聖典
列王紀上9
戻る 次へ

第9章

1 ソロモンがしゅみやおう宮殿きゅうでんおよびソロモンがてようとのぞんだすべてのものをおわったとき

2 しゅはかつてギベオンでソロモンにあらわれられたようにふたたあらわれて、

3 かれわれた、「あなたが、わたしのまえねがったいのりねがいとをいた。わたしはあなたがてたこのみや聖別せいべつして、わたしの永久えいきゅうにそこにく。わたしのと、わたしのこころつねにそこにあるであろう。

4 あなたがもし、あなたのちちダビデがあゆんだようにまったこころをもってただしくわたしのまえあゆみ、すべてわたしがめいじたようにおこなって、わたしのさだめと、おきてとをまもるならば、

5 わたしは、あなたのちちダビデに約束やくそくして『イスラエルの王位おういにのぼるひとがあなたにけることはないであろう』とったように、あなたのイスラエルにおうたるくらいをながく確保かくほするであろう。

6 しかし、あなたがた、またはあなたがたの子孫しそんがそむいてわたしにしたがわず、わたしがあなたがたのまえいたいましめとさだめとをまもらず、神々かみがみって、それにつかえ、それをおがむならば、

7 わたしはイスラエルを、わたしがあたえたのおもてからつであろう。またわたしののために聖別せいべつしたみやをわたしのまえからげすてるであろう。そしてイスラエルはもろもろのたみのうちにことわざとなり、わらぐさとなるであろう。

8 かつ、このみや荒塚あらつかとなり、そのかたわらをぎるものみなおどろき、うそぶいて『なにゆえ、しゅはこのと、このみやとにこのようにされたのか』とうであろう。

9 そのとき人々ひとびとこたえて『かれらは自分じぶん先祖せんぞをエジプトのからみちびしたかれらのかみしゅてて、神々かみがみにつきしたがい、それをおがみ、それにつかえたために、しゅはこのすべてのわざわいかれらのうえくだしたのである』とうであろう」。

10 ソロモンは二十ねんて二つのいえすなわちしゅみやおう宮殿きゅうでんとをおわったとき

11 ツロのおうヒラムがソロモンののぞみにまかせて香柏こうはくと、いとすぎと、きんとを供給きょうきゅうしたので、ソロモンおうはガリラヤのまち二十をヒラムにあたえた。

12 しかしヒラムがツロからて、ソロモンがかれあたえた町々まちまちたとき、それらはかれにいらなかったので、

13 かれは、「兄弟きょうだいよ、あなたがくださったこれらの町々まちまちは、いったいなんですか」とった。それで、そこは今日こんにちまでカブルのばれている。

14 ヒラムはかつてきん百二十タラントをおうおくった。

15 ソロモンおう強制的きょうせいてき労働者ろうどうしゃ徴募ちょうぼしたのはこうである。すなわちしゅみや自分じぶん宮殿きゅうでんと、ミロとエルサレムの城壁じょうへきと、ハゾルとメギドとゲゼルをてるためであった。

16 (エジプトのおうパロはかつてのぼってきて、ゲゼルをり、でこれをき、そのまちんでいたカナンびとをころし、これをソロモンのつまである自分じぶんむすめあたえて婚姻こんいんおくものとしたので、

17 ソロモンはそのゲゼルをなおした)。またまたしたベテホロンと、

18 バアラテとユダのくに荒野あらのにあるタマル、

19 およびソロモンがっていた倉庫そうこ町々まちまち戦車せんしゃ町々まちまち騎兵きへい町々まちまちならびにソロモンがエルサレム、レバノンおよびそのすべての領地りょうちにおいててようとのぞんだものをことごとくてるためであった。

20 すべてイスラエルの子孫しそんでないアモリびと、ヘテびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとののこったもの

21 そのにあってかれらのあとにのこった子孫しそんすなわちイスラエルの人々ひとびとほろぼしつくすことのできなかったものを、ソロモンは強制的きょうせいてき奴隷どれいとして徴募ちょうぼをおこない、今日こんにちいたっている。

22 しかしイスラエルの人々ひとびとをソロモンはひとりも奴隷どれいとしなかった。かれらは軍人ぐんじん、またかれ役人やくにん司令しれいかん指揮しきかん戦車せんしゃ隊長たいちょう騎兵隊きへいたいちょうであったからである。

23 ソロモンの工事こうじ監督かんとくする上役うわやく官吏かんりは五百五十にんであって、工事こうじはたらたみおさめた。

24 パロのむすめはダビデのまちからのぼって、ソロモンが彼女かのじょのためにてたいえんだ。そのときソロモンはミロをてた。

25 ソロモンはしゅのためにきずいた祭壇さいだんうえねんに三燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげ、またしゅまえこうをたいた。こうしてソロモンはみや完成かんせいした。

26 ソロモンおうはエドムの紅海こうかいきしのエラテにちかいエジオン・ゲベルで数隻すうせきふねつくった。

27 ヒラムはうみことっている船員せんいんであるそのしもべをソロモンのしもべとともにそのふねでつかわした。

28 かれらはオフルへって、そこからきん四百二十タラントをって、ソロモンおうところにもってきた。