聖典
列王紀上10
戻る 次へ

第10章

1 シバの女王じょおうしゅにかかわるソロモンの名声めいせいいたので、難問なんもんをもってソロモンをこころみようとたずねてきた。

2 彼女かのじょおおくの従者じゅうしゃれ、香料こうりょうと、たくさんのきん宝石ほうせきとをらくだにわせてエルサレムにきた。彼女かのじょはソロモンのもとにきて、そのこころにあることをことごとくかれげたが、

3 ソロモンはそのすべてのといこたえた。おうらないで彼女かのじょ説明せつめいのできないことは一つもなかった。

4 シバの女王じょおうはソロモンのもろもろの知恵ちえと、ソロモンがてた宮殿きゅうでん

5 その食卓しょくたく食物しょくもつと、列座れつざ家来けらいたちと、その侍臣じしんたちの伺候しこうぶり、かれらの服装ふくそうと、かれ給仕きゅうじたち、およびかれしゅみやでささげる燔祭はんさいて、まったうばわれてしまった。

6 彼女かのじょおうった、「わたしがくにであなたのことと、あなたの知恵ちえについていたことは真実しんじつでありました。

7 しかしわたしがきて、るまでは、その言葉ことばしんじませんでしたが、今見いまみるとその半分はんぶんもわたしはらされていなかったのです。あなたの知恵ちえ繁栄はんえいはわたしがいたうわさにまさっています。

8 あなたの奥方おくがたたちはさいわいです。つねにあなたのまえって、あなたの知恵ちえ家来けらいたちはさいわいです。

9 あなたのかみしゅはほむべきかな。しゅはあなたをよろこび、あなたをイスラエルのくらいにのぼらせられました。しゅ永久えいきゅうにイスラエルをあいせられるゆえ、あなたをおうとして公道こうどう正義せいぎとをおこなわせられるのです」。

10 そして彼女かのじょきん百二十タラントおよびおおくの香料こうりょう宝石ほうせきとをおうおくった。シバの女王じょおうがソロモンおうおくったようなおおくの香料こうりょうふたたびこなかった。

11 オフルからきんせてきたヒラムのふねは、またオフルからたくさんのびゃくだんの宝石ほうせきとをはこんできたので、

12 おうはびゃくだんのをもってしゅみやおう宮殿きゅうでんのためにへきちゅうつくり、またうた人々ひとびとのためにこと立琴たてごととをつくった。このようなびゃくだんのは、かつてきたこともなく、また今日こんにちまでたこともなかった。

13 ソロモンおうはそのゆたかなのにしたがってシバの女王じょおうおくものをしたほかに、彼女かのじょのぞみにまかせて、すべてそのもとめるものおくった。そして彼女かのじょはその家来けらいたちととも自分じぶんくにかえっていった。

14 さて一ねんあいだにソロモンのところに、はいってきたきん目方めかたは六百六十六タラントであった。

15 そのほかに貿易ぼうえきしょうおよび商人しょうにん取引とりひき、ならびにアラビヤの諸王しょおうくに代官だいかんたちからも、はいってきた。

16 ソロモンおう延金のべきん大盾おおだて二百をつくった。その大盾おおだてにはおのおの六百シケルのきんもちいた。

17 また延金のべきん小盾こだて三百をつくった。その小盾こだてにはおのおの三ミナのきんもちいた。おうはこれらをレバノンのもりいえいた。

18 おうはまたおおきな象牙ぞうげ玉座ぎょくざつくり、純金じゅんきんをもってこれをおおった。

19 その玉座ぎょくざに六つのだんがあり、玉座ぎょくざのちうしあたまがあり、座席ざせき両側りょうがわにひじけがあって、ひじけのわきに二つのししがっていた。

20 また六つのだんのおのおのの両側りょうがわに十二のししがっていた。このようなものはどこのくにでもつくられたことがなかった。

21 ソロモンおうむときにもちいたうつわみなきんであった。またレバノンのもりいえうつわみな純金じゅんきんであって、ぎんのものはなかった。ぎんはソロモンのにはかえりみられなかった。

22 これはおううみにタルシシの船隊せんたい所有しょゆうして、ヒラムの船隊せんたい一緒いっしょ航海こうかいさせ、タルシシの船隊せんたいに三ねんに一きんぎん象牙ぞうげ、さる、くじゃくをせてこさせたからである。

23 このようにソロモンおうとみ知恵ちえも、のすべてのおうにまさっていたので、

24 ぜん人々ひとびとかみがソロモンのこころさづけられた知恵ちえこうとしてソロモンに謁見えっけんもとめた。

25 人々ひとびとはおのおのおくものたずさえてきた。すなわちぎんうつわきんうつわ衣服いふく没薬もつやく香料こうりょううま騾馬らばなど年々ねんねんさだまっていた。

26 ソロモンは戦車せんしゃ騎兵きへいとをあつめたが、戦車せんしゃ一千四百りょう騎兵きへい一万二千あった。ソロモンはこれを戦車せんしゃまちとエルサレムのおうのもとにいた。

27 おうはエルサレムで、ぎんいしのようにもちい、香柏こうはく平地へいちにあるいちじくくわのようにおおもちいた。

28 ソロモンがうま輸入ゆにゅうしたのはエジプトとクエからであった。すなわちおう貿易ぼうえきしょうはクエから代価だいかはらってってきた。

29 エジプトから輸入ゆにゅうされる戦車せんしゃりょうぎん六百シケル、うまは百五十シケルであった。このようにして、これらのものがおう貿易ぼうえきしょうによって、ヘテびとのすべてのおうたちおよびスリヤのおうたちに輸出ゆしゅつされた。