聖典
列王紀上21
戻る 次へ

第21章

1 さてエズレルびとナボテはエズレルにぶどうはたけをもっていたが、サマリヤのおうアハブの宮殿きゅうでんのかたわらにあったので、

2 アハブはナボテにった、「あなたのぶどうはたけはわたしのいえちかくにあるので、わたしにゆずって青物あおものはたけにさせてください。そのかわり、わたしはそれよりもいぶどうはたけをあなたにあげましょう。もしおのぞみならば、そのあたいきんでさしあげましょう」。

3 ナボテはアハブにった、「わたしは先祖せんぞぎょうをあなたにゆずることをだんじていたしません」。

4 アハブはエズレルびとナボテがった言葉ことばいて、かなしみ、かついかっていえにはいった。ナボテが「わたしは先祖せんぞぎょうをあなたにゆずりません」とったからである。アハブはとこし、かおをそむけて食事しょくじをしなかった。

5 つまイゼベルはかれところにきて、った、「あなたはなにをそんなにかなしんで、食事しょくじをなさらないのですか」。

6 かれ彼女かのじょった、「わたしはエズレルびとナボテに『あなたのぶどうはたけかねゆずってください。もしのぞむならば、そのかわりに、ほかのぶどうはたけをあげよう』とったが、かれこたえて『わたしはぶどうはたけゆずりません』とったからだ」。

7 つまイゼベルはかれった、「あなたがいまイスラエルをおさめているのですか。きて食事しょくじをし、元気げんきしてください。わたしがエズレルびとナボテのぶどうはたけをあなたにあげます」。

8 彼女かのじょはアハブの手紙てがみき、かれしるしをおして、ナボテとおなじように、そのまちんでいる長老ちょうろうたちと身分みぶんたっと人々ひとびとに、その手紙てがみおくった。

9 彼女かのじょはその手紙てがみきしるした、「断食だんじき布告ふこくして、ナボテをたみのうちのたかところにすわらせ、

10 またふたりのよこしまなものかれまえにすわらせ、そしてかれうったえて、『あなたはかみおうとをのろった』とわせなさい。こうしてかれし、いしころしなさい」。

11 そのまち人々ひとびと、すなわち、そのまちんでいる長老ちょうろうたちおよび身分みぶんたっと人々ひとびとは、イゼベルがいつかわしたようにした。彼女かのじょかれらにおくった手紙てがみきしるされていたように、

12 かれらは断食だんじき布告ふこくして、ナボテをたみのうちのたかところにすわらせた。

13 そしてふたりのよこしまなものがはいってきて、そのまえにすわり、そのよこしまなものたちがたみまえでナボテをうったえて、「ナボテはかみおうとをのろった」とった。そこで人々ひとびとかれまちそとし、いしころした。

14 そして人々ひとびとはイゼベルに「ナボテはいしころされた」とおくった。

15 イゼベルはナボテがいしころされたのをくとすぐ、アハブにった、「って、あのエズレルびとナボテが、あなたにかねゆずることをこばんだぶどうはたけりなさい。ナボテはきていません。んだのです」。

16 アハブはナボテのんだのをくとすぐ、って、エズレルびとナボテのぶどうはたけるために、そこへくだっていった。

17 そのとき、しゅ言葉ことばがテシベびとエリヤにのぞんだ、

18 って、くだってき、サマリヤにいるイスラエルのおうアハブにいなさい。かれはナボテのぶどうはたけろうとしてそこへくだっている。

19 あなたはかれわなければならない、『しゅはこうおおせられる、あなたはころしたのか、またったのか』と。またかれいなさい、『しゅはこうおおせられる、いぬがナボテのをなめた場所ばしょで、いぬがあなたのをなめるであろう』」。

20 アハブはエリヤにった、「わがてきよ、ついに、わたしをつけたのか」。かれった、「つけました。あなたがしゅまえあくおこなうことにをゆだねたゆえ、

21 わたしはあなたにわざわいくだし、あなたをまったほろぼし、アハブにぞくするおとこは、イスラエルにいてつながれたものも、自由じゆうものもことごとくち、

22 またあなたのいえをネバテのヤラベアムのいえのようにし、アヒヤのバアシャのいえのようにするでしょう。これはあなたがわたしをいからせたいかりのゆえ、またイスラエルにつみおかさせたゆえです。

23 イゼベルについて、しゅはまたわれました、『いぬがエズレルの地域ちいきでイゼベルをうであろう』と。

24 アハブにぞくするものは、まちものいぬい、ものそらとりうでしょう」。

25 アハブのようにしゅまえあくおこなうことにをゆだねたものはなかった。そのつまイゼベルがかれをそそのかしたのである。

26 かれしゅがイスラエルの人々ひとびとまえからはらわれたアモリびとがしたように偶像ぐうぞうしたがって、はなはだにくむべきことおこなった。

27 アハブはこれらの言葉ことばいたときころもき、荒布あらぬのにまとい、しょくち、荒布あらぬのし、ちしおれてあるいた。

28 このときしゅ言葉ことばがテシベびとエリヤにのぞんだ、

29 「アハブがわたしのまえにへりくだっているのをたか。かれがわたしのまえにへりくだっているゆえ、わたしはにはわざわいくださない。そのわざわいをそのいえくだすであろう」。