聖典
ダニエル書1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ダニエルしょ

第1章

1 ユダのおうエホヤキムの治世ちせいだいねんにバビロンのおうネブカデネザルはエルサレムにきて、これをかこんだ。

2 しゅはユダのおうエホヤキムと、かみみや器具きぐ一部いちぶとを、かれにわたされたので、かれはこれをシナルの自分じぶんかみみやたずさえゆき、その器具きぐ自分じぶんかみくらおさめた。

3 ときおう宦官かんがんちょうアシペナズに、イスラエルの人々ひとびとなかから、おう血統けっとうものと、貴族きぞくたるもの数人すうにんとを、れてるようにめいじた。

4 すなわちきずがなく、容姿ようしうつくしく、すべての知恵ちえにさとく、知識ちしきがあって、思慮しりょふかく、おうみやつかえるに若者わかものれてこさせ、これにカルデヤびとの文学ぶんがく言語げんごとをまなばせようとした。

5 そしておうおうべる食物しょくもつと、おうさけなかから、日々ひびぶんかれらにあたえて、三ねんのあいだかれらをやしなそだて、そののちかれらをしておうまえに、はべらせようとした。

6 かれらのうちに、ユダの部族ぶぞくのダニエル、ハナニヤ、ミシャエル、アザリヤがあった。

7 宦官かんがんちょうかれらにあたえて、ダニエルをベルテシャザルとづけ、ハナニヤをシャデラクとづけ、ミシャエルをメシャクとづけ、アザリヤをアベデネゴとづけた。

8 ダニエルはおう食物しょくもつと、おうさけとをもって、自分じぶんけがすまいと、こころおもさだめたので、自分じぶんけがさせることのないように、宦官かんがんちょうもとめた。

9 かみはダニエルをして、宦官かんがんちょうまえに、めぐみとあわれみとをさせられたので、

10 宦官かんがんちょうはダニエルにった、「わがしゅなるおうは、あなたがたのものと、ものとをさだめられたので、わたしはあなたがたの健康けんこう状態じょうたいが、同年輩どうねんぱい若者わかものたちよりもわるいと、おうられることをおそれるのです。そうすればあなたがたのために、わたしのこうべが、おうまえあやうくなるでしょう」。

11 そこでダニエルは宦官かんがんちょうがダニエル、ハナニヤ、ミシャエルおよびアザリヤのうえてた家令かれいった、

12 「どうぞ、しもべらを十あいだためしてください。わたしたちにただ野菜やさいあたえてべさせ、みずませ、

13 そしてわたしたちの顔色かおいろと、おう食物しょくもつべる若者わかもの顔色かおいろとをくらべてて、あなたのるところにしたがって、しもべらをあつかってください」。

14 家令かれいはこのことについてかれらのうところをきいれ、十あいだかれらをためした。

15 おわりになってみると、かれらの顔色かおいろおう食物しょくもつべたすべての若者わかものよりもうつくしく、またにくふとっていた。

16 それで家令かれいかれらの食物しょくもつと、かれらのむべきさけとをのぞいて、かれらに野菜やさいあたえた。

17 この四にんものには、かみ知識ちしきあたえ、すべての文学ぶんがく知恵ちえにさといものとされた。ダニエルはまたすべてのまぼろしゆめとを理解りかいした。

18 さて、おうめいじたところの若者わかものれるまでの日数にっすうぎたので、宦官かんがんまちかれらをネブカデネザルのまえれていった。

19 おうかれらとかたってみると、かれらすべてのなかにはダニエル、ハナニヤ、ミシャエル、アザリヤにならぶものがなかったので、かれらはおうまえにはべることとなった。

20 おうかれらにさまざまのことたずねてみると、かれらは知恵ちえ理解りかいにおいて、全国ぜんこく博士はかせほうじゅつにまさること十ばいであった。

21 ダニエルはクロスおう元年がんねんまでつかえていた。