない。かれらをそれぞれやすらかに、そのいえかえらせよ』とわれました」。

18 イスラエルのおうはヨシャパテにった、「かれがわたしについてこと預言よげんせず、ただわることだけを預言よげんすると、あなたにげたではありませんか」。

19 ミカヤはった、「それゆえしゅ言葉ことばきなさい。わたしはしゅがその玉座ぎょくざにすわり、てん万軍ばんぐんがそのかたわらに、右左みぎひだりっているのをたが、

20 しゅは『だれがアハブをいざなってラモテ・ギレアデにのぼらせ、かれたおれさせるであろうか』とわれました。するとひとりはこのことい、ひとりはほかのこといました。

21 そのとき一つのれいすすて、しゅまえち、『わたしがかれをいざないましょう』といました。

22 しゅは『どのような方法ほうほうでするのか』とわれたので、かれは『わたしがって、いつわりをれいとなって、すべての預言者よげんしゃくち宿やどりましょう』といました。そこでしゅは『おまえはかれをいざなって、それをげるであろう。って、そうしなさい』とわれました。

23 それでしゅいつわりをれいをあなたのすべての預言者よげんしゃくちれ、またしゅはあなたのおこわざわいげられたのです」。

24 するとケナアナのゼデキヤは近寄ちかよって、ミカヤのほおをってった、「どのようにしてしゅれいがわたしをはなれて、あなたにかたりましたか」。

25 ミカヤはった、「あなたがおくあいだにはいってかくすそのに、わかるでしょう」。

26 イスラエルのおうった、「ミカヤをとらえ、まちのつかさアモンと、おうヨアシのところいてかえって、

27 いなさい、『おうがこういます、このもの獄屋ごくやれ、わずかのパンとみずをもってかれやしない、わたしが勝利しょうりかえってくるのをて』」。

28 ミカヤはった、「もしあなたが勝利しょうりかえってこられるならば、しゅがわたしによってかたられなかったのです」。またかれった、「あなたがた、すべてのたみよ、きなさい」。

29 こうしてイスラエルのおうとユダのおうヨシャパテはラモテ・ギレアデにのぼっていった。

30 イスラエルのおうはヨシャパテにった、「わたしは姿すがたえて、たたかいにきます。あなたはおうふくけなさい」。イスラエルのおう姿すがたえてたたかいにった。

31 さて、スリヤのおうは、その戦車せんしゃちょう三十二にんめいじてった、「あなたがたは、ちいさいものともおおきいものともたたかわないで、ただイスラエルのおうとだけたたかいなさい」。

32 戦車せんしゃちょうらはヨシャパテをたとき、これはきっとイスラエルのおうだとおもったので、をめぐらして、これとたたかおうとすると、ヨシャパテはばわった。

33 戦車せんしゃちょうらはかれがイスラエルのおうでないのをたので、かれうことをやめてかえした。

34 しかし、ひとりのひとなにこころなくゆみをひいて、イスラエルのおう胸当むねあて草摺くさずりあいだたので、かれはその戦車せんしゃ御者ぎょしゃった、「わたしはきずけた。戦車せんしゃをめぐらして、わたしを戦場せんじょうからはこせ」。

35 そのたたかいははげしくなった。おう戦車せんしゃなかにささえられてち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、夕暮ゆうぐれになってんだ。きず戦車せんしゃそこながれた。

36 ぼっするころ、軍勢ぐんぜいなかばわるこえがした、「めいめいそのまちへ、めいめいそのくにかえれ」。

37 おうんで、サマリヤへたずさかれた。人々ひとびとおうをサマリヤにほうむった。

38 またその戦車せんしゃをサマリヤのいけあらったが、いぬがそのをなめた。また遊女ゆうじょがそこであらった。しゅわれた言葉ことばのとおりである。

39 アハブのそのほかの事績じせきと、かれがしたすべてのことと、そのてた象牙ぞうげいえと、そのてたすべてのまちは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

40 こうしてアハブはその先祖せんぞともねむって、そのアハジヤがかわっておうとなった。

41 アサのヨシャパテはイスラエルのおうアハブのだいねんにユダのおうとなった。

42 ヨシャパテはおうとなったとき、三十五さいであったが、エルサレムで二十五ねんおさめた。そのはははアズバといい、シルヒのむすめであった。

43 ヨシャパテはちちアサのすべてのみちあゆみ、それをはなれることなく、しゅにかなうことをした。ただしたかところのぞかなかったので、たみはなおたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

44 ヨシャパテはまたイスラエルのおうと、よしみをむすんだ。

45 ヨシャパテのその事績じせきと、かれがあらわした勲功くんこうおよびその戦争せんそうについては、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

46 かれちちアサのになおのこっていた神殿しんでん男娼だんしょうたちをくにのうちからはらった。

47 そのころエドムにはおうがなく、代官だいかんおうであった。

48 ヨシャパテはタルシシのふねつくって、きんるためにオフルにかせようとしたが、そのふねはエジオン・ゲベルで難破なんぱしたため、ついにかなかった。

49 そこでアハブのアハジヤはヨシャパテに「わたしの家来けらいをあなたの家来けらい一緒いっしょふねかせなさい」とったが、ヨシャパテは承知しょうちしなかった。

50 ヨシャパテはその先祖せんぞともねむって、ちちダビデのまち先祖せんぞともほうむられ、そのヨラムがかわっておうとなった。

51 アハブのアハジヤはユダのおうヨシャパテのだい十七ねんにサマリヤでイスラエルのおうとなり、二ねんイスラエルをおさめた。

52 かれしゅまえあくおこない、そのちちみちと、そのははみち、およびかのイスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのみちあゆみ、

53 バアルにつかえて、それをおがみ、イスラエルのかみしゅいからせた。すべてかれちちがしたとおりであった。